2019年02月20日

2019.2.19 赤坂文楽@赤坂区民センター

2019.2.19 赤坂文楽 第一部・第二部

第一部 人形浄瑠璃文楽 文楽体験講座

演目
三味線演奏「海響」   鶴澤藤蔵
お話と質問コーナー     〃
三味線演奏体験    
   指導 鶴澤藤蔵&鶴澤清志郎&鶴澤清公
三味線演奏       鶴澤藤蔵
            鶴澤清志郎
            鶴澤清公

第一部は、文楽三味線のワークショップ。藤蔵師の
お話と実演、そして、客席からの参加者を募って、
三味線弾き体験。

太棹ではなく長唄の・・と言っておられたが、三味
線経験者が、客席に多くて、ちょっと驚いた。

そのためか、客席からの質問もなかなか専門的な内
容だった。

冒頭の演奏、「海響(かいきょう)」は、東日本の
震災復興祈念の意を込めて、藤蔵師が作った曲との
こと。

最後の三人の合奏は、阿古屋の三曲からと、地唄の
「雪」、そして、「野崎」でした。


第二部 人形浄瑠璃文楽 名作鑑賞

演目
文楽のお話「生写朝顔話のみどころ」
            葛西聖司
出演者トーク      豊竹呂勢太夫、鶴澤藤蔵、
            吉田玉助、吉田一輔
            (司会)葛西聖司
  (休  憩)
人形浄瑠璃文楽「生写朝顔話」
   宿屋の段     豊竹呂勢太夫、
            鶴澤藤蔵、
            鶴澤清公(琴)
   大井川の段    豊竹靖太夫
            鶴澤清志郎
    人形役割(各段共通)
     駒澤次郎左衛門・奴関助=吉田玉助
     戎屋徳右衛門=吉田玉佳
     朝顔=吉田一輔、岩代多喜多=吉田玉勢  外
    囃子 望月太明藏社中

元NHKアナウンサーの葛西氏の、名調子の解説と、
出演者4人のトークに続き、「生写朝顔話」から二場
面を上演。

すれ違い続きのメロドラマ・・葛西氏の解説によると、
「携帯電話がないから」「写真がないから」・・・
現代はどうやら、この手のメロドラマは成立しない世
の中のようだ。

でも、そういう連絡手段がない時代だからこそ、人と
人との思いの強さは今より何倍も、何十倍も強かった
のかもしれない。

前段のトークで、呂勢太夫師が「ある意味ストーカー
ですよね・・ちょっと引いちゃいます」と言っておら
れたけれど、これはやっぱり、現代人の感覚でしょう。

ただ、実はこのふたり、何もしなければフツーに順調
に結ばれていた仲。

それが、ジタバタと足掻いたがために、却って、しな
くてもいい苦労をし、さらに、死なないくてもいい多
くの人を死なせてしまう。

こりゃやっぱり、「なんだよー・・」って感じだなぁ。

この作品、あまり物語にとらわれずに、場面ごとに、
その時ごとの、人々の気持ちに寄り添って、感情移入
しつつ鑑賞するのが正解かもしれない。
posted by JTm at 08:52| 文楽 | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

2019.2.16 茂山狂言会「春」@金剛能楽堂

2019.2.16 茂山狂言会「春」四世茂山千作七回忌追善公演

演目
小舞「岩飛」       茂山慶和
小舞「雪山」       茂山鳳仁
小舞「蛸」        茂山宗彦
  以上、地謡 茂山 茂、茂山千之丞、網谷正美、
        島田洋海、井口竜也
狂言「骨皮」
   住持=茂山七五三、新発意=茂山 蓮、
   檀家(傘)=茂山竜正、檀家(馬)=茂山虎真、
   檀家(法事)=茂山千之丞   後見=茂、山下守之
「那須語」        茂山逸平
             後見=松本 薫
狂言「空腕」
   主人=茂山千作、
   太郎冠者=茂山千三郎  後見=増田浩紀、鈴木 実
  (休  憩)
舞囃子「頼政」      金剛龍謹
   囃子方 笛=左鴻泰弘、小鼓=吉阪一郎、大鼓=谷口正壽
狂言「通圓」
   通圓の霊=茂山千五郎、
   旅僧=茂、所の者=千之丞  後見=島田、丸石やすし
   囃子方 笛=左鴻泰弘、小鼓=吉阪一郎、大鼓=谷口正壽
   地謡 千作、七五三、宗彦、逸平、松本
追加「祐善」     

京都までトンボ返り遠征。追善の会とあって、ロビーには
焼香台に遺影。お焼香する人たちの長い列が出来た。
 0216(1).JPG 0216(2).JPG

一家総出演の中・・・おやおや。お大事に。
  0216(3).JPG

四世千作師のひ孫、慶和くんと鳳仁くんの小舞から開始。
坊やたちに交じっての、宗彦さんの「蛸」が傑作だった。

これは、狂言「蛸」の中の舞で、蛸が捕らえられ干物に
されるまでの苦しさを訴えるという内容。それを、能仕
立て見せるパロディ風の曲である。

内容が内容だけに、詞は可笑しみに満ちている。それを
大真面目な顔で舞う・・いかにももっぴーさん向け。

「骨皮」。落語「金明竹」前半の元となった曲。ただし、
ふたり目の客(檀家)は、猫ではなく馬を借りに来る。

与太郎にあたる新発意(しんぼち=新米僧)を演じるの
は、御年7歳の蓮くん。後見座で見守るパパの顔がなん
とも厳しい(本人より緊張?)。よく頑張りました。

「那須語」。能「八島(屋島)」の替間で、屋島の合戦
における那須与一の扇の的のくだりを、仕方ばなしで演
じる。

義経大好きな逸平さんにふさわしい演目・・たぶん、ご
本人も大好きなんじゃないかな?・・以前にも2度くら
い見ているような。

「空腕」。日頃、腕自慢しているが、実はとんでもない
臆病者の太郎冠者と、それを知りつつ、からかっている?
主人・・夜の道で影に怯えて主人の刀を盗られ・・でも
実は刀は主人のもとに。

太郎冠者の言訳を聞く主人が、落語「弥次郎」で弥次郎
の嘘を楽しんでいるご隠居のようだ。

舞囃子「頼政」。能「頼政」は、平氏政権下で従三位の
位を得ながら、後に平氏打倒の乱を起こした源頼政の物
語である。

頼政は高倉天皇の兄・以仁王を奉じて乱を起こしたもの
の、援軍を得られず、大和へ落ちる途中に宇治で戦死し
た・・この宇治川の戦いを、頼政の霊が語る。

今回の舞囃子は、その戦いのクライマックス部分。演じ
る金剛龍謹師は、金剛流宗家の御曹司・・とってもイケ
メンです。

「通圓」。上記、「頼政」のパロディと言われる演目。
宇治橋のたもとで茶屋を営んでいた通圓という茶坊主が、
橋の完成供養に押し寄せる巡礼者たちに、茶をふるまお
うと奮戦し、ついには力尽きて死ぬ・・。

設定は馬鹿らしくて、いかにも狂言風だが、きっちりと
能の形式に則った、なかなか重々しい舞台だ。

以前にも何度か見ているが、正直、今回が一番楽しめた。
頑張って能を見て来た成果かな?・・いや、前かたに、
「頼政」を見せてくれたプログラム構成のおかげでしょ
う、たぶん。

地謡の5人がそのまま残って、「祐善」で終演。
追善の会なので、附祝言とは言わないそうです。
posted by JTm at 10:55| 狂言 | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

2019.2.15 復活「愛と茂」@日本橋社会教育会館

2019.2.15 柳亭こみちプロデュース落語会 復活「愛と茂」

演目
入船亭扇ぽう      子ほめ
柳亭こみち       兵庫船
入船亭扇遊       夢の酒
  (仲 入 り)
愛と茂         (デュエット)4曲

扇ぽう「子ほめ」。噺を聞くのは2度目かな。子ほめの
最初のひと言が、扇遊師匠に「似てる!」と思っちゃっ
た。同じ入船亭でも、扇遊門下と扇辰門下、似ているよ
うでどこか違う・・って、当たり前か。

こみち「兵庫船」。鮫講釈?とも思ったが、過去の会で
こちらを採っていたので。

鮫に見込まれた講釈師が、最後に・・と、読む講釈が、
いろいろあちこちまぜこぜで。このゴチャ混ぜ講釈が、
演者の腕と機転の見せどころ。

扇遊「夢の酒」。こみちさんもだったけれど、扇遊師匠
もまた、後半のプログラムの方に、意識が行っていた?
・・というわけで、ここは、お得意の噺で。

とは言え、これはもうテッパンですから、面白くないわ
けがない。結構、結構。

さて、後半。「愛と茂」は、かつて圓朝まつりで、3年
連続のステージを務めた“伝説の”デュオ。当時の衣装も
そのままに、ステージでのナマ着替え!まで披露して、
“圧巻の”4曲でした。

・・・アンコールはないのね、三K辰文舎と違って。     
posted by JTm at 07:36| 落語 | 更新情報をチェックする