2016年07月30日

2016.7.29 春に船 春風亭正太郎・入船亭小辰二人会@内幸町ホール

2016.7.29 第3回 春に船 春風亭正太郎・入船亭小辰二人会

演目
正太郎&小辰     (ご挨拶)
入船亭辰のこ     狸の札
春風亭正太郎     釜どろ
入船亭小辰      金明竹
五街道雲助      持参金
  (仲 入 り)
入船亭小辰      鰻の幇間
春風亭正太郎     佃祭
        (三味線:松尾あさ)

チケット買っていなかったが、昼間、小辰さんに確認し
たら、当日券があるというので、会場へ。

辰のこ「狸の札」。ちょこちょこ端折りながら12分で。
・・・端折り方が堂に入ってきた感じ。

正太郎「釜どろ」。三三師でよく聞く噺だけれど、それと
は別系統かな?という印象。豆腐屋の婆さんが、隙あ
らば爺さんの命をなんとかしようとしてる?
・・・ちょっと、バイオレンスな釜どろ。

小辰「金明竹」。またまた、先日の池袋での“三人落語”
を思い出してしまう。
しかし、弟子にこれだけやられちゃねぇ・・・扇辰師匠が、
この噺を演らない訳が分かったような気が・・・。

ゲスト・雲助。ゲストという言葉は、雲助師匠はお嫌い
だそうで、「助(すけ)です」と。

「持参金」。若手の会に呼ばれて、こんな噺をサラッと
演って、さっさと引き上げる・・・粋だね。さすが。

小辰「鰻の幇間」。喜多八師匠が5月の小辰さんの会で
この噺を演ったなぁ・・・と、またまた、ホロッとしてしまう。

そんなこちらの思いとは別に、勢いのある結構な出来。
二階座敷でのメンコを再開しようと狙っている、よしおちゃ
ん、相変わらずの大活躍。

正太郎「佃祭」。ほぼオーソドックスな運びだったが、最後、
梨の実の一件にはふれず、別のオチをつけた。

ネタバレなので、詳細は書かないが、分かりやすくてよい
半面、「さて、次郎兵衛さん、こんなこと言うかなぁ?」と、
やや疑問に思ったのも事実。

長屋連中のにぎやかな悔やみのくだりが、なんともすてき
に楽しかった・・・「たま、命」だもんなー。

次回、「春に船」は、10月21日(金)、ゲストは瀧川鯉昇
師匠です。
posted by JTm at 09:54| 落語 | 更新情報をチェックする

2016.7.29 巣鴨の小辰@スタジオ・フォー

2016.7.29 巣鴨の小辰17

演目
入船亭小辰      たらちね
  〃        藁人形
  (仲 入 り)
入船亭小辰      大工調べ

いつもより、客席の平均年齢が低いなーと思っていたが、
後で聞いたら、肝心の地元に、チラシをまき忘れたそうで。
夏休みということもあり、遠来のお客さんが多かった?

「たらちね」。久しぶり・・・前座のころ以来じゃないかな?
たぶん、ほぼフルバージョンだろう・・・本篇だけで、20分
以上かかった。

独自の?クスグリも加わって、前座噺の域を脱した感。
八っつぁんの浮かれっぷりがなんとも楽しい。

「藁人形」。扇辰師匠の十八番だが、小辰さんで聞くのは
お初。初演ではないようだ。

笑いの少ない、陰惨な雰囲気の噺であるせいか、周囲の
席から、健やかな寝息が・・・つられて、こちらも眠くなり、
中盤は睡魔との戦い・・・ごめんなさい、前夜、よく寝られ
なかったもので。

「大工調べ」。お調べまで通し。昨秋のピッコロの会以来。
その時、ちと気になったところは、無事、修正されていたし、
棟梁の啖呵の切れもますます良くなって、申し分なし・・・
眠気もすっかり覚めたしね・・・。


ところで、先日ちらっと書いた、碑文谷公園の一件だが、
正しくは、「職質された」ではなく、「警察官が聞込みに来
た」、だそうだ。

現場の近所ゆえの「通常の聞込み」・・・とのことでした。
・・・やっぱ、多少の脚色はあったようですねぇ、某師匠・・
って、誰だか、バレバレ(笑)

次回、「巣鴨の小辰」は、9月30日(金)午後2時〜です。
posted by JTm at 09:13| 落語 | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

2016.7.28 池袋演芸場下席・昼の部

2016.7.28 池袋演芸場下席・昼の部(主任・さん喬)

演目
柳家小はぜ       たらちね
柳家さん若        鈴ヶ森
柳家小せん       猫と金魚
柳亭小燕枝       宗論
浮世亭とんぼ、横山まさみ (漫才)
柳亭左龍        三人旅
五街道雲助       臆病源兵衛
  (仲 入 り)
柳家喬志郎       生地獄
入船亭扇辰       道灌
柳家小菊        (粋曲)
柳家さん喬       子別れ(下)

小はぜ「たらちね」。噺の途中で、どやどやとお客さん
(団体?)が入って来るという気の毒な状況だったが、
まったく動ぜず・・・ま、前座さんなら慣れてるかな?

さん若「鈴ヶ森」。なんだか久しぶりだなぁ、この噺。
さん若さんでは、たぶんお初。

・・・やっぱり、喜多八師匠を思い出してしまう。
「あっしだって、まんざら・・・」「馬鹿なんだよ!」の、
掛け合いのタイミングが、バツグンだったっけ。

さん若さん・・・・あと一歩。

小せん「猫と金魚」。三Kの“軽い”という芸風には、ふ
さわしい噺で、旦那、番頭、鳶頭と、人間の登場人物
の軽さはさすが。
だけど、唯一の軽くない登場人?物・“隣の猫”は、もっ
とフテブテシク描き出して欲しかったかも。

小燕枝「宗論」。昨今の演者とはまるで違う、淡々とし
た運びながら、ちゃんと面白い・・・ただ、オチが、ちと
分からなかった・・・先に「隠れキリシタン」という言葉が
出て来てビックリしているうちに終わっちゃった・・・

左龍「三人旅」。鶴屋善兵衛〜おしくら。客席に白杖の
方がいたからだろうか、“顔芸”は封印。そのせいなの
かなんなのか、至極真面目に、おしくらを買う男たち。

雲助「臆病源兵衛」。雲助師のこの噺は一年ぶり。
死んだと思われた八五郎は、額に三角の紙?を貼り
付けられるのだが、後に気づいた時に、これをはがし
て、ポイと捨ててしまう。

白酒師版では、律儀にもう一回貼り直すのだが、雲助
師には「ポイ!」の方がふさわしいかも。

喬志郎「生地獄」。自作の新作。演題は、石井徹也氏
のブログで見た。20歳の時に亡くした父を懐かしむ
60過ぎの娘・・・一方、父もまた、若く美しかった娘を
懐かしむ・・・

地獄の釜の蓋の開く季節・・・父は、娘を探しに娑婆に
やって来るが・・・・

ほのぼのとした親子の噺にしたいのか、不気味さの
ただよう展開にしたいのか・・・ちと、中途半端な印象。

扇辰「道灌」。前かたの新作で、ちょっとボーッとして
しまった客席を、きっちりと「正常な状態」に戻した。
この芝居、扇辰師をここに置いたのは、大正解。

小菊。キンライ節、人を助くる、都々逸、かんちろりん、
さのさ、品川甚句。

さん喬「子別れ」。酔った熊さん、女房と喧嘩して、つ
いには夫婦別れとなる場面に、吉原の女との経緯を
簡単に付け加えて、三年後へ。

冒頭の別れの場面で、息子の亀ちゃんが、決してこ
のロクデモナイ父親を嫌ってはいない、ということを
強く印象付ける演出・・・再会時の亀ちゃんの嬉しそ
うな顔、それを見た熊さんも嬉しそう・・・と、聞いてい
て、素直に感情移入出来る。

この下席、何度か通うつもりでいたのに、トリの師匠
のスケジュールとわたし自身のスケジュールがなか
なか合わず(笑)、決局、この一回だけだった。残念。
posted by JTm at 09:05| 落語 | 更新情報をチェックする