2018年01月13日

2018.1.12 春船三人集ジャイのび新春合同公演@日本橋社会教育会館

2018.1.12 春船三人集ジャイのび新春合同公演

演目
「新春ご挨拶口上」
  (下手から)正太郎、市童、小辰、市弥、一蔵  
金原亭駒六       不精床
柳亭市弥        湯屋番
入船亭小辰       蝦蟇の油
春風亭正太郎      片棒
  (仲 入 り)
春風亭一蔵       厩火事
柳亭市童        夢金

「口上」。正太郎さんの司会で、今年の抱負をひとり
ずつ・・のはずだったが、結局、ぐずぐずに。

「ん十年後は、協会幹部として、真打披露口上にこの
メンバーで並ぶ」と、何人か言っていたが、十分に考
えられる・・・こうなりゃ、それまで生きてやる(笑)

後半は、出番順決め・・結局、一蔵さんが仕切ったね。
トリに指名された市童さんの、困惑顔がなんとも気の
毒千万・・・一番後輩だから逆らえない。

駒六「不精床」。暮れにも赤坂で聞いた。・・・馬生
師匠からちょっとずつ離れて来てるかな。

市弥「湯屋番」。半分くらいは、最近、取り組んでい
る?食レポの話題で、本篇は短縮版だったが、これが
すごーく面白かった・・・暮れに聞いた、馬石師を思
い出しちゃった。なんか、吹っ切れた?

小辰「蝦蟇の油」。こちらも暮れに聞いたが、今回は
口上も危なげなく。酔っ払った蝦蟇の油売りが、なか
なか秀逸。

正太郎「片棒」。個人的印象では、春風亭のお家芸と
いう感じ・・一朝師だけでなく、正朝師匠もなさるの
だろうか。

山車の人形になった親父さんの表情のおかしさ、人形
振りの上手さに感心。最後にうっそりと登場する三男
坊は、絶対に、お家乗っ取りのためのケチ芝居だな。

一蔵「厩火事」。最初の口上の時、「歩く騒音公害」
とか言われていたが、まさにそのまんまのお埼さん。

口では「別れたい」と言いつつ、本当は止めて欲しい
という思いがよく分かって、いつもよりは肩入れ出来
たかな・・・好きになれない女なのは一緒だけど。

市童「夢金」。悩みつつ選んだ演目のようだが、どう
してどうして、立派なものでした。

しかしねぇ・・・ホント、年、いくつ?

昨年10月の大須演芸場を第一回とする“合同公演”、こ
れからもたびたび開かれそうな???
楽しみにしてるよー。
posted by JTm at 19:27| 落語 | 更新情報をチェックする