2017年09月09日

2017.9月 人形浄瑠璃九月文楽公演@国立小劇場

7日に第一部、8日に第二部と、二日続きで見た。
まずは・・・

20107.9.7 人形浄瑠璃九月文楽公演・第一部

演目
「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」
  宇治川蛍狩りの段
    太夫=(中)竹本小住太夫、(奥)竹本三輪太夫
    三味線=(中)野澤錦吾、(奥)鶴澤清友
  明石浦船別れの段
    太夫=竹本津駒太夫、三味線=鶴澤寛治、琴=鶴澤燕二郎
  (休   憩) 
  浜松小屋の段
    太夫=豊竹呂勢太夫、三味線=鶴澤清治
  (休   憩)
  嶋田宿笑い薬の段
    太夫=(中)豊竹芳穂太夫、(奥)豊竹咲太夫
    三味線=(中)鶴澤清𠀋、(奥)鶴澤燕三
  宿屋の段
    太夫=豊竹呂太夫、三味線=竹澤團七、琴=鶴澤清公
  大井川の段
    太夫=豊竹靖太夫、三味線=野澤錦糸
  人形役割(記載のないものは各段共通)
    阿曾次郎(後、駒沢次郎左衛門)=吉田玉男、
    朝顔(浜松小屋)=吉田蓑助、
    同(宿屋・大井川)=豊松清十郎、
    乳母浅香=吉田和生、徳右衛門=桐竹勘壽、
    萩の祐仙=桐竹勘十郎  外

「君の名は」(アニメじゃなく、菊田一夫のドラマ)
みたいなすれ違いメロドラマとのふれ込みだったが
・・・まさに。

しかしながら、設定が如何にもご都合主義!という
印象は否めない。

深雪と阿曾次郎、偶然の出会いではあったが、決し
て結ばれない間柄ではない。

深雪は芸州岸戸の家老の娘、阿曾次郎は西国の大名、
大内家の家臣・・・身分的に、釣り合わないという
訳でもないし、ロミオとジュリエットのように、敵
対する間柄という訳でもない。

現に、今回の上演では省かれてしまったが、名を改
めて駒沢次郎左衛門となった阿曾次郎は、深雪の父
に縁組を申し入れているのだ。

恋は盲目とは、よく言ったもの。
駒沢某と阿曾次郎が同一人物とは知らない深雪は、
この縁組を嫌って、父の家を出奔・・・

要するにこのふたり、しなくてもいい苦労をし、死
ななくてもいい多くの人を死なせてしまうのだ。

なんかなー・・・と、思ってしまうのは、あまりに
も現代的感覚なのか??

「浜松小屋」の途中から、なんだか馬鹿らしく思え
てきて、猛然と眠くなってしまった・・・

この「浜松小屋」は、人形の蓑助・玉男、三味線の
清治各師という、いわゆる“人間国宝”の揃う場面だっ
たというのに・・・なんと、もったいない。

それにしても、文楽でも歌舞伎でも、深窓の姫君た
ちの、なんと、大胆なことか。
現代っ娘だって、ここまでやるか?・・と思っちゃ
いましたよ。

滑稽なチャリ場の「笑い薬」が、咲太夫というので
昨年の「一谷」のチャリ場を思い出して期待したが、
前回ほどのアドリブはなく、ちと残念・・・

ただ、この場で茶を立てる祐仙を遣う勘十郎師は、
実に見事な“お点前”・・・やっぱり、落語とは違い
ますなぁ。
    

20107.9.8 人形浄瑠璃九月文楽公演・第二部

演目
「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)」
  清水寺の段
    太夫 薄雲王子=竹本津國太夫、犬淵源蔵=竹本南都太夫、
       采女之助=竹本文字栄太夫、桂姫=豊竹咲寿太夫、
       腰元=豊竹亘太夫、竹本碩太夫
    三味線=竹澤團吾
  道春館の段
    太夫=(中)豊竹希太夫、(奥)竹本千歳太夫
    三味線=(中)鶴澤寛太郎、(奥)豊澤富助
  (休   憩)
  神泉苑の段
    太夫=(口)豊竹咲寿太夫、(奥)豊竹咲甫太夫
    三味線=(口)豊澤龍爾改め鶴澤友之助、(奥)鶴澤清介
  廊下の段
    太夫=豊竹始太夫、三味線=鶴澤清志郎
  (休   憩)
  訴訟の段
    太夫=豊竹睦太夫、三味線=野澤喜一郎
  祈りの段
    太夫=竹本文字久太夫、三味線=竹澤宗助
   人形役割(ここまでの段共通)
    薄雲王子=吉田玉也、桂姫=吉田蓑二郎、
    萩の方=吉田和生、初花姫後に玉藻前=吉田文昇、
    玉藻前実は妖狐=桐竹勘十郎、金藤次=吉田玉男、
    采女之助=吉田幸助、傾城亀菊=吉田勘彌 外
  (休   憩)
  化粧殺生石の段
    太夫=豊竹咲甫太夫、豊竹睦太夫、豊竹始太夫、
       竹本小住太夫、豊竹亘太夫
    三味線=鶴澤藤蔵、鶴澤清馗、鶴澤寛太郎、
        鶴澤清公、鶴澤燕二郎
   人形役割
    座頭・在所娘・雷・いなせな男・夜鷹・
    女郎・奴・妖狐=桐竹勘十郎(早替り)

第一部を見た翌日に、続けて第二部へ。

第一部に比べて、申し訳ないが、圧倒的にこっちの
方が面白い。眠くなるヒマもないくらい。

歌舞伎ではかなり以前に一度見ているはずだが、文
楽ではたぶんお初。

背景は、平安時代の帝位争いだが、例によって、舞
台上の各種様式は、おそらく江戸時代のもの。その
点、なんとなく違和感を感じるのは、先年放送され
た大河ドラマ「清盛」を思い出させる人名が多く出
て来たゆえかもしれない。

鳥羽天皇の兄でありながら、日蝕の生まれであるこ
とを理由に帝位につけなかった薄雲王子が、三国
(天竺・唐土・日本)を股にかける妖狐・九尾の狐
と組んで、日本を“魔界”にしようと画策。

・・しかし、まあ、あらすじなんてどうでもいい。
美しい官女の顔が、突然に妖しい狐に変わったり、
人形遣いの早替りやら、宙乗りやら・・・外連味たっ
ぶりの展開が、ただただ、楽しい。

最後の幕は、まさに、勘十郎オン・ステージ。
「七化け」と言われるそうだが、妖狐を入れれば8
役の早替りを、勘十郎師が嬉々として(という印象)
務める・・・お見事!

プログラムにあるインタビューによると、この場面
は、殺生石に封じ込められて退屈した妖狐が、夜な
夜な、色んなものに化けて遊んでいる・・のだそう
だ。

主筋には、ほとんど無関係な場面だが、それがなん
とも楽しい場になっていて、極上の気分で(てか、
かなりの興奮状態で)劇場を後に。

あー、面白かった!   
posted by JTm at 09:52| 文楽 | 更新情報をチェックする

2017.9.7 通ごのみ 扇辰・白酒@日本橋劇場

2017.9.7 通ごのみ 扇辰・白酒

演目
柳家あお馬      道灌
桃月庵白酒      しびん
入船亭扇辰      鰍沢
  (仲 入 り)
入船亭扇辰      秋刀魚火事
桃月庵白酒      厩火事
        (三味線:柳沢きょう)

あお馬「道灌」。前座さんらしくきっちり
基本形・・ああしかし、昼からの眠気を引
きずる身には、いささか辛かった。

白酒「しびん」。この噺、何度聞いても、
道具屋がさほど悪いようには思えない・・
まあ、演者もそのように演じているのだろ
うが。

しかし、昔のしびんの中には、花器として
も通用しそうなものが本当にあったようだ。
陶器製ですからねぇ。

扇辰の二席。
「鰍沢」。マクラ聞きつつ、あれ、もしか
して?・・でも、まさか・・と思っていた
ら、本当にそうだった。

うーん、しかし、この日の体調に、この笑
いのない噺は、ちと辛い・・・

頑張っていたのだが、後半、雪の中を新助
が逃げ惑う場面が、なんとも幻想的なもの
に感じられ・・・うん、でも、これも悪く
ない。

「秋刀魚火事」。「“通ごのみ”ですから・・」
との前置きだったが、先日、扇辰日和で聞
いたばかりだったので、ちと残念。

出来れば今秋は意外に遭遇率の低い、目黒
の方を聞きたかったな。

白酒「厩火事」。火事つながり?

女髪結夫婦の喧嘩の原因は、芋・鮭論争。
朝早い仕事があるのに寝坊してしまった女
房が、「時間がないから朝のおかずは鮭」
と言うのに、亭主は「芋を煮てくれ」と。

これ、誰だって喧嘩になるでしょ。
自分は家で怠けているくせに、仕事に行く
女房にわがまま言ってるんだから。

よく聞くパターンの、亭主が夕飯の支度し
て待ってるのに、女房が遅くなるという設
定より、この芋・鮭亭主は、より怠け者。

なので、最後のオチのセリフに、より一層
皮肉が効いている。
posted by JTm at 08:35| 落語 | 更新情報をチェックする