2018年01月20日

2018.1.19 月例三三独演@イイノホール

2018.1.19 月例三三独演

演目
柳家三三       湯屋番
  〃        天災
  (仲 入 り)
柳亭市弥       金明竹
柳家三三       安兵衛道場破り
          (三味線:長澤あや)

行けなくなった友人にチケットを譲っていただいて、
久々のイイノホール、久々の月例。

三三の前半二席。
「湯屋番」。おそらく数年ぶりの遭遇。若旦那のちゃ
らんぽらんぶりが、以前よりパワーアップした感。

「天災」。2015年に三三・左龍の会で聞いて以来。

うーん、一朝師匠ほどの突き抜けた明るさはないし、
文蔵師匠ほどパワフルでもないし・・・向き、不向
きという点から言えば、あまり向かないかも?と、
思わざるを得ないかなぁ・・・。

八五郎に小ズルさが感じられちゃう・・この男、馬
鹿で喧嘩っ早いけど、ズルイ奴ではないと思うんだ
けど。(ずるくなれるほど賢くないとも)

市弥「金明竹」。先日の湯屋番のはじけっぷりが楽
しかったので、期待していたのだが。

言い立てが、早口にこだわり過ぎて、ちゃんと聞き
取れない・・・仲買の弥一の名は、4回とも分から
なかった。

なので、後半、おかみさんがその名を出すことに、
すごーく違和感がある。

三三「安兵衛道場破り」。一昨年の暮れにやはり、
三三・左龍の会で聞いている。

こちらは、男気があるのか、こすっからいのかよく
分からない宿の亭主の造形が楽しくて、こういう人
物を演らせたら上手いよなぁ・・と思ってしまった。

前回聞いた時、昔のTV時代劇を思い出したと書い
ているが、これ、「ぶらり信兵衛道場破り」という
番組。1973-74年に、高橋英樹主演で放送された。
(Wikiによる)

ただ、原作は山本周五郎の小説「人情裏長屋」との
ことなので、この講釈ネタとの関係は不明。
posted by JTm at 10:45| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

2018.1.18 文京春日亭@文京シビックホール 小ホール

2018.1.18 文京春日亭 Weman's二人会+一之輔

演目
春風亭一花     金明竹
三遊亭粋歌     わんわーん
柳亭こみち     うわさ小町
春風亭一之輔    短命
  (仲 入 り)
三遊亭粋歌     恋するヘビ女
柳亭こみち     二番煎じ

一花「金明竹」。かなり以前に一度聞いたようだ。二ッ
目昇進間近、ちらっと独自のくすぐりを入れる余裕。

粋歌「わんわーん」。犬好きの上司夫人に翻弄される
社宅住まい。犬が人間の言葉を話すのか、それとも人
が犬語を解するのか。

こみち「うわさ小町」。駒次さんのガールズトークの
お江戸版。出てくる女性陣の名前が、のり、はる、きょ
う、しず・・・どっかで聞いたような・・?と思って
いたら、落語協会のお囃子さんの名だと、ゲストの一
之輔師が種明かし。

一之輔「短命」。こちらもすごーく久々。以前よりさ
らに、自由奔放な雰囲気・・・それでいて、改作とか
新作ではなく、ちゃんと古典落語っぽいところが、演
者の並々ならぬ才気を感じさせる。

粋歌「恋するヘビ女」。白鳥作。以前から題名だけは
知っていて、どんな噺だろうと思っていた。

すごい題だけど、中味は意外に素朴。小学生の初恋を、
すれっからし風?の伯母ちゃんが応援。気取って煙草
をふかす仕草が、なんとも愉快。

こみち「二番煎じ」。噺に入ったところで、すでに9
時目前・・・この日、朝からあちこち走り回っていた
疲れで、急激に眠くなってしまった。

夜回りのメンバーに、おかみさんがひとり入っていて、
そのひとが気持ちよさげに歌い上げていたのは記憶に
あるのだが・・・

番小屋に帰ってからの密やかな?宴会場面は・・まっ
たく記憶なし。見回りの役人が、「ばん!」と呼ぶと
ころで気がついた・・・ほんと、ごめん。
posted by JTm at 14:33| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

2018.1.16 国立劇場新春歌舞伎公演

2018.1.16 国立劇場新春歌舞伎公演

演目
通し狂言「世界花小栗判官(せかいのはなおぐりはんがん)」四幕十場
 発 端(京)     室町御所塀外の場
 序 幕<春>(相模) 鎌倉扇ヶ谷横山館奥庭の場
            同       奥御殿の場
            江の島沖の場
  (休   憩)
 二幕目<夏>(近江) 堅田浦浪七内の場
            同  湖水檀風の場
  (休   憩)
 三幕目<秋>(美濃) 青墓宿宝光院境内の場
            同  万屋湯殿の場
            同    奥座敷の場
  (休   憩)
 大 詰<冬>(紀伊) 熊野那智山の場
  (配役)盗賊風間八郎=尾上菊五郎、小栗判官=尾上菊之助、
      照手姫=尾上右近、漁師浪七=尾上松緑、
      細川政元・万屋お槙=中村時蔵、鬼瓦の胴八=片岡亀蔵、
      浪七女房小藤・万屋お駒=中村梅枝  外

馬が活躍?する物語からだろうか、開幕時、暗くした
場内に馬頭琴の音が響き、舞台では、銀河を流れる星
の中から、馬の姿が・・・(チンギス汗か!?)

発端で父を殺された小栗判官が、許婚の照手姫ととも
に、父を殺しお家の重宝を奪った盗賊を探し求める。

彼らを助ける者あり、妨害する者あり、また、その目
的とはまったく関りがないのに、知らない内に渦中の
人となる者も。

派手な立ちまわりあり、チャリ場あり、女の嫉妬と恨
み、果ては幽霊まで登場するという・・・まさにサー
ビス満点というか、やりたい放題というか・・・

色々とツッコミたいところは、多々あれど、まあ、別
にいいか・・と、許せてしまうのが、歌舞伎の楽しさ
だねぇ。

そんなことを、再確認させてくれた新春の歌舞伎。
楽しゅうござんした。

先月は岳父の吉右衛門丈と一座した菊之助丈が、今月
は実父の菊五郎丈と。見た目の美しさ、口跡の良さ、
惚れ惚れする男っぷり。

・・お父上には申し訳ないが、この人が八代目になる
日を、なんとか見たいもの・・と思ってしまった。

そして、松緑丈が、11月の坂崎出羽守役に次ぐ好演。
二幕目の後半、舟の櫂や網を用いての立ち回りは、昔
見た、先代辰之助(三代目松緑を追贈)丈の「蘭平物
狂」を思い出し、大いに懐かしかった。

この場面と、序幕の小栗判官の馬の曲乗りの場面、三
階さんたちの活躍に、大きな拍手を贈りたい。
posted by JTm at 21:43| 芝居 | 更新情報をチェックする