2018年03月18日

2018.3.17 扇辰日和@なかの芸能小劇場

2018.3.17 扇辰日和 vol.66

演目
柳亭市朗        真田小僧
春風亭ぴっかり☆    表彰状
入船亭扇辰       阿武松
  (仲 入 り)
三遊亭歌太郎      電報違い
入船亭扇辰       明烏

市朗「真田小僧」。失礼ながら、決して上手いと
は言えないんだが、真面目で真っ直ぐな感じは悪
くない。如何にも市馬門下・・という印象。

ぴつかり☆。こちらは前かたとは正反対の印象・・
自分でも言っていたか、実に落ち着きがなくて、
マクラの話もあっち行ったり、こっち行ったり。

ようやく入ったのが「表彰状」。ぴつかりさんで
も一度、他に、金馬師、文雀師のも聞いている。

昭和30年代の新作らしい。予想とは逆に逆に話が
進んでしまうという可笑しさ。

扇辰。こちらもまた長ーいマクラ。ふたりのゲス
トの紹介、長岡での中学、高校時代の思い出など。

なぜ?と思ったら、前座の市朗さんが、元阪急ブ
レーブスの今井雄太郎投手に似ている・・と、そ
れを言いたかったらしい。今井投手、扇辰師匠の
中学の先輩だそうです。

でようやく入った噺は「阿武松」。かなり急いで
いたのは、まあ、仕方ないか。

歌太郎「電報違い」。初代圓歌作だそうで、歌太
郎さんにとっては、まさしく一門の噺だ。

出入りの生薬屋の旦那のお供でお伊勢参りに出か
けた出入り職人のしん太。帰り道、名古屋で心中
者を救った旦那に、「明日は帰れないから、家に
電報を打ってくれ」と頼まれる・・

無筆のしん太が、郵便局の窓口で、係の男に道中
を物語るのは、「くしゃみ講釈」の前半みたい。

そして、列車事故のニュースと、しん太の打った
電報が巻き起こす騒動は、まさに「佃祭」そのま
んま。・・・にぎやかで愉快な噺だった。

扇辰「明烏」。扇辰師匠のこの噺は、何年ぶりだ
ろう・・・かなり久々なんだが、ここのところ、
小辰さんで続けて聞いたし、扇遊師匠のも先月聞
いたから、懐かしい・・と言うほどではない。

聞いていて、ふっと思ったのだが、扇辰師匠って、
物語の中心の人物よりも、周囲にいるその他大勢
の人物に、肩入れしたい方なんじゃないかな?

たとえば、この噺の遣り手のおばさんとか、「雪
とん」の糸屋の女中とか、「阿武松」の武隈関の
女房とか。・・あ、女性ばかりだ。

聞く方がそれを好きになれるかどうかが、扇辰ファ
ンか否かの分かれ目になるのかもしれない。
posted by JTm at 15:02| 落語 | 更新情報をチェックする