2018年01月20日

2018.1.19 月例三三独演@イイノホール

2018.1.19 月例三三独演

演目
柳家三三       湯屋番
  〃        天災
  (仲 入 り)
柳亭市弥       金明竹
柳家三三       安兵衛道場破り
          (三味線:長澤あや)

行けなくなった友人にチケットを譲っていただいて、
久々のイイノホール、久々の月例。

三三の前半二席。
「湯屋番」。おそらく数年ぶりの遭遇。若旦那のちゃ
らんぽらんぶりが、以前よりパワーアップした感。

「天災」。2015年に三三・左龍の会で聞いて以来。

うーん、一朝師匠ほどの突き抜けた明るさはないし、
文蔵師匠ほどパワフルでもないし・・・向き、不向
きという点から言えば、あまり向かないかも?と、
思わざるを得ないかなぁ・・・。

八五郎に小ズルさが感じられちゃう・・この男、馬
鹿で喧嘩っ早いけど、ズルイ奴ではないと思うんだ
けど。(ずるくなれるほど賢くないとも)

市弥「金明竹」。先日の湯屋番のはじけっぷりが楽
しかったので、期待していたのだが。

言い立てが、早口にこだわり過ぎて、ちゃんと聞き
取れない・・・仲買の弥一の名は、4回とも分から
なかった。

なので、後半、おかみさんがその名を出すことに、
すごーく違和感がある。

三三「安兵衛道場破り」。一昨年の暮れにやはり、
三三・左龍の会で聞いている。

こちらは、男気があるのか、こすっからいのかよく
分からない宿の亭主の造形が楽しくて、こういう人
物を演らせたら上手いよなぁ・・と思ってしまった。

前回聞いた時、昔のTV時代劇を思い出したと書い
ているが、これ、「ぶらり信兵衛道場破り」という
番組。1973-74年に、高橋英樹主演で放送された。
(Wikiによる)

ただ、原作は山本周五郎の小説「人情裏長屋」との
ことなので、この講釈ネタとの関係は不明。
posted by JTm at 10:45| 落語 | 更新情報をチェックする