2019年06月26日

2019.6.25 能楽鑑賞教室@国立能楽堂

2019.6.25 第36回 能楽鑑賞教室

演目
解説「能楽の楽しみ」     安藤貴康(能楽師シテ方観世流)
狂言「文山立(ふみやまだち)」(大蔵流)
   シテ(山賊甲)=善竹富太郎、アド(山賊乙)=善竹大二郎
  (休  憩)
能「船弁慶」(観世流)
   シテ(前・静御前、後・平知盛の怨霊)=清水寛二、
   ツレ(源義経)=鵜澤 光、
   ワキ(武蔵坊弁慶)=舘田善博、
   ワキツレ(義経の従者)=梅村昌功、則久英志、
   アイ(船頭)=大藏基誠
   囃子方 笛=八反田智子、小鼓=飯富孔明、
       大鼓=亀井洋佑、太鼓=田中 達
   後見=鵜澤 久、浅見慈一
   地謡=安藤貴康、小早川 修、谷本健吾、西村高夫、
      北浪貴裕、山本順之、馬野正基、柴田 稔

今回は、高校2校、中学1校の生徒さんとともに。
お行儀の良い生徒さんたちだった。

冒頭の解説は例年通り。途中に各校代表を舞台に
上げて、簡単な所作をさせるワークショップもい
つもの通り。

まぁ、生徒さんの方は毎年変わるのだから良いの
だろうけれど、元・生徒の方はいささか飽きが・・・

そのせいか、狂言「文山立」は、正直、眠気との
戦いに。生徒さんたちに恥ずかしいです。

ただ、さほど笑いが多い演目でもなく、セリフが
延々と続く感じで、もう少しとっつきやすい演目
でもよいのでは?・・と思わぬでもない。

「船弁慶」。こちらもこの鑑賞教室ではよく取り
上げられる演目で、2度目の遭遇。

前シテが静御前、後シテが知盛の怨霊と、義経を
めぐって相反する立場のふたりを、ひとりの演者
が演じるというのは・・・うーん、なんだか奥深
い気が。

ともに生きたい、一緒に死にたいと思う静が、義
経の命により京に返される前半。

もしかしたら、その一緒に行けない静の恨みが、
知盛の霊に合体して、後半の怨霊の姿になってし
まったのか?

いやー・・それはやっぱり考えすぎだよね。  
posted by JTm at 11:28| | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

2019.6.23 扇辰日和@なかの芸能小劇場

2019.6.23 扇辰日和 vol.71

演目
入船亭辰ぢろ      寿限無
柳家あお馬       鈴ヶ森
入船亭扇辰       お文さま
  (仲 入 り)
橘家文吾        書家政談
入船亭扇辰       化物使い

辰ぢろ「寿限無」。扇辰師の4番弟子、初遭遇。
まだ見習いで、初高座ではないけれど、これほど
大きな!ところでは初とのこと。

最初は調子よく始まったが、だんだんに緊張が高
まったような。大汗かきかき。

今回のゲストは、三K辰文舎仲間のお弟子ふたり。
文吾さんは昨秋、あお馬さんは今年の2月に、二ッ
目昇進したばかり。ここのところ寄席にご無沙汰
のわたしは、どちらも昇進後はお初です、たぶん。

まずは小せん師門下、あお馬「鈴ヶ森」。
からっと明るい芸風は、扇辰師曰く「師匠とは真
逆」と。新米泥棒のとぼけた雰囲気が初々しくて、
いかにも新・二ッ目さん、という感じだ。

扇辰「お文さま」。4月、5月に続き、3度目の
遭遇。今まさに絶賛仕込み中というところか。

最初聞いた時より、「家を存続させること」が、
今よりもずっと大事だった時代背景を強調してい
たかな。若旦那の不実さが、ちょっと和らぐ。

そして、その分、小僧のさだ吉が可愛らしく見え
るから不思議なものだ。

ふたり目のゲスト、文蔵師門下、文吾「書家政談」。
知らない噺だ・・なんだこれ?と思いつつ聞いて
いたら、なんと自作の新作だって!

新作だが時代背景は江戸時代。政談と言いつつ、
お裁きはお奉行ではなくお殿様。

大旦那の突然の骨董趣味につけ込んで、長屋のふ
たりが小遣い稼ぎ・・ところが、これが大変な騒
動に・・。

運びとしては、「茶金」の茶碗や「天狗裁き」の
見てない夢のような感じで、ただの落書きにもの
凄い値がついていく。

大旦那の“ブレーン”の隠居さんが、某TV番組の
鑑定士みたいなのも愉快だ。

扇辰「化物使い」。この噺は、扇辰師で聞くのは
初めてでちと意外。文蔵師のイメージが強い噺だ。

化物が次々に登場する場面は、少し端折っていた
かな?大入道とのっぺらぼうが同じ晩に登場する
のは初めて聞いた。

得意ネタにしている噺家さんが多い(文蔵師の他
には、圓太郎師、白酒師などでよく聞く)ので、
ぶつかることも多いかもしれないが、扇辰師版も
面白い・・・ぜひ、寄席でも聞いてみたい。

・・・最近、行けてないけれど。
posted by JTm at 09:05| 落語 | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

2019.6.22 東次郎家伝十二番@横浜能楽堂

2019.6.22 東次郎家伝十二番 第三回

演目
狂言「楽阿弥」
  シテ(楽阿弥)=山本則孝、アド(旅僧)=山本則重、
  アド(所の者)=若松 隆、    後見=山本凛太郎
  囃子方 笛=栗林祐輔、小鼓=森澤勇司、大鼓=佃良太郎
  地謡=山本則俊、山本則秀、山本修三郎
  (休  憩)
狂言「花子(はなご)」
  シテ(夫)=山本東次郎、アド(太郎冠者)=山本凛太郎、
  アド(妻)=山本泰太郎、  後見=山本則俊、山本則秀

「楽阿弥」。今年の1月、国立能楽堂の会で和泉流
のを野を見ているが・・うーん、こんなに難しかっ
たっけ?

国立能楽堂主催公演の、プログラムの充実と字幕の
ありがたさを改めて感じてしまう・・・。

尺八を吹いて吹いて、土地の人々に疎まれてしまっ
た男の悲劇。話を聞いて哀れんだ僧が、供養のため
にと尺八を吹く。

普通のセリフはほとんどなく、ずーっと謡が続く。
これが、なんとも心地よすぎて・・・爆睡しました。
ごめんなさい。

「花子」。昨年暮れから千之丞襲名披露等で見る機
会が多かった曲。三月には千作師73歳の渾身の演技
も見たが、今回は御年82歳のシテ。今までに見た中
で最高齢。

でもそんな年齢のことは、まったく感じさせない、
若々しく可愛らしい男を、のびやかに演じて見せて
(いや、魅せて、かも)くださった。

山本家の「花子」のシテの装束は、「紅地枝垂れ桜
模様唐織」の上に、「花色地藤八ッ橋模様素袍」と、
(花色は花色木綿の花色でつまり紫に近い色)プロ
グラムに紹介があった。

前半のきっちりした着付けが、後半、花子のもとか
ら帰宅すると、素袍の片袖を脱ぎ、烏帽子も失くし
・・と、なんとも色っぽい姿に。

下に着る唐織の赤と、素袍の花色の対比が鮮やかで、
実に美しかった。

今回、何が上演されるのか、何も見ずに出かけてし
まったのを大いに反省。次回は必ず予習を・・・。
posted by JTm at 08:30| 狂言 | 更新情報をチェックする