2017年09月10日

2017.9.9 柳家権太楼・甚語楼親子会@横浜にぎわい座

2017.9.9 柳家権太楼・甚語楼親子会

にぎわい座では、定例的に権太楼師匠の独演会
が行われているが、東京でもやってるしな・・
と、あまり伺ったことはなかった。

ところが、今回は、筆頭弟子・甚語楼師匠との
“親子会”・・・これはぜひ!と、横浜遠征。

演目
柳家小多け      初天神
柳家さん光      粗忽の釘
柳家甚語楼      幾代餅
  (仲 入 り)
ボンボンブラザース  (モダン曲芸)
柳家権太楼      青菜
        (三味線:千葉しん)

小多け「初天神」。まさに絶賛初天神中だね。
来年三月、二ッ目昇進が決まったそうで、そう
思ってみるせいか、勢いが違うね。

さん光「粗忽の釘」。マクラの定例小噺、「馬
鹿、お前の親父だ」が、普段よりウケて気を良
くしたのか?、快調な噺だった。

それにしてもさん光さん、未だに話し終えたあ
と、高座返しするんですね。権太楼師匠の独演
会で、次が師匠だからかな?と思っていたが、
兄弟子でも同じ。
(・・さすがに寄席ではやってなかったけど。)

甚語楼「幾代餅」。甚語楼師のこの噺は、たぶ
ん数年ぶり。もしかして、クスグリをいくつか
入れ替えたのか、とっても新鮮な感じ・・まぁ
単に忘れてるだけかもしれないが。

どっちにせよ、爆笑の幾代餅・・権太楼師匠の
名言、「さん喬さんの幾代餅は人情噺だけど、
あたしのは滑稽噺・・雲助さんのは怪談噺」を
思い出す・・・師匠の噺を受け継ぎつつ、より
一層の笑いを目指す・・爆笑落語の王道。

ゲスト・ボンボンブラザース。にぎわい座では
あまりお馴染みがないのか、客席、大ウケ。
最後の、ステンレス食器積み上げでは、悲鳴ま
で聞こえて来たような。

権太楼「青菜」。先月末に国立名人会で聞いた
のに続き・・正直、ちと残念ではあったが・・

でも、後半の長屋での爆笑篇はもちろんだが、
前半のお屋敷でのやりとりも、なんとも味わい
深くて・・・これはもう、“年輪”としか、言い
ようがない。

楽しい会だった。ぜひ、これからも親子会、そ
して、甚語楼師の独演会も・・

やってよね、にぎわい座さん!
posted by JTm at 07:56| 落語 | 更新情報をチェックする