2018年01月14日

2018.1.14 えいげき亭@深川江戸資料館

2018.1.14 第5回 えいげき亭 新春三人会

演目
笑福亭茶光       色事根問
笑福亭べ瓶       時うどん
柳亭こみち       転宅
  (仲 入 り)
三笑亭夢丸       山崎屋
映画「はったり青年紳士」予告編
夢丸&こみち&べ瓶   (アフタートーク)

CSで放送している「幻の蔵出し映画館」という番
組とのコラボ企画だそうで、トリの夢丸師には、次
回放送の映画の内容に近い“古典落語”を、とのお題
が出ているそうな。

プログラム見て、「おっ、夢丸師、シネマ落語か!?」
と思ってしまったが、どうやら早とちりだった。

というわけで、ごくフツーの落語会です、はい。

茶光。暮れの小満ん師匠の会でも拝見した。「色事
根問」。隣席が小さなお嬢さんだったので、「!」
と思ったけれど、ずっと、すやすやとお休みだった
・・・つられて、こちらも・・・。

サゲは、「お前は取っ手の取れた鍋・・どうしたっ
てモテない」というもの。これ、初めて聞いたかも。

べ瓶。上方落語が続く。「時うどん」は上方らしさ
満載の、ふたりバージョンで。

これはやっぱり、上方弁で聞かないとね・・・爆笑。

こみち。客層を図りかねている様子。確かに、落語
を(ナマでは)聞きなれていない感じの人が多かっ
たように思う・・・反応の仕方が、ちょっと違う。

少しでも温めようと小噺をいくつか並べたが、反応
が今ひとつ。・・泥棒と仁王の小噺、サゲの前に、
拍手が来ちゃったしなぁ。

なんとなく中途半端なままに、「転宅」へ。冒頭で、
義太夫は「語る」ということを、かなり強調してい
たものの、仲入り休憩時に聞こえてきた会話では、
あまり通じてなかったような気が・・・。

夢丸「山崎屋」。夢丸師のこの噺はお初だと思う。
くだんの映画との“共通点”は、「真面目な人だと思
われていた人が、実は、裏でとんでもないことをし
ていた」ことなのだそうだ。

映画を見てないから、なんだかよく分からない。

でもまぁ、この噺の番頭は、確かにトンデモではあ
る。おそらくこの山崎屋、遠からず乗っ取られるで
しょう・・・(笑)

前かたを見ていたからか、「三分で新造がつく」と
いうサゲを、最初にずいぶんと強調していたが、さ
て、ちゃんと理解されたのかどうか・・・?

三分というのが、お金のことだよってことも、一緒
に説明しておいた方が良かったみたい。

アフタートークは、映画の話・・のはずだったけど、
結局、こみち師のお祖父さんが、谷晃という名の、
映画の俳優さんだった・・ということだけが映画に
関連・・・あとは、まったく関係ない話題。

お三人の噺はちゃんと面白かったが、会場の雰囲気
があまりにアウェイで、もう、行かなくてもいいや
・・という感じ。どうもすいません。
posted by JTm at 19:28| 落語 | 更新情報をチェックする

2018.1.13 国立能楽堂普及公演

2018.1.13 国立能楽堂普及公演

演目
解説・能楽あんない
  「能・狂言の妖怪たち-人間との共存を廻って」
    三浦裕子(武蔵野大学・日本文学)
狂言「伯母ヶ酒(おばがさけ)」
    シテ(甥)=善竹富太郎、
    アド(伯母)=善竹十郎   後見=善竹大二郎
  (休   憩)
能「土蜘蛛(つちぐも)」
    シテ(前・僧、後・土蜘蛛の精)=廣田幸稔、
    ツレ(頼光)=種田道一、ツレ(胡蝶)=宇高徳成、
    トモ(従者)=山田伊純、
    ワキ(独武者)=福王和幸、
    ワキツレ(従者)=村瀬 提、矢野昌平、
    アイ(独武者の家人)=善竹大二郎
    囃子方 笛=槻宅 聡、小鼓=坂田正博、
        大鼓=亀井 実、太鼓=加藤洋輝
    後見=豊嶋幸洋、豊嶋晃嗣、工藤 寛
    地謡=熊谷伸一、坂本立津朗、田村 修、金剛龍謹、
       元吉正巳、宇高通成、遠藤勝實、宇高竜成

冒頭の解説で、妖怪という言葉は明治以降に使われ
るようになったこと、古代~中世においては、時の
為政者に従わず隠れ住む者たちを、異界のものとみ
なすこと・・などが語られた。

そう言えば、大江山の酒呑童子を、宇宙人とした、
SFを大昔に読んだ気がする。

「伯母ヶ酒」。酒造りを商売にする伯母は、ことの
ほかケチで、身内の甥にも、味見すらさせてくれな
い・・・呑みたくてたまらない甥は、一計を案じ、
鬼に化けて伯母を脅し、まんまと入り込むが・・・

最初に、「近所に鬼が出たから気をつけて」などと、
ニセ情報を伝え、鬼の面もあらかじめ用意しておく
周到さなのに、呑んでしまえば・・大失敗。

ホント、酔っ払いはしょうがない。

出演者ふたり、そして後見座の大二郎さん・・親子
三人共演なんだけど、息子さんふたりとお父上の、
体格の差がとても大きく・・いかなる遺伝のなせる
技か?

「土蜘蛛」。昨年11月に、黒川能でも見た。
黒川能のそれと、ストーリーはほぼ同じだが、断然、
派手である。

蜘蛛の精が投げる糸の量が、もう半端じゃない。

舞台上も、出演者の方々も、真っ白になるくらい・・
果ては、客席にまで流れている。
(今回の席は中正面だったので、わたしのところまでは来
なかったが、次回、見る機会があれば、ぜひとも正面席前
方に座りたいものだ。)

ただ、冒頭の解説を聞いたせいか、このスペクタク
ルを、なんとなく素直には楽しめない。

自分に従わず、隠れて住んでいる者たちを、為政者
は許さないのだ。力づくで排除しようとする。

人間の歴史は、戦争の歴史。

この曲の物語は、ある意味、それを肯定しているよ
うだ・・・だから、単純には喜べないのだ。

面白いことは面白かったけれど、色々と考えさせら
れたのもまた事実である。
posted by JTm at 10:01| | 更新情報をチェックする