2018年01月12日

2018.1.8 人形浄瑠璃 新春文楽公演@文楽劇場

   0108(1).JPG      0108(2).JPG

2018.1.8 人形浄瑠璃 新春文楽公演 第一部・第二部

第一部演目
「花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)」
  万才・鷺娘(楳茂都陸平=振付)
   太夫=豊竹睦太夫、竹本津國太夫、豊竹咲寿太夫、
      竹本小住太夫、竹本文字栄太夫
   三味線=鶴澤清友、野澤喜一朗、鶴澤清𠀋、
       野澤錦吾、鶴澤燕二郎
   人形役割 太夫=吉田玉勢、才蔵=桐竹紋臣、
        鷺娘=吉田文昇
   (休   憩)
「平家女護島(へいけにょごのしま)」
  鬼界が島の段
   太夫=豊竹呂太夫、三味線=鶴澤清介
   人形役割 俊寛僧都=吉田玉男、平判官康頼=吉田清五郎
        丹波少将成経=吉田文司、蜑千鳥=吉田蓑助、
        瀬尾太郎=吉田玉志、丹左衛門基康=吉田玉輝 外
   (休   憩)
八代目竹本綱太夫五十回忌追善
豊竹咲甫太夫改め       「口上」
 六代目竹本織太夫襲名披露 
   (上手より)豊竹咲太夫、竹本織太夫
   (休   憩)
追善・襲名披露狂言
「摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)」
  合邦住家の段
   太夫=(中)竹本南都太夫、(切)豊竹咲太夫、
      (後)豊竹咲甫太夫改め六代目竹本織太夫
   三味線=(中)鶴澤清馗、(切)鶴澤清治、
       (後)鶴澤燕三
   人形役割 合邦道心=吉田和生、合邦女房=桐竹勘壽、
        玉手御前=桐竹勘十郎、奴入平=吉田玉佳、
        浅香姫=吉田蓑二郎、俊徳丸=吉田一輔  外
   0108(3).JPG    0108(4).JPG


第二部演目
南都二月堂 良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)」
  志賀の里の段
   太夫 渚の方=竹本三輪太夫、乳母小枝=竹本小住太夫、
      腰元=豊竹亘太夫、竹本碩太夫
   三味線=竹澤團七、(ツレ、八雲)=鶴澤友之助、野澤錦吾
   (休   憩)
  桜の宮物狂いの段
   太夫=竹本津駒太夫、豊竹始太夫、豊竹芳穂太夫、
      豊竹咲寿太夫、
   三味線=鶴澤藤蔵、鶴澤清志郎、鶴澤寛太郎、
       鶴澤清公、鶴澤清允   
  東大寺の段
   太夫=豊竹靖太夫、三味線=野澤錦糸
  二月堂の段
   太夫=竹本千歳太夫、三味線=豊澤富助
   人形役割(各段共通)
    渚の方=吉田和生、船頭=桐竹亀次、
    良弁僧正=吉田玉男、雲弥坊=吉田幸助  外
   (休   憩)
「傾城恋飛脚(けいせいこいびきゃく)」
  新口村の段
   太夫=(口)豊竹希太夫、(前)豊竹呂勢太夫、
      (後)竹本文字久太夫
   三味線=(口)竹澤團吾、(前)鶴澤寛治、(後)竹澤宗助
   人形役割 忠兵衛=吉田勘彌、梅川=豊松清十郎、
        親・孫右衛門=吉田玉也、忠三女房=吉田蓑一郎  外
   (一部・二部とも、はやし:望月太明藏社中)

「花競四季寿」。まずは華やかな舞踊の演目から。
万才は、現在では万歳と表記されることが多いよう
だ・・落語「掛取万歳」に出てくる、あれである。

太夫と才蔵の掛け合いで、賑やかに新年を言祝ぐ。

鷺娘は、一転してしんしんと降り積む雪景色の中に、
真っ白な衣装の娘がひとり舞う・・・

浄瑠璃の歌詞は、降り積もる雪に、つのる恋の思い
を重ねているようだが、そんなものには縁なき衆生
の身には、寒い冬の中で来るべき春を待ちわびる舞
のように見えた。

これは、後半、引き抜いて白から淡いピンクに衣装
が変わるためかもしれない。春爛漫の桜の花の色だ。

「平家女護島」。昨年2月に、東京で通し公演を見
ているが、今回は一番ポピュラーな鬼界が島のみで。

太夫、三味線は、前回と同じ・・呂太夫師は、前名
の英太夫だったけれど。

前回は通しで見て、色々と発見も多かったが、やは
り、見せ場はこの段であることを確信。

妻を亡くしたことを知って、島に残る決意をしたも
のの、どうしようもない望郷の念にさいなまれる俊
寛の思いが、ストレートに胸に迫った。

長い休憩の後、追善と襲名の口上。舞台に並んだの
が、咲太夫師と新・織太夫師のふたりだけ・・とい
うのは、ちと驚いた。

五十回忌を迎えるのは、咲太夫師の父・八代目綱太
夫。そして、この綱太夫の前名であった織太夫を、
弟子の咲甫太夫に襲名させた。

新・織大夫は、もちろんただ座っているだけだから、
口上を述べたのは咲太夫師ひとり。・・意外なくら
い、あっさりと、でも感慨深い口上ではあった。

「摂州合邦辻」。これは大昔に歌舞伎で見た印象が
強い演目だ。その時、玉手御前を演じたのは尾上梅
幸丈、合邦は市村羽左衛門丈だった・・・
(調べたら昭和60(1985)年!・・・やだねー)

“年月揃った女の生き血”ってのは、落語の「肝つぶ
し」の原型かと思うが、なんだか気味の悪い話で好
きになれなかったのだが・・・。

これが、人形だと、案外抵抗なく受け入れられてし
まうのは不思議。生き血の件ばかりでなく、継子へ
の横恋慕という道ならぬ恋も、逆に応援したくなる。

玉手の母は言う・・「二十歳そこらの色盛り、年寄っ
た左衛門(玉手の夫)様より、美しいお若衆様なら、
惚れいでなんとするものぞ」。

いいなぁ、これ。不倫の肯定じゃん!?

中段を語る咲太夫師に、さっとお茶を置いたのは、
新・織太夫・・・次が出番だから、さすがに片付け
は別の方だつたけれど。

そして、ラスト30分超のくだりを、その新・織太夫
師が飾る。襲名披露にふさわしい、力の入った良い
語りだった。・・・満足、満足。



居続けで第二部へ。
「良弁杉の由来」。これもまた、歌舞伎で見た記憶
がある。良弁を演じたのは十七世中村勘三郎丈・・
昭和58(1983)年、国立劇場。

良弁は、30歳そこそこで僧正になった秀才という設
定だが、当時すでに70歳以上だった勘三郎丈を、そ
の年齢の青年僧と見るのは、なかなか難しかった。

大鷲にさらわれた幼子は、奈良・東大寺の杉の木に
置き去られて一命をとりとめ、長じてその寺の僧と
なる。

一方、我が子を探し求める母は、狂乱の末に、この
良弁僧正の噂を聞きつけ、我が子では?と思う。

東大寺二月堂の大杉の前で、30年ぶりに巡り合う母
と息子・・親子の情は、いつの時代も同じである。

冒頭の志賀の里の場面で、舞の伴奏に「八雲」とい
う古楽器?が用いられる。初めて見た。四角い箱の
ような形で、上部に二本の弦が張られている。二弦
の琴である。

文楽の技芸員さん、こんな珍しい楽器も弾けなきゃ
ならないんですねぇ。大変。

そして、二月堂の場面、舞台中央に設えられた大杉
の葉が、どうやら“本物”らしいのに驚く・・もっと
も、後の休憩時間に、「あれ、杉じゃなくて、ビャ
クシンだ」って、誰かが言っていたけれど。
(どっちだっていいよ、と突っ込みたくなった)

     0110.JPGこれは現在の良弁杉。後ろは二月堂。1/10撮影

「傾城恋飛脚」。昨年2月の東京公演で見ているが、
その時はこの「新口村」は出なかった。

心中覚悟で忠兵衛の故郷に落ちてきた梅川・忠兵衛
が、よそながら父・孫右衛門に別れを告げようとす
る。

思いがけなく、ふっと出会ってしまう忠兵衛と孫右
衛門・・・互いに合いながらも、様々な義理としが
らみで、親子として向かい合うことが出来ない。

ふたりの心を知り、なんとかしたいと願う梅川・・
目隠しして抱き合う父と子の、その目隠しをそっと
ほどく。

義理もしがらみも、父子の情を越えることはない。

追手到着の知らせに、抜け道を教えてしまう孫右衛
門・・・しかし、忠兵衛と梅川には、もはや未来は
ない。

中盤から後半、呂勢太夫、文字久太夫の両師による
語りと、それをより一層盛り上げる三味線が、父子
の情を、切々と歌い上げた。

母と子、父と子、親子二題の、第二部だった。
posted by JTm at 14:05| 文楽 | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

2018.1.7 新春天空狂言@大槻能楽堂

2018.1.7 新春天空狂言 第一部・第二部

第一部演目
「舞初式(まいぞめしき)」
     茂山千五郎、茂山七五三、茂山あきら、茂山千三郎、
     茂山宗彦、茂山 茂、茂山逸平、茂山童司
新春トーク    茂山宗彦
  (休   憩)
狂言「縄綯(なわない)」
     太郎冠者=茂山千作、主人=千五郎、
     何某=あきら   後見=島田洋海
狂言「髭櫓(ひげやぐら)」
     男=七五三、女房=茂、近所の男=丸石やすし、
     女房たち=宗彦、逸平、童司、増田浩紀
     地謡=千三郎、島田、鈴木 実、山下守之  後見=あきら
附祝言「猿唄」  茂山千三郎、島田洋海、鈴木 実、山下守之

第二部演目
新春トーク   茂山童司
狂言「犬山伏(いぬやまぶし)」
     山伏=茂山千三郎、僧=茂山あきら、
     茶屋=茂山七五三、犬=島田洋海  後見=鈴木 実
  (休   憩)
「那須の語(なすのかたり)」  茂山逸平
狂言「首引(くびひき)」
     親鬼=茂山千五郎、鎮西ゆかりの者=茂山宗彦、姫鬼=童司、
     眷属鬼=茂山 茂、島田、増田浩紀、丸石やすし  後見=あきら
附祝言「猿唄」  茂山あきら

昨年までの会場だった大阪能楽会館が、年末で
閉館となったそうで、今回から会場も日程も変
更になった。

おかげで、行きたいと思いつついつも休館だっ
た、大阪市立東洋陶磁美術館を見ることが出来
たが・・・なかなか忙しい。

開場5分前に着いたら、もう、待ってる人多数。
三が日よりその後の連休の方が、出かけやすい
という人が多いのかな。

「舞初式」。ここ数年の恒例だが、今回は、千
作師に替り、新・当主、千五郎さんが「鎧」を
謡う。名実ともに世代交代。

宗彦さんのトークは、いつもながら軽妙に。休
憩時間には、舞台に掛けられていた三柱の神様
の名を書いた掛軸を、苦労して?外すパフォー
マンス?まで披露。
       0107.JPG

「縄綯」。博打の借金のかたに、何某に譲られ
てしまった太郎冠者、もとの主人のもとに帰り
たくて、まったく仕事をしない。

呆れかえった何某は、やはり金で返せと催促。
困った主人は太郎冠者をいったん戻し、仕事を
させるから・・・と。

こんな薄情な主人なのに、太郎冠者はなぜ、そ
んなに慕うのか・・と、現代感覚では思えてし
まうのだが。

太郎冠者にとってこの主人は、子どものころか
ら面倒をみて来た、息子のような存在なのかも
しれない・・って、演じているのは本当の親子
だけれど。

「鬚櫓」。髭自慢の男が、その髭のおかげで、
宮中の行事の大役を仰せつかる。しかし、名誉
職なので準備にかかる費用はすべて持ち出し・
・・と、聞いた女房は、怒り心頭。

そんなものは断って!というのだが、男は聞か
ず、女房を打擲。

ここで、黙って泣き寝入りなんかしないのが、
狂言の女房・・・仲間を募って、総攻撃に・・・

名誉な仕事だと、採算など度外視して喜ぶ男と、
あくまで実生活を基本に考える女・・・なんか
今でもよくありそうなシチュエーション。

ちょっと違うかもしれないが、昔TVで見た、
ソフィア・ローレンの映画を思い出した。
(『昨日・今日・明日』デ・シーカ監督、1963)

地謡の4人がそのまま残って、「猿唄」で終演。

合間に、今夜のお宿にチェックイン。市営地下
鉄一日乗車券・エンジョイエコカードが大活躍。

第二部は、童司さんのトークから。
お母上の、七草のゆで汁に爪をひたすという習
慣について話してくれた・・・会場の全員?が、
ポカーンだったけれど、これ、「七種爪(なな
くさづめ)」という邪気を払う習慣だそう。

知らなかったなぁ!

「犬山伏」。今年の干支にちなんだ演目。茶屋
で鉢合わせした僧と山伏が、経と呪文で、人喰
犬(!)を懐かせる技を競う。

実は、これ、傲慢な山伏を懲らしめようと、茶
屋の亭主が仕組んだこと。僧には、こっそりと、
トラという言葉のある経を読むように言う。

犬の名は、トラというのだ。

この「トラヤートラヤー」と繰り返されるお経
が本当にあるというのは、以前に調べて分かっ
たこと・・・「大悲心陀羅尼」という、禅宗で
よく読まれる経だそうだ。

「那須の語」。能「屋島」の替間(かえあい)
を独立して演じるもので、内容は、お馴染み、
那須与一扇の的の一件である。

普通、能の中で狂言師が務める間は、立ったま
まの語りであることが多いが、この那須の語は、
仕方話・・3人の人物を、居所を変えつつ語り
分ける・・というのは、今回、童司さんの冒頭
の解説で初めて知った。

今まで何度も見てるのに・・我ながらナサケナイ。

「首引」。鎮西にゆかりの者(というが、鎮西
八郎為朝と解釈してよい、というのが、童司さ
んの解説)が、播磨の印南野(現加古川市)を
通りかかり、鬼と出くわす。

鬼は、娘の姫鬼に、「人間の喰い初め」をさせ
ようと考えるが、さすがに豪胆な鎮西八郎、力
比べで負けたら、潔く喰われようと、交換条件
を持ち出す。

姫鬼はしかし、このイイ男に一目ぼれ・・さて
勝負の結果は?

何度も何度も、「イイ男」と言われる役・・宗
彦さん、とっても楽しそうですねぇ。

力比べ三種は、腕押し、脛押し、首引。腕押し
は今でいう腕相撲のようだ。

首引は、互いの首に帯を掛けて引き合う勝負・・
確か、鳥獣戯画の中にも描かれていたはず。
・・・狂言の歴史の長さを感じるねぇ。


この大槻能楽堂は、毎年、能の公演で舞台開き
をするそうで、天空狂言の三が日の開催はもう
無理のようだ。・・ちと残念ではある。

でも、やっぱり、これがないと春が来たような
気がしないよな。
posted by JTm at 14:07| 狂言 | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

2018.1.5 小辰の十三ヶ月・最終公演@日本橋社会教育会館

2018.1.5 小辰の十三ヶ月・最終公演~小辰のお正月~

演目
入船亭小辰      (ご挨拶)
春風亭一花      元犬
入船亭小辰      高砂や
柳家小満ん      羽衣
  (仲 入 り)
入船亭小辰      明烏

昨年1月に始まったこの会も、いよいよ大団円。
与太郎小噺じゃないが、一年は13ヶ月なのだ。

「毎回おいでいただいた方も・・」との、小辰さ
んの挨拶。残念ながら、わたしは3回欠席です。

一花「元犬」。戌年のお正月にふさわしく。やや
短縮版のような気もするが、シロくんの可愛らし
さが際立っている。

小辰「高砂や」。「好きだけどウケない」と後の
噺のマクラで言っていたが・・うん、そうかもね。

だからと言って、ウケ狙いのくすぐりを散りばめ
すぎるのもどうかと思うので、隣の女房が味噌こ
し持って登場する、今程度に止めておいて欲しい。

ゲスト。小満ん「羽衣」。別名「羽衣の松」。ちょ
うど一年前に、らくだ亭で聞いている。

格調高く話していた天女が、急に世話にくだけて
伝法な口調に変わるのが、すごく楽しい。

いくつかのサイトで調べてみたが、この噺、ほと
んど志ん生師匠しか演っていなかったらしい。た
だ、志ん生師の噺には、このべらんめぇ天女は出
てこないようで・・・

してみると、この部分は小満ん師の工夫なのかな?
「三人吉三」のことや、欄間の天女を読んだ川柳
に触れたマクラも、小満ん師ならではの楽しさ。

小辰「明烏」。久しぶり・・2015年以来だ。

ただ、この噺、暮れに正太郎・市弥両人で聞いた
印象が強く残っていて、小辰さんには申し訳ない
が、ちょっと不利だったねぇ・・という感じ。

それでも、年配者・・父親・茶屋の女将・遣り手
・・の表現については、一日の長あり・・と、見た。

来月2月は休むけど、3月からはこの同じ会場で、
「小辰の寸法」という新しい会が始まる・・・お
江戸日本橋亭から、一歩前進。
posted by JTm at 09:39| 落語 | 更新情報をチェックする