2017年05月22日

2017.5.20 江東薪狂言@江東区文化センター

2017.5.20 第18回 江東薪狂言

演目
火入れ式
狂言のお話       茂山 茂
狂言「鬼瓦」
       主人=茂山あきら、
       太郎冠者=茂山童司、  後見=井口竜也
狂言「木六駄」
       太郎冠者=茂山千五郎、茶屋=茂山七五三。
       主人=島田洋海、伯父=松本 薫、 後見=茂
  (休   憩)
区民参加狂言「金津」
       すっぱ=茂山千作、金津の里の男=茂、
       金坊師(子方)=茂山鳳仁、
       金津の里の衆=山下守之、童司、区民参加者5名、
       後見=千五郎、島田

昨年に続き、雨の心配のない日和に恵まれて、勇んで?
到着したのに、入って目についたのは・・・
  0520.JPG
えー、今年でおしまいなの!?
・・そりゃ、あんまりぢゃわいのう・・・

色々言いたいことはあるけれど、ひとまずは狂言に集中。

「鬼瓦」。長かった都での滞在を終えて、故郷に帰る
ことになった大名が、信仰していた因幡堂に参詣。そ
うだ、故郷にもこのお薬師様を勧請しようと思い立つ。

その日のためにと、お堂を見て回るうち、「おや、あ
の鬼瓦が誰かに似てる・・・」

鬼瓦そっくりの奥方が恋しくて泣いてしまうお大名・・
愛のチカラ、です。

ちょっと気弱そうなお大名、優しく見守る太郎冠者、
どちらもはまり役の親子共演。

「木六駄」。ちょっと季節外れながら、雪道を12頭の
牛を追って歩く・・・という物語。

降りしきる雪の中、苦労してたどりついた峠の茶屋・・
ここで酒を呑んで温まろう!という太郎冠者の目論見
だったが、「すまん、売り切れじゃ」。

あー、もう、ひと足も歩けない!という太郎冠者に、
茶屋の亭主は、「お前、酒、持ってるじゃないか」
いや、これは、主人から伯父御様に差し上げるもので・・
「そうは言っても、お前がここで歩けなくなっては、
お使いの役が果たせないだろ?」・・ごもっとも。

というわけで、太郎冠者と茶屋の亭主が大宴会。
千五郎師、豪快な呑みっぷり、そして酔いっぷり。
大柄な身体を存分に活かしての演技。千鳥足の鶉舞
(うずらまい)は、舞台から落ちやしないかと心配に。

「金津」。区民参加狂言は、立衆と呼ばれる“その他
大勢”の役がある演目なので、演目が限られる。この
「金津」は、たぶん、初めてだろう。

ちょうどよい子方がいないとね・・・今回は、千五郎
師の三男坊・鳳仁(たかまさ)くん、8歳。

越後の国、金津に住む男が、建立したお堂に祀る地蔵
像を求めに、都にやって来る。・・これに目をつけた
のが、都の“すっぱ”(詐欺師)。

なんと、自分の息子を地蔵像に化けさせて、まんまと
金を騙し取る・・・

えー、いくらなんでも、生きた少年と、作り物の地蔵
像を間違えるか!?
・・などという指摘は、野暮です、野暮。

「必ずものを言うな」と命じられたはずの坊やだが、
やっぱり子どもです、「まんじゅうが喰いたい」と・・
素朴な里の衆、早速に饅頭をお供え。

と、今度は「古酒が呑みたい」・・・
えー、子どものくせにお酒ですか? まあ、未成年者
飲酒禁止法なんてぇのは無かった時代だから。

お酒を呑んだ「お地蔵さん」は、つい、居眠りを・・
里人は、「生き仏さまだ!」と大喜び。

ついには、立ち上がり、踊りまで踊ってしまうお地蔵
さん・・・供えたお酒のお流れを頂戴した里人も、大
いに浮かれて・・・踊りながら退場。

いつもなら、ここで附祝言があるはずだが、今回はそ
のまま終演に・・・これ、「金津」が歌と踊りで終わっ
たから・・ですよね?・・・最終回だから、ではなく。

それにしても、残念な「休止」ではある。ぜひぜひ、
また復活して欲しい・・・アンケートにも書いて出し
てきたけれど。
posted by JTm at 09:48| 狂言 | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

2017.5.19 国立演芸場中席(その3)

2017.5.19 国立演芸場中席・夜の部
      落語協真打昇進披露公演

演目
柳家小多け      手紙無筆
三遊亭わん丈     國隠し
林家彦いち      熱血怪談部
翁家社中       (太神楽曲芸)
鈴々舎馬るこ     牛ほめ
三遊亭ときん     親子酒(+踊り「かっぽれ」)
  (仲 入 り)
「真打昇進披露口上」
(下手から)彦いち(司会)、馬るこ、ときん、小八、三朝、ひろ木
ホンキートンク    (漫才)
柳家小八       夏泥
春風亭三朝      七段目
アサダ二世      (奇術)
林家ひろ木      熊の皮(+津軽三味線)
           (三味線:田村かよ)

国立の披露目は、金曜日夜の部に、新真打全員が
揃うのが恒例だ。新真打が全部まとめて見られちゃ
うんだから・・・お得です。

小多け「手紙無筆」。この噺は面白いね・・持ち
時間が短くて、途中で切ったのがちと残念。

わん丈「國隠し」。出身地を隠す夫婦の噺。東京
で生まれ育った身には、理解できない感覚。

彦いち。楽屋がリラックスして、「偉い人がいな
いと楽しいねー!」という会話が聞こえて来たと
ぼやく。
「熱血怪談部」。何事にも動じない熱血教師の正
体は・・・?

馬るこ「牛ほめ」。馬るこ流の改作版。時代が現
代になっているので、都会の真ん中で牛を飼って
いるという設定が、ますます奇妙な感じに。爆笑。

時松改メときん「親子酒」。え?と思うくらいに
可笑しかった・・・真打になるってすごい。
住吉踊りのレギュラーだから、「かっぽれ」はお
手のもの。

「口上」。新真打各々の決意表明と、仲間内の評
価が明らかに・・・口上と言うより座談会?
 0519(1).JPG※許可を得て撮影しています。

ろべえ改メ小八。喜多八師の出囃子だった「梅の
栄」で上がる。これからこの曲を使うのかな?
落語協会のHPには、今まで通りの「外記猿」と
あるのだが。・・トリの時は「中の舞」だったの
で、詳細不明。

「夏泥」。ぼやきながらも最後の一銭まで恵んで
しまう、泥ちゃんの人の良さが好印象。

朝也改メ三朝「七段目」。正しく師匠譲りの芝居
噺をきっちりと。余裕の高座?

ひろ木「熊の皮」。はっきり言わせてもらうと、
噺の方は、ボロボロでした・・・だけど、最後の
三味線はすごかった・・・感動した。

ベンチャーズの「ダイヤモンド・ヘッド」なんて、
エレキギターのテケテケテケ~を、三味線で演つ
ちゃうんだもの!

そして定番の「津軽じょんがら節」も、大胆さと
繊細さを併せ持ったみごとな演奏だった。

ずっと撮りたかった「招き」も撮影できた。彦い
ち師匠、ありがとう!
 0519(2).JPG
posted by JTm at 09:59| 落語 | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

2017.5.18 さん喬ひとりきり@日本橋劇場

2017.5.18 さん喬ひとりきり <第三夜>

演目
春風亭一花      道灌
柳家さん喬      そば清
柳家権太楼      居残り佐平次
  (仲 入 り)
柳家さん喬      浜野矩随
  〃        妾馬
         (三味線:松尾あさ)

文楽の後、水天宮前に移動して、図書館で時間
調整・・・少し寝たけど、まだ眠くて・・・

一花「道灌」。最後、七重八重の歌を読み上げ
るのに、山吹が出てこなくて、ちょっと考える
素振り・・・この思い入れ、愉快です。

さん喬「そば清」。さん喬師匠のお馴染みの噺
で、20分から7分まで、いろんなバージョンを
聞いている・・・今回は25分で、“破格”。
はい、どぅーも。

権太楼。密かな?予告では「たちきり」と聞い
ていたのだが・・・え、「居残り佐平次」?

どうやら、当日になって、急に気分が変わった
らしい(仲入り後のさん喬師の話)。

しかし、これ、わたしにはありがたかった・・
この日の体調では、「たちきり」には立ち向か
えない・・・爆笑のおかげで、睡魔は退散。

さん喬「浜野矩随」。ネタが分かった時点で、
少々ホッとした・・・あまり長くないから・・
なんとか居眠りしないですむ・・・

で、頑張り通したのではありますが・・まさか
のもう一席とは!

「妾馬」。すいません、八五郎がお屋敷に着い
たあたりから、まったく、記憶がありません。
・・・本当にごめんなさい。
posted by JTm at 14:57| 落語 | 更新情報をチェックする