2018年03月11日

2018.3.10 狂言と落語で楽しむ「宗論」@横浜にぎわい座

2018.3.10 狂言と落語で楽しむ「宗論」

演目
解説          布目英一(にぎわい座チーフプロデューサー)
開口一番・落語「骨皮」 春風亭きいち
落語「宗論」      春風亭一之輔
狂言「宗論」(和泉流) 浄土僧=石田幸雄、法華僧=高野和憲、
            宿の主人=野村太一郎   後見=内藤連
  (仲 入 り)
対談          石田幸男&春風亭一之輔
            司会=布目英一
                (三味線:千葉しん)

にぎわい座の新企画である。
落語と狂言をメインとするこんなブログを書き綴る
者として、見逃すわけには行きませぬ。

いつもは客席通路から、諸注意を告知する布目氏が、
舞台上に登場・・・同様の注意の後、そのまま、今
回の企画の解説に。

落語の「宗論」は、益田太郎冠者が狂言から翻案し
たものとのこと。

益田氏は、三井の大番頭、鈍翁と呼ばれた益田孝の
息子で、男爵。自らも実業界で活躍するかたわら、
演劇・文芸を趣味とし、様々な分野の芸術家を支援。
さらに、自分でも喜劇などの脚本を書いた。

落語では、「宗論」以外にも「かんしゃく」の作家
として知られる。

今回は、その益田太郎冠者翻案の落語と、元ネタで
ある狂言の競演だ。

まずは前座から。
きいち「骨皮」。「金明竹」の前半だけ。仲入り後
の対談の時の布目氏の言によれば、どうやら主催者
側からの依頼であったようだ。

同じ「骨皮」という演目が、狂言にもある。

きいちさんの松公は、ただのお馬鹿というより“怒れ
る”与太郎で、師匠である一之輔師の「かぼちゃ屋」
の与太郎を思わせる。

一之輔「宗論」。一之輔師のこの噺は、あまり記憶
にない。一朝師や正朝師、玉の輔師がよく演ってい
るところを見ると、春風亭ではポピュラーな噺なの
だろうけれど。

耶蘇教信者の息子が、その話を聞きに行った神父の
名が、「パーチモン・ルイ・ヴィトン」・・パチモ
ン、パチモノとは、「偽物」の俗語である。

最後、新入りの飯炊きは、メッカの方向を尋ねる・・・
どうやら、この家には、世界三大宗教がそろったよ
うである。

狂言「宗論」。和泉流で見るのはお初だが、大蔵流
と大きな違いはないようだ。

旅で道連れになったふたりの僧、実は仲の悪いふた
つの宗派の僧であった。若くて真面目な法華僧を、
年上の融通無限な浄土僧が、「ちとなぶってやろう」

まるで子どもの喧嘩のような、数珠の「いただかせ
合戦」、法論のはずが、なぜか食べ物の話題になっ
てしまう「宗論」・・・果ては、互いの念仏とお題
目を取り違える始末・・・

落語「宗論」では、毎度「違うじゃん!」と思って
しまう「宗論はどちが負けても釈迦の恥」という言
葉・・・この狂言では、まさに!と思わせる。

後半の対談の中で、石田師が、「狂言は和解して終
わるんです」と言っておられたのが印象的だった。

どうやらこの企画、来年度も続けたいらしい。確か
に、落語と狂言で共通の、あるいはよく似たところ
のある演目は多いから、何回かは続くだろうけれど・・

ただ、そのためには、後半の“対談”の企画を、もう
少しグレードアップする工夫が欲しい。それがない
と、毎回、同じ話になっちゃいそうだから。

ちなみに、落語と狂言(と講談)の会は、国立能楽
堂でも年一のペースで行われているし、「落言」の
会もあるし、鈴本でも二度ほどやった(残念ながら
見ていないが)し・・・結構、やっているのですよ。

ただ、直接的に同じ演目をぶつけるのは、今までは
あまりないようで、そのあたり、次回以降にも期待
したい。
posted by JTm at 12:37| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

2018.3.8 雲一里@日本橋劇場

2018.3.8 第2回 雲一里 

演目
桃月庵はまぐり      つる
柳家小里ん        明烏
  (仲 入 り)
五街道雲助        あくび指南
春風亭一朝        おせつ徳三郎
        (三味線:たぶん、太田その)

降り続く雨の中、なぜか若い女生徒?の団体が2階
席に・・・どういうお客さんなのか?摩訶不思議。

はまぐり。二ッ目昇進まであと二週間足らず。そう
思って見ると、なんとも晴れやかなお顔。

「つる」。八っつぁんがご隠居をこき下ろしたり、
つるの名の由来を語ったご隠居が、妙に照れくさそ
うだったり・・まるっきり、白酒テイスト。

小里ん「明烏」。小里ん師のこの噺は、たぶんお初。
源兵衛太助両人を「白無垢鉄火の巾着切り」と評し
たのは、いったいなんのこっちゃ?という感じ・・・

調べたら、白無垢鉄火=表面は真面目そうだが、内
実は不良な者・・だそうです。ひとつ利口になった。

その他にも、聞きなれないくすぐりが散りばめられ
ていて、楽しい噺だった。

雲助「あくび指南」。いつもながら、奥伝の茶席の
あくびの見事さよ・・いつ、したんですか!?

寄席のあくびは、「覚えて実際に寄席でやった人が
いて、大喧嘩になりけが人が出た」そうで・・その
時、高座にいたのは、もしかして、あの方?

一朝「おせつ徳三郎」。普通は通しで演ると1時間
はかかるので、端折りながら・・とのお断りで。

前半の「花見小僧」の部分を、かなり端折っていた
ようだ・・・その部分は、4月のらくだ亭でネタ出
しされてるから、そっちで聞こう。

後半、刀屋の店に徳三郎と主人がいるところへ、町
内の鳶頭が、捜索隊を率いてやって来る。徳三郎が
いることに気づかないまま、鳶頭が経緯を語り、そ
れを聞いた徳三郎が、鳶頭を突き飛ばして、脱兎の
ごとくに駆け出していく・・・

なんか、芝居の一場面を見ているような臨場感。

徳三郎が身を寄せている伯父の家が、深川の冬木町。
徳三郎は、おせつが自分のところへ来ようとしてい
ることを悟り、新大橋を渡って、二ッ目(これは数
というより地名です)の角を右へ・・・

このあたり、わたしにはお馴染みの地名。頭の中で、
つい、地図をたどってしまった。

入口で渡されたチラシの中に、次回の案内が入って
なかったんだけど・・・
第3回、ありますよね?いたちやさん。
posted by JTm at 10:10| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年03月08日

2018.3.7 国立能楽堂定例公演

2018.3.7 国立能楽堂定例公演

演目
狂言「音曲聟」(大蔵流)
  シテ(聟)=茂山逸平、
  アド(舅)=茂山七五三、アド(太郎冠者)=茂山宗彦、
  アド(教え手)=茂山千三郎     後見=井口竜也
  (休   憩)
能「千手」(金春流)
  シテ(千手の前)=髙橋 忍、ツレ(平重衡)=山井綱雄、
  ワキ(狩野介宗茂)=安田 登
  囃子方 笛=一噌幸弘、小鼓=幸 信吾、大鼓=谷口正壽
  後見=横山紳一、井上貴覚
  地謡=渡辺慎一、山中一馬、本田布由樹、金春安明、
     中村昌弘、辻井八郎、内田善昭、本田芳樹

「音曲聟」。聟入りの行事を控えた聟が、その作法を
教わりに来るが、教え手は、いたずら心を起こし、と
んでもないことを教えてしまう。

この人、悪い人ではないらしい。現に、冒頭で聟殿も
「いつも世話になっている」と言っているし。

じゃ、なぜ、こんないたずらをしたのか?
どうやら、もの知らずの聟が、「あなたは何度も聟入
りしているから」と言ったのに、カチンと来た・・?

聟入りというのは、結婚して初めて舅の家に挨拶に行
く行事。それを聟殿は、舅の家に行くのはすべて聟入
り・・と勘違いしたのだ。

でも言われた方にしたら、「あんたは何度も嫁さんを
取り替えてるから」と言われたように感じたのだろう。

「当世風は、会話をすべて謡でやるのだよ」と・・・

さて、舅の家。謡で話をする聟殿に、舅も太郎冠者も
大いに困惑・・・しかし、舅は言う。
「聟殿は、生真面目な人だから、たぶん誰かにからか
われたのだろう・・しかし、それを指摘したら、かえっ
てこちらがもの知らずと思われる」

というわけで、聟殿に合わせて、謡で会話・・なんか、
落語の「豊竹屋」みたいだなー。

かくて、新しい聟入りの作法が出来上がったのだ(笑)

「千手」。2015年に宝生流で見ている。
解説書を見たが、流派による違いはあまりないらしい。
『平家物語』に取材した物語である。

一の谷の戦で捕らえられた平重衡は、鎌倉に護送され
て、狩野介宗茂に預けられている。

幽閉の身、ましてや自らの罪業(特に南都焼き討ちの)
を悔いる重衡は、鬱々と日々を過ごしているので、狩
野介はこれを慰めようと酒を勧める。

そこへ、頼朝の命で、重衡の世話をする女・千手前が、
琴と琵琶を持ってやって来る。

千手前は、重衡を慰める舞を舞い、どんなに思い罪を
犯した者でも、聞けば天神の守護を受けられるという、
菅原道真の詩を詠じる。

千手前の優しい心に、重衡の心もなごみ、ふたりは琴
と琵琶で合奏・・・しかし、その一夜が過ぎて、重衡
はふたたび、都に護送されることに・・・

南都焼き討ちで興福寺、東大寺を始め、有力寺院を悉
く敵に回した重衡は、やがて、その南都の衆徒の手に
よって、斬首されることになる。

千手前との一夜・・・死に行く重衡にとって、それは
どのような意味を持つものだったのだろうか。

二度目なので、物語の大筋はなんとか理解。しかしな
がら、先月の「熊野」同様、動きが少なく、ほぼ謡だ
けで綴られて行くので、やっぱり、眠気との戦いに・・・

ホント、難しい。やれやれ。
posted by JTm at 10:46| | 更新情報をチェックする