2017年03月07日

2017.3.6 入船亭扇辰独演会@国立演芸場

2017.3.6 弥生の独り看板 入船亭扇辰独演会

演目
入船亭辰のこ     初天神
入船亭扇辰      紫檀楼古木
  〃        心眼
  (仲 入 り)
入船亭扇辰      五人廻し
        (三味線:千葉しん)

半蔵門線のダイヤ乱れに配慮して、5分遅れでの
開演。この日の半蔵門線は、昼の東急線内の人身
事故、夕方の永田町での車両点検とご難続き。

辰のこ「初天神」。飴玉や団子をねだる金坊の睨
み顔が、なにやら狂犬じみて・・・吹き出した。

あとから上がった師匠の話では、5月下席の二ッ
目昇進後の名が、「入舟辰乃輔」となると・・正
式発表。
「亭」がないと、芸名でなくフツーの名前みたい。

扇辰の三席。
まずは、「開演が遅れたお詫びに」と短い噺を。

「紫檀楼古木」。前回の扇辰日和に続いて2度目。
前回も書いたけれど、いろいろと“仕込み”が必要
で、その割にはウケなくて。

「損な噺だから」と敬遠していたが、「ある落語
会でネタ帳を見ていたら、後輩が演っているのを
発見した」と。

これ、どこの会だか分かっちゃいました。演者が
誰かも・・・まず、間違いなし。
(ご興味のある方は、このブログの検索機能で「紫檀楼
木」を見てみてください。)

「心眼」。そうか、出囃子が「俄獅子」だったの
はこの噺のためか・・・扇橋師匠が最後に演った
噺です。

扇辰師匠で聞くのは一年半ぶりくらい。昨年は、
権太楼・小満ん両師匠のを聞いているが、女房・
おたけの造形は、やっぱり扇辰師匠のがいちば
ん好き・・かな。

「器量は悪いが、心の美しさは日本一」という、
旦那の言葉、そのままの女性です。

「五人廻し」。今回のネタ出しの一席。
2014年以来・・「以前はよく演っていたが、
最近あまり演らない」と言っておられた通りだ。

吉原で待ちぼうけを食わされている5人の客を、
思いっきり戯画化して描いているのは、記憶の
通り。

その中で、病弱な妻をもつ、官人か軍人風の客
が、今回、妙に気になった・・・威張り散らし
ているけれど、本当は小心で、心優しい人なん
ではないだろうか。

・・・遊ばせてあげたいなぁ(笑)


掲示してあった終演時間を、30分ほど超過し
ての終演。駅に急いだけれど、半蔵門線は、ま
たまたストップ・・・今度は、青山一丁目で車
両点検だと。・・・まさに満身創痍ですな。
posted by JTm at 11:02| 落語 | 更新情報をチェックする