2018年03月05日

2018.3.4 立合狂言会@宝生能楽堂

2018.3.4 第四回 立合狂言会・東京公演

演目
ご挨拶と解説        野村万蔵・茂山千三郎
              +山本則秀
小舞競演「府中」      万蔵&千三郎&則秀
狂言「樋の酒(ひのさけ)」(和泉流・三宅狂言会)
        太郎冠者=三宅右矩、次郎冠者=三宅近成、
        主人=高澤祐介    後見=万蔵
狂言「樋の酒(ひのさけ)」
     (大藏流・山本東次郎家/茂山千五郎家)
        太郎冠者=山本則孝、次郎冠者=山本則秀、
        主人=茂山千三郎   後見=鈴木 実
  (休   憩)
狂言「水汲(みずくみ)」(和泉流・狂言共同社)
        新発意=鹿島俊裕、
        女=井上松次郎    後見=万蔵
狂言「御茶の水」(大蔵流・茂山千三郎家)
        新発意=島田洋海、老僧=千三郎、
        女=鈴木       後見=則秀
  (休   憩)
狂言「仁王」(大蔵流・善竹十郎家)
        博奕打=善竹富太郎、善竹大二郎、
        参詣人=則秀、島田、近成、井上、鈴木、高澤、
        足の悪い参詣人=万蔵   後見=千三郎
附祝言「猿唄」   出演者全員

昨年行って、とっても面白かった狂言会・・昨年は
京都公演まで行ってしまったが、今年は東京のみ。
(残念ながら)

オープニングの解説は、“仕掛人”であるおふたりに、
山本東次郎家から、山本則秀さんが加わって、大名
の名乗りと、「柿山伏」の山伏を実演。

先祖が武士出身という山本家がいちばん固く、茂山
千五郎家はやわらかい・・お豆腐狂言だからね・・
和泉流の野村万蔵家はその中間、だそうで、その違
いが面白い。

中で、山本家の柿山伏は、舞台の脇柱を木の幹に見
立てて、それにつかまって演じる・・というのは、
ホントに驚いた。

やっばり、茂山家だけでなく、他家の公演も見に行
かなくちゃ。

今回は、よりいっそう違いが分かるようにとの配慮
で、同じ演目を和泉流・大蔵流で続けて上演。

まずは「樋の酒」。主人の留守に、召使のふたりが、
酒を盗み呑んで大宴会・・・という大筋は一緒。

三宅狂言会では、ふたりの召使は、米蔵と酒蔵の番
を命じられるものの、蔵からの出入りは自由。最初
は命じられた通り「米蔵を離れない」と、樋を使っ
て酒を呑ませて貰っていた太郎冠者が、酔うほどに
大胆になって、酒蔵へ・・・職務放棄。

これが大蔵流では、主人は酒を呑まれまいとして、
吞んべぇの太郎冠者を軽物(反物など)蔵に、下戸
の次郎冠者を酒蔵に閉じ込める・・・本当は、次郎
冠者も大酒吞みなのだが。

つまり、大蔵流では、最後までふたりは別々の蔵の
中・・・それでも、謡い、舞い、宴会を満喫。

そして、樋の形が、三宅家では半円形、大蔵流では
丸のままの竹という違いも。

「水汲」と「御茶の水」。題名は異なるが、ほぼ同
じストーリー。夕刻になって森の清水に水を汲みに
行ったいちゃという女に、新発意(しんぼち。見習
い僧)が、唄で言い寄る・・・

二流で、結末が真逆になる。
和泉流では、いちゃは新発意を寄せ付けず、水を掛
けて逃げてしまう。

大蔵流では、ふたりは仲良くなって、いい感じで連
舞を舞ったりしている。それを師匠である老僧に見
つかって怒られる(女犯の罪だ)と、逆ギレした新
発意が、老僧を投げ飛ばし、いちゃと手をつないで
去って行く。

大蔵流では、和泉流には登場しない老僧を出す。
・・・このことで、風刺的意味合いが強くなるよう
に思う。

なぜなら、新発意を叱る老僧は、弟子の監督不行き
届きということで、「自分も共に寺を追い出される」
と、そのことを一番心配しているのだから。

偉そうなこと言ったって、結局、自分が大事なんだ
なぁ・・・ということだ。

「仁王」。博奕ですってんてんになったふたりが、
仁王尊に化けて、お供物をいただいてしまおうとい
う、企み。

仁王に化ける善竹富太郎さん、堂々たる体格は、ま
さに仁王尊にピッタリ。

立衆の参詣人は、流派・家を越えてのオールスター
キャスト。こもごもに口にする願い事も、ケッサク。

最後に、ずっと裏方に徹していた万蔵師が、足の悪
い参詣人役で登場して・・・ぜーんぶ、攫って行き
ました。

そうそう、茂山千五郎家の「仁王」では、この足の
悪い参詣人と共に、他の参詣人たちも居合わせるの
だが、善竹十郎家では、他の参詣人とは別に、ひと
りで登場した。・・・同じ大蔵流でも、家によって
の違いもあるのだ。

最後は、恒例通り、全員での附祝言。謡のときのス
タイルが、扇を膝の上に載せて構える大蔵流に対し、
和泉流では、右手で持って膝前につく。
・・・こんなところにも、違いがあるのですね。

恒例、最後の記念撮影。
 IMG_2611.JPG 

仁王尊(中央)
 IMG_2608.JPG
posted by JTm at 11:27| 狂言 | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

2018.3.3 花形演芸会@国立演芸場

2018.3.3 第466回 花形演芸会

演目
柳家小多け      手紙無筆
春風亭朝之助     壺算
神田松之丞      (講談)ボロ忠売り出し
              (『天保水滸伝』より)
母心         (漫才)
三笑亭夢丸      身替り首
  (仲 入 り)
春風亭一朝      天災
翁家和助       (太神楽曲芸)
笑福亭たま      たち切れ線香(+PV「たち切れ線香」)
               (三味線:松本優子)

小多け「手紙無筆」。本篇はともかく、マクラに
振った江戸っ子小噺が、後で波乱(笑)に。

朝之助「壺算」。いつだったか、見番の一朝師匠
の会で聞いたのと同様、やたらとテンションの高
い、瀬戸物屋の男が大傑作。

松之丞「ボロ忠売り出し」。琴調先生で何度か聞
いているが、印象がかなり違う。松之丞さん、大
汗かいての熱演はいつも通りだが、このお話は、
さらっと、飄々とした感じが欲しいかも。

母心。福島で活躍中のコンビ。以前にも一度、こ
の花形で見ている。その時は、向かって左の嶋川
さんが女装で、歌舞伎ネタ?だったと記憶してい
るが、今回は、落語ネタ。

羽織ならぬ上着を脱ぐのは、ホンキートンクと、
どっちが先なんだろ? 嶋川さんが「するってぇ
と」を連発するのが妙に可笑しい。(ただこれも
小ゑん師匠がよく演っている)

夢丸「身替り首」。中島要=作と、プログラムに
ある。時代小説家らしい。師匠である先代夢丸師
が演じていたそうで、形見のお着物で。

仇と付け狙われる男が、自分にそっくりな男が身
投げしようとしているのを見つけ、どうせ死ぬな
ら、身替りになってくれと持ち掛ける。

なんともムシの良い話だね。しかし、討って討た
れて際限のない、敵討ちの馬鹿らしさを揶揄した
感じはよく出ていたような。

ゲスト。一朝。江戸っ子の噺に行こうと、その小
噺をマクラにふったが、これがたまたま、小多け
さんと被ってしまった。客席、凍りました・・。

しかし、噺に入れば、もう一気に一朝師匠の世界。
久々の「天災」、楽しかったなー。

ネタ帳を見ても、マクラの小噺まですべて把握出
来るわけではないから、この手のことは、寄席な
どではよくあることだ。

それを、普通は気づかなかったふりで聞くんだけ
れど、敢えて指摘したのは、トリのたま師(笑)。

たま「たち切れ線香」。昼の小辰さんに続いて。
たちきりの東西競演。

賑やかで笑いの多い芸風のたま師が、この切ない
噺をどう料理する?と思ったけれど、見事に、た
ま流にアレンジされていて、笑いましたよ・・泣
かずに。

小糸(小ひさではなく)のことを、「芸妓には向
かない子だった」と母が述懐する。これ、小辰さ
んとの共通点・・・興味深い。

たま師、最初から「噺が終わってもすぐには帰ら
んといて」と強調していたので、何を見せてくれ
るのかと思っていたら、今、演じた噺を、音楽に
乗せてプレイバック。・・・これ、ちょっと面白
かったな。

むしろ、このPVの方で泣かされました。

東京の「たちきり」では、仏壇のお三味線が奏で
るのは「黒髪」だが、上方では「雪」を弾き語り
で。

今回のお囃子さんは、松本優子さん・・美声を聞
かせていただいた。なんでも、この春(4月?)
からは、ピンの音曲師目指して前座修業に入られ
るそうで・・高座でお会いするのが楽しみです。
posted by JTm at 10:50| 落語 | 更新情報をチェックする

2018.3.3 東西落語ユニットwe・昼の部@赤坂会館

2018.3.3 東西落語ユニットwe・昼の部

演目
そうば&宮治&小辰    (二番太鼓とトーク)
桂 そうば        笠碁
桂 宮治         花見の仇討
  (仲 入 り)
入船亭小辰        たちきり
          (三味線:田中ふゆ?)

前日の会で、チケットを衝動買い。
おかげで、早起きして洗濯。

昼夜公演の昼の部に行く。
客席の後ろの襖を開いて、出演者三人による二番太
鼓を公開・・・大太鼓が小辰さん、締太鼓が宮治さ
ん、見えなかったけど、そうばさんが笛だろう。

引き続きのトーク。この会、今回が4回目くらいら
しいが、どうやら西での公演の方が、お客さんが多
いらしい・・・そうばさん、ぼやくことしきりだっ
たが、懲りずにぜひまた、来てください。

そうば。以前に一度、三三・吉弥の会で拝見してい
る。ざこば門下とのこと。その師匠との囲碁対決?
の話題から「笠碁」へ。良い流れだ。

東京の笠碁は、ご隠居同士のお話だが、そうばさん
は、質屋の主人と出入りの職人?の話としていた。

上方ではそうなのかな?と思ったが、ご隠居同士で
演る方法もあるようだ。まあ、バリエーションのひ
とつということなのだろう。

待った、待たないで喧嘩になる発端は同じ。忘れて
行った煙草入れが、仲直りのきっかけになる。職人?
の方のおかみさんが、口数多く姦しいのは、如何に
も上方風か。

宮治「花見の仇討」。宮治さんがこの噺を演ったら、
きっとこうなるだろうなぁ・・と、思っていた通り
の、パワフルでにぎやかな噺だった。

茶番を計画する4人のお馬鹿ぶりが、なんとも豪快。
“助太刀”の侍たちは、とても真面目そうなので、そ
の対照が際立って見えて、そこが可笑しい。

小辰「たちきり」。昨年の13ヶ月で聞いたのと、ま
たちょっと変化。

一番の違いは、置屋の女将である小ひさの母が、
「あの子を芸者にするんじゃなかった」と、後悔の
言葉を口にしたこと(記憶違いでなければ)。

女将としての言葉ではなく、母としての言葉だ。

色街の女としては、言うべきではない発言なのかも
しれないが、“現代の感覚”で聞いている、現代の観
客には、心に沁みる言葉ではある。


昼夜通しのお客さんもある中、夜は別の会があるの
で、残念ながら、ここまでで退場。
posted by JTm at 10:41| 落語 | 更新情報をチェックする