2018年03月22日

2018.3.18 柳家小里ん独演会@池袋演芸場

2018.3.18 柳家小里ん独演会

演目
柳家小ごと      道灌
古今亭志ん吉     不精床
柳家小里ん      ろくろ首
  (仲 入 り)
二ッ目昇進 柳家小多け改メ
柳家小もん      初天神
柳家小里ん      居残り佐平次
          (三味線:千葉しん)

小里ん師匠が定期的に池袋で開催している独演会・・
恥ずかしながら、初参加です。

小ごと「道灌」。先日の三三・左龍の会に続き。あと
から小里ん師が、「あたしの道灌とほとんど一緒です」
と。小三治⇒小里ん⇒小三治門下のほぼ全員という順
で伝わったとか。

志ん吉。この会でずっと出番を貰っていたが、小多け
さんが二ッ目になったので、この日が“卒業公演”。
「不精床」。最後くらいは師匠から教わった噺を・・
との前置き通り、志ん橋師匠そっくり!

仲入り後、聞きなれない出囃子がひびき、幕が上がっ
たがめくりがない・・・え?と思ったら、小もんさん!

その出演は告知されていなかったので、嬉しい驚き。
この日から二ッ目昇進・・真新しい黒紋付、まさにピッ
カピカ。良い色合いです。

「初天神」。ちょっと急ぎ気味ではあったが、凧上げ
まで通して。一生懸命さが伝わって来る、初々しい高
座だった。

終わった後、座布団を返しそうになったのは、ま、ご
愛敬ということで。みんな、やりますね、一度は。

小里ん「居残り佐平次」。小里ん師のこの噺はお初だ
が、いかにもちゃきちゃきの江戸っ子らしい、スカッ
とした噺。サゲは、セオリー通りの「おこわにかける」
でした。
posted by JTm at 15:10| 落語 | 更新情報をチェックする

2018.3.21 古今亭菊志ん独演会@お江戸日本橋亭

2018.3.21 古今亭菊志ん独演会

演目
「謎の女?」     (ご挨拶と諸注意)
金原亭乃ゝ香     たらちね
古今亭菊志ん     名人長二(一)
  〃        名人長二(二)
  (仲 入 り)
古今亭菊志ん     名人長二(三)

ご挨拶と諸注意・・こんなん、出ましたぁ!
  0321.jpg ※許可を得て撮影しています。

乃ゝ香「たらちね」。落語と言うよりおはなし会み
たいな・・でもそれぱいいんです、前座さんなんで
すから。気になるのは、かみしもを振るたびに、顔
の左に掛かる髪の毛。なんとかしなさい!

菊志ん「名人長二」。
(三遊亭圓朝=作、古今亭菊志ん=脚色)

プログラムでは上下二篇との記載だったが、前半に
一度、休憩(演者の)が入ったので、一・二・三と
記しておく。

口演時間は、一=42分、二=21分、三=28分。全
部で1時間半ほどだった。

菊志ん脚色を強く打ち出したのは、仲入り後の後半
で、長二と亀甲屋夫婦の対決を大詰にして、原作と
は異なる悲劇的な結末としている。

物語の筋だけをたどると、かなり“重い”感じのドラ
マだけれど、その分、脇の人々を、ごく戯画的に描
く(湯河原の宿の老女中とか)ことで、落語的世界
に留まっているかな・・という印象だった。

原作のコジツケ的でしかも、ご教訓的な結末に比べ
ると、菊志ん師のこの運びは、ある意味、とても現
代的と言えるかもしれない。

圓朝作品を後世に伝える、ひとつの試みと言ってよ
いのではないだろうか。
posted by JTm at 09:41| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

2018.3.18 三三・左龍の会@内幸町ホール

2018.3.18 第87回 三三・左龍の会

演目
三三&左龍      (オープニングトーク)
柳家小ごと      道灌
柳家三三       幇間腹
柳亭左龍       王子の狐      
  (仲 入 り)
柳亭左龍       松山鏡
柳家三三       穴泥 

例によって、オープニングはオフレコ話のオンパ
レード。でも残念ながら、わたしが気にしていた
話題はありませんでした・・(ま、当然でしょう)

小ごと。一琴門下。寄席で二度ほど遭遇している
が、見るたびに、芸人さんらしい雰囲気になって
行く。噺は「道灌」・・大きな声で元気よく。

三三「幇間腹」、ここのところ立て続けに掛けて
いるらしいが、わたしは久々・・・2012年以来
かな?

だいぶ“基本”を逸脱して、寄り道沢山、笑いの多
い噺に。お茶屋の女将と幇間の一八が、ともに、
すごいおしゃべりで、どうでもいいことを、早口
でまくしたてる・・・。

これ、妾馬の冒頭と同じ手法ですね・・三三師な
らではの、舌の回転の速さ。

左龍の二席。
「王子の狐」。今回のネタ出し。
本篇も結構だったけれど、マクラで言っていた
「憑き物分布」が気になる・・・

民俗学の一分野として、確立しているらしい・・・
知らなかった・・・

「松山鏡」。左龍師のこの噺はたぶんお初。のん
びりした雰囲気が、演者のニンに合っている。
後半、庄助夫婦の喧嘩場面で、もっと顔芸を炸裂
させるかな?と思ったが、意外におとなしく・・
わたしはこの方が好き。

三三「穴泥」。今回のネタ出し。
一席目の機関銃的早口のセリフ回しが嘘のように、
とつとつと語っていたという印象。

初演ではないはずだが、久々だったのかな?
しかし、この噺には、こんな語りがふさわしいか
もしれない、と感じた。

這い出して来た赤ん坊をあやす泥ちゃん(と言っ
てよいのか?)の人の好さが好感。

出演者ふたりの仲の良さが、時にマイナスに感じ
られてしまうこともあるこの会だが、今回は、良
い方向に向かったようで、余は満足ぢゃ。    
posted by JTm at 13:23| 落語 | 更新情報をチェックする