2017年03月14日

2017.3.13 国立劇場三月歌舞伎公演

2017.3.13 国立劇場三月歌舞伎公演

演目
通し狂言「伊賀越道中双六」5幕7場 近松半二ほか=作
 序 幕  相州鎌倉 和田行家屋敷の場
 二幕目  相州鎌倉 円覚寺方丈の場
       同      門外の場  
  (休  憩)
 三幕目  三州藤川 新関の場
      同    裏手竹藪の場
  (休  憩)
 四幕目  三州岡崎 山田幸兵衛住家の場
  (休  憩)
 大  詰  伊賀上野 敵討の場
 (配役)唐木政右衛門=中村吉右衛門、和田志津馬=尾上菊之助、
      政右衛門妻お谷=中村雀右衛門、沢井股五郎=中村錦之助、
      山田幸兵衛=中村歌六、妻おつや=中村東蔵、
      娘お袖=中村米吉、佐々木丹右衛門・奴助平=中村又五郎 外

三月の演目が「伊賀越」と聞いた時、正直、思いまし
たね・・え、また?と。

2013年に文楽と歌舞伎、2014年に歌舞伎・・4年間
に4回、歌舞伎だけでも3回。・・・異例の多さだ。

今回は、前回2014年に44年ぶり復活上演された「岡
崎」の場が、読売演芸大賞・最優秀作品賞とやらを受
賞した、その“凱旋公演”らしい。

というわけで、メインの「岡崎」は、前回通りの配役。
ただし、その前段の場面は、前回の「誉田家城中」の
場を、「本覚寺」に差し替えた(86年ぶりの復活!)。

差し替えの理由はいろいろあるだろうが、わたしの私
見では、ひとえに、政右衛門役の負担軽減だと思う。
・・・前回上演から二年ちょっと・・年とりますよ、
演る方も、見る方も。

そして結果的に、これは正解だったと思う。

吉右衛門丈が「岡崎」での演技に集中することによっ
て、仇を捜すために我が子に手を掛ける政右衛門の、
深い苦しみが、より一層、明確に伝わった。
(前回は泣かなかったが、今回は泣かされた・・)

さらに、「円覚寺」での沢井一派の卑怯な裏切りを見
せることで、「なんとしても仇を討ちたい」という、
政右衛門の固い決意に、納得も出来るのである。


以下は、本筋とはあまり関係のないどうでもいい感想。

和田志津馬と、政右衛門の妻・お谷は、姉弟である。
序幕では、姉は親の許さぬ相手と駆け落ち、弟は悪い
友だちにそそのかされて廓通い・・・父の行家は、ご
く厳しそうな人なのに、いったい、この家の教育はど
うなってるのか・・・と。

しかし、志津馬の廓通いは、決して無駄ではなく・・・
藤川の新関では、関守の娘・お袖に色目を使って、関
所破りをしてしまうのだから。

生まれたばかりの幼子を亡くす姉のお谷と違って、こ
の弟の、なんと呑気なことか・・と思わないでもない。

もうひとつ。第二幕で沢井股五郎を受け取りに本覚寺
を訪れる、行家の弟子の佐々木丹右衛門を演じるのが、
中村又五郎丈・・というのも、なんか、可笑しかった。

マタゴロウがマタゴロウを受け取りに?
演じている方も、可笑しかったんじゃなかろうか。
posted by JTm at 09:45| 芝居 | 更新情報をチェックする