2015年09月30日

2015.9.29 春風亭一之輔独演会@神奈川県民ホール

2015.9.29 第324回県民ホール寄席 春風亭一之輔独演会

演目
柳家わさび          五目講釈
春風亭一之輔        鮑熨斗
    〃            猫久
  (仲 入 り)
春風亭一之輔        百川

開口一番はわさびさん。前々回の白酒師の時もゲストで
出演していたので、この会では、主任以上の“人気者”? 

「五目講釈」。前回の釜泥同様、明らかに三三師から。
まぜこぜ講釈の中に、「外はカリッと中は熱々の餡子・・・」
と、三三師出演のマックCMを織り込んだのは、ネタ元へ
の“オマージュ”ですね。

一之輔の三席。
「鮑熨斗」。前半部、大家さんと甚兵衛さんのやりとりまで。
「承りますれば」の口上が、前日の黄金の大黒とほぼ同
じだったのはちと残念。

・・・ま、こんな風に続けてチケットを取るのが悪いんです。

「猫久」。あまり聞く機会のない噺で、一之輔師ではお初。

五代目小さん師の音源を聞いたが、一之輔版は、全くの
別もの・・・・・ギャグ沢山で笑いっぱなし。

でも、やっぱり、猫久さんの“その後”は不明で、あのあと、
どうなったの?が、気になります。

「百川」。秋祭りのマクラから入ったが、これはかなりの季
節はずれ。

この噺、舞台が日本橋で、登場するのが河岸(当時は日
本橋にあった)の若い衆だから、お祭りは当然、山王祭。
・・・てことは、6月(現行の暦で)ですから。

ま、それはそれとして。

百兵衛さんのしゃべる田舎言葉が、今まで聞いたどの演
者より分かりにくくて、これじゃ、間違いが起こるのも無理
はないなぁ・・・という感じ。

最後、やや、急ぎ気味になってしまったという印象があっ
たが、終演時間との関係だろうか? 百兵衛さんの、の
んびりした雰囲気が、ちと削がれたなーという感じ。


でもまあ、早く終わってくれるのは、正直、ありがたい。
・・・・帰り道が遠いんです・・・・。     
posted by JTm at 08:29| 落語 | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

2015.9.28 夢一夜@日本橋社会教育会館

2015.9.28 第10回 夢一夜 ~一之輔・夢丸二人会~

演目
古今亭今いち          手紙は笑う
入船亭小辰           金明竹
三笑亭夢丸           疝気の虫
春風亭一之輔          黄金の大黒
  (仲 入 り)
夢吉改メ
二代目三笑亭夢丸 真打昇進襲名披露口上
      (下手から) 小辰、夢丸、一之輔
春風亭一之輔          蝦蟇の油
三笑亭夢丸           蛙の子

第10回という節目と、夢吉改め夢丸師匠の真打昇進
が重なって、おそらく、この会始まって以来の?早い
ペースでチケットが完売になった・・・ご祝儀ってだけ
じゃなくて、実力を世間が認めたってことでしょう。

開演時間前に前座が上がる。

今いち。今輔門下。お初です。
「手紙は笑う」。初めて聞く噺。友人同士が、金策の手
紙とラブレターを書きっこするというお話。

新作だけど、かなり古いよなーと思いつつ聞く。

調べたら、有崎勉、つまり、柳家金語楼師の作だそう
だ。1968年刊の著書に収録されているそうだから、
それ以前、つまり、昭和30年代以前の作だろう。
・・・あ、如何にもそんな感じ。

小辰「金明竹」。小辰さんの金明竹も、以前と比べる
とかなり変化しているが、前夜の馬石師とは違って、
松公の比重が大きい・・・個人的には、(爪を切られた
猫が)「屋根の上を、指ィ広げて滑ってる」を、省略し
ないで演ってくれているのは嬉しい。

夢丸「疝気の虫」。夢吉時代に、一度、研精会で聞い
ているが、3年ぶり。最後、疝気の虫になりきって、
「別荘」を探しに行くオチは、志ん生師が演っていた、
と、後で一之輔師・・・「平成になってからは初めて」
・・・ま、そんなこともあるまいが。

個人的には、聞き慣れた権太楼師の噺と、虫のしゃ
べり方や仕草がまったく違うことに、すごく新鮮・・・
という印象。

一之輔「黄金の大黒」。演目の字面はおめでたいけ
れど、猫を喰っちゃうってのはなぁ・・・今回は特に、
小辰さんの金明竹で、松公が「猫を愛でるのが仕事」
と言った後だったし・・・・

後半、「変わり三所紋」の一件は、落語ファンはみん
な大喜びだろうだけどね。

「口上」。・・・てか、トーク?
夢丸師が、本当に嬉しそうだったのが、印象的。

一之輔「蝦蟇の油」。一時期、集中的に聞いたような
気がするが、今回はほぼ1年ぶり。

後半の蝦蟇の油売りの酔い方が凄まじく、それが刀
を振り回すものだから、思わず、目をつぶっちゃった・・・

夢丸「蛙の子」。初めて聞く噺。わずか6歳にして、
「呑む、打つ、買う」の三道楽に“励む”寅坊・・・さて、
その真意はどこに?・・・というお話。

先代夢丸師が、私財を投じて行った新作落語の公
募、「夢丸新江戸噺」の第三回入選作(審査員特別
賞)で、作者は本田久作氏、とのこと。

内容には、ちと、無理があるような気もするが、却っ
て、そこが落語らしいとも言える・・・かな。

師匠の名を継いで、師匠の噺を演じて・・・まさに、
蛙の子、なんですね。
・・・お披露目らしい、良い選択です。

次回、来年4月1日の予定とか・・・エイプリールフー
ルじゃなく、次もきっと、完売ですよ、ホント。
posted by JTm at 09:22| 落語 | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

2015.9月 鈴本演芸場下席・夜の部(その3)

2015.9.27 鈴本演芸場下席・夜の部(主任・扇辰)

演目
柳家あお馬        道灌
柳亭市弥         湯屋番
アサダ二世        (奇術)
古今亭菊太楼      饅頭怖い 
入船亭扇治        長短
ペペ桜井          (ギター漫談)
橘家文左衛門      夏泥
桂 南喬           壺算
  (仲 入 り)
ニックス          (漫才)
隅田川馬石        金明竹
林家二楽         (紙切り)桃太郎、中秋の名月、駅長さん
入船亭扇辰        三井の大黒

あお馬「道灌」。まだ見習いのころに、「小町」までを
聞いたが、道灌はお初。なんにせよ、上手です・・・。

市弥「湯屋番」。一生懸命ハジケていたけれど、まだ
入りが薄かったこともあり、客席がついて行かなくて・・・
ちと、お気の毒な感。出来は悪くないんだけれどね。

菊太楼「饅頭怖い」。美味そうな饅頭だ・・・。

扇治「長短」。饅頭を食べる場面が、前かたと被った
・・・と思ったら、逆手にとって笑いを取る・・・さすが。

文左衛門「夏泥」。蚊遣りの件も入っていたから、確
実に夏泥。「さぁ、コロセ!」の凄み・・・怖いよ。

南喬「壺算」。一荷と二荷の瓶の取り換え、一荷の瓶
の下取り、3円と3円で・・・・等々、次々に畳みかけら
れて、頭の中がとっ散らかっちゃう瀬戸物屋が、なん
ともお気の毒。
聞くたびに、ここまでやらなくても・・・と思っちゃう噺。

ニックス。池袋中席以来続く、花咲爺さんのネタ・・・
何度も聞くと、ちゃんと進化しているのが分かるね。

馬石「金明竹」。最近、いろんな噺を組み立て直して
いるらしい馬石師、得意ネタのこの噺も例外でなく。
・・・ますます、伯母さん(女将)の比重が大きくなっ
て、松公の影が薄くなった感。

扇辰「三井の大黒」。聞きたかった噺なので、思わず、
心に「やった!」と叫ぶ・・・・

扇辰師匠の噺に、しばしば登場する、カラッと明るくて
威勢が良くて、それでいて義理人情に厚い江戸っ子・・・・
この噺では、大工・政五郎がそうだ。

こういうキャラ、大好き!・・・とりわけ、この日の政五
郎は良かったなー・・・配下の職人たちが、甚五郎を
殴りつけているのを止める最初の場面で、もう、ほれ
ぼれしちゃいました。


「中秋の名月」の注文を受けた二楽師、「今日がそう
ですね。外に出て、本物を見た方が・・・・」と。

「曇ってたから見えないでしょ?」と、思ったのだが、
終演後、外に出たら、ホントにきれいな月!
・・・・スーパームーンだって。

ただ、本当の満月は、今夜(28日)なんだそうですよ。
posted by JTm at 08:45| 落語 | 更新情報をチェックする