2017年05月31日

2017.5.30 赤坂文楽@赤坂区民センター

2017.5.30 赤坂文楽 #17 ~伝統を受け継ぐ 其の八~

演目
第一部  『義経千本桜』 「渡海屋」より“幽霊知盛”
第二部  お話 吉田玉男 (聞き手・高木秀樹)
  (休   憩)
第三部  『義経千本桜』 「大物浦」より“碇知盛”

 〈出演〉太夫=豊竹呂勢太夫、
     三味線=鶴澤燕三、鶴澤寛太郎、鶴澤清公、鶴澤燕二郎
     人形遣=吉田玉男、吉田玉佳、吉田玉翔、吉田玉路、
         吉田玉峻、吉田玉延、吉田玉征
     望月太明藏社中
     司会=高木秀樹(文楽研究家、イヤホンガイド解説者)

以前から、チラシを眺めるばかりで、なかなか
行くきっかけのなかった会に、友人の誘いで初
参加。

ひとつの演目を通して上演するのではなく、ひ
とりの演者を軸に、ダイジェストでの実演と、
合間の対談・・というプログラム。

渡海屋も大物浦も、ほとんど知盛ひとりだけで
の上演・・というのは、来てみて初めて知った。

いつもその場面にいるはずの人(人形か・・)
が見えないのは、最初、ちょっと戸惑ったけれ
ど、その分、知盛に集中して見られるというの
は、また別の面白さがある。

合間のお話は、「伝統を受け継ぐ」という副題
にちなんで、当代玉男師の師匠である、先代玉
男師の話を中心に。

そして、その合間に、舞台袖に向かって行われ
る“幽霊知盛”の引っ込みを、正面への動きで見
せて下さったのは、実にありがたかった。

すごい、迫力・・・前方席にいたので、思わず、
後ろにのけぞって避けてしまったよ・・・。

うーん、今までチラシだけ見て、迷った挙句に
行かずにいたのが、なんとも悔やまれる・・・。
誘ってくれた友人に、感謝、感謝!
posted by JTm at 20:38| 文楽 | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

2017.5.28 白酒・甚語楼ふたり会@お江戸日本橋亭

2017.5.28 白酒・甚語楼ふたり会

演目
桃月庵ひしもち     転失気
桃月庵白酒       四段目
柳家甚語楼       提灯屋
  (仲 入 り)
柳家甚語楼       夢の酒
桃月庵白酒       居残り佐平次

ひしもち「転失気」。先日の深川での「牛ほめ」
と合わせ、学校寄席のテッパン(馬石師談)を
マスター。

白酒「四段目」。なんか、久々に聞いたような。
白酒師のこの噺は、小僧のさだ吉が可愛くて、
聞いていてとっても嬉しくなる噺だ。

甚語楼「提灯屋」。ビラを手に、わいわいがや
がややっている連中が、隠居から「町内の札付
き」と呼ばれているのがまず可笑しい。

そんな連中という前提のせいか、単なるいたず
らと言うより、少しばかり悪質な雰囲気を感じ
た・・・なので、ひとり、謎が簡単すぎて、提
灯屋に解かれてしまい、代金を払っちゃうのが、
素直に笑えます。

甚語楼「夢の酒」。昨年秋の甚語楼の会以来。
登場人物の造形が、他の演者の同じ噺とはまっ
たく違う・・・というのは、前回も感じた。

なんか、すべてがマンガチックで、それがとっ
ても可笑しくて。

白酒「居残り佐平次」。今年は居残りの当たり
年になりそうだなぁ。

白酒師の居残りは、記憶になく、たぶんお初。
妓夫とのやりとりで、相手を煙に巻くくだりは、
「付き馬」の客を思わせる・・同じ男じゃない
の?と思うくらい。

居残りになってからは、万事に派手で、特に床
の間から飛び出すってのは、オドロキだった。

ゲラゲラ笑っていたのに、最後の一瞬で、なぜ
か“落ちた”・・・

「一膳めし屋」「いっぱい食った」というオチ
は、友人たちが口を揃えて「分かりやすくて良
い」と言っていたが・・・

はてさて、どうして一膳めし屋が出て来たのか
・・・そこんところを聞き逃しちゃった・・・
残念無念。そして、ごめんなさい!
posted by JTm at 11:52| 落語 | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

2017.5.27 鈴本演芸場下席・昼の部

2017.5.27 鈴本演芸場下席・昼の部(主任・さん喬)

いくら、寄席が楽しいことを再発見したからって、
続けて行くことはないよなー・・と思いつつ。

この日のお目当てはこちら。二ッ目昇進です。
 0527(1).jpg0527(2).jpg


演目
柳亭市坊       子ほめ
柳家小んぶ      浮世床
鏡味仙三郎社中    (太神楽曲芸)
二ッ目昇進 辰のこ改メ
入舟辰乃助      狸の札
五明楼玉の輔     お菊の皿
ニックス       (漫才)
柳亭小燕枝      あくび指南
春風亭正朝      宗論
のだゆき       (音楽パフォーマンス)
柳家さん助      しゃっくり政談
  (仲 入 り)
林家正楽       (紙切り)
   相合傘、潮来花嫁、猫と金魚、藤娘、横綱土俵入、紫陽花
柳家小ゑん      ぐつぐつ
柳家喬之助      締め込み
三増紋之助      (江戸曲独楽)
柳家さん喬      船徳
        (三味線:森本のり、金山はる)

小んぶ「浮世床」から、本部分。誰から教わったのか、
はっきり分かりますねぇ・・書かないけど。口調ばか
りか、仕草まで、まんま、です。

辰乃助。亭号が入船亭じゃなくて、入舟になった・・
柳家と柳亭、みたいな感じなのかな?

「狸の札」。昇進が決まったころから、とっても明る
い高座になったが、より一層・・という印象。子狸が
可愛らしい。

玉の輔「お菊の皿」。玉の輔師のこの噺、記憶にない。
お初かなぁ?

小燕枝「あくび指南」。すごーく面白かった・・とい
う以上に言葉がない。絶品です。

正朝「宗論」。ここのところ、仏教美術に関心を持つ
者としては、“阿弥陀菩薩”という言い方は、「違うよ!」
と言わざるを得ない・・・阿弥陀は、如来です。

菩薩の時の名は、法蔵菩薩・・って、噺の中にも出て
くるのにな。(こんな風に落語を批判するのは間違いです)

さん助「しゃっくり政談」。上方落語の「次の御用日」。
オチは変わっているようだ。・・なんか、実に、さん
助師のための噺のような。会場、爆笑でした。

正楽。猫と金魚、連日。・・先を越されちゃった。

小ゑん「ぐつぐつ」。小ゑん師のこの噺、遭遇率がす
ごく高いような気がする・・好きな噺ではあるけれど。
ちと、季節外れでもあることだし、来る6月上席の主
任興行では、他の演目に遭遇できるよう祈ります。

喬之助「締め込み」。たっぷり、じっくり20分超。
・・・これには訳がある。

この日、さん喬師匠は、昼に大手町で独演会があった。
「かわら版」を見たら、その会の終演予定が16:00と
ある・・鈴本昼の主任は同じく、16:00上りだ。

瞬間移動する?・・それは無理でしょ。

後で聞いたら、大手町の会は15:45ごろに終わったそ
うだ・・・もしかしたら、着替えもせずに、タクシー
を飛ばしたのかな?

・・・という訳で、喬之助師は、頑張って“つなぎ”。
頼りになるお弟子です。噺の終わりころに、下手楽屋
で三味線が小さくシャン!と鳴ったけれど、あれ、合
図だったのかな?

さん喬。今席は、「紫綬褒章受章記念」という副題が
ついている・・・だから、綱渡りでも休まずにお出に
なったのだろう。

「船徳」。独演会でもネタ出しになっていた噺なので、
この日、二度目ってことですね。

最初、ちょっとお疲れかな?と思ったけれど、徳さん
が舟を漕ぎ出すあたりから、すごーくノリノリに。
仕草が美しく、表情が豊かなのも、いつもながら楽し
い。・・・大いに笑わせていただきました。

やっぱり、寄席っていいなぁ。
posted by JTm at 09:32| 落語 | 更新情報をチェックする