2018年03月27日

2018.3.26 鈴本演芸場下席・夜の部

2018.3.26 鈴本演芸場下席・夜の部(主任・扇辰)

本来の主任は彦いち師だが、この日は代バネ。それを
目当てに行っちゃった・・と言ったら彦いち師には申
し訳ないかな。

演目
柳亭市朗       真田小僧
林家けい木      鈴ヶ森
ダーク広和      (奇術)
 二ッ目昇進
春風亭一花      たらちね(+篠笛「叱られて」)
柳家さん喬      長短
ホンキートンク    (漫才)
宝井琴調       (講談)人情匙加減
柳家喬太郎      粗忽長屋
  (仲 入 り)
柳家小菊       (粋曲)
春風亭一朝      宗論
林家二楽       (紙切り)桃太郎、お花見、花魁道中
入船亭扇辰      一眼国
         (三味線:かよ、こと)

春休みのせいか、花見帰りなのか、なぜか小さな子ど
もさんの多い客席。結果、“それなり”の噺が多くなっ
た感があり、ちと残念。

市朗「真田小僧」。先日の扇辰日和でも聞いた。前回
同様、前半部分のみ。

けい木。なんか、変わった柄の着物だなーとよくよく
見たら、なんと、パンダ柄!そちらに気をとられて、
噺に身が入らなかった。「鈴ヶ森」だったようだ。

ダーク広和。久々。髪、白くなった?・・染めるのを
やめただけかな? カードの捌きはピカイチ。

一花。今席から二ッ目昇進。真新しい黒紋付は、師匠
と同じ沢潟の紋。最初に篠笛を披露してそのあと「た
らちね」へ。慣れた噺のはずだけど、緊張したのか、
言い立てが途中で止まっちゃった。頑張れ!

さん喬「長短」。饅頭を食べる場面で、「上手いね」
の声が客席から。さん喬師匠がこんな誉められ方をす
るのって、すごく珍しいよなー。

琴調「人情匙加減」。前半をかなり端折ったが、しっ
かり最後まで・・15分は、お見事。

喬太郎「粗忽長屋」。どこで変調?するかと思いつつ
聞いていたが、ごく真っ当な古典落語でサゲまで。
あまり喬太郎ファンのいない客席だったようなので、
案外、演りやすかったのかも?

小菊。きんらい節、人を助くる、都々逸×2、夜桜、
さのさ(役者づくし)、ぎっちょんちょん、相撲甚句。

一朝。さすがにお子さんの多い席では「短命」は無理
だったようで・・・「宗論」。

扇辰「一眼国」。前半の“見世物づくし”からたっぷり
と。生真面目そうな六部と、如何にも胡散臭い香具師
の対照が妙。

一つ目の女の子をさらおうとして、捕らえられお白州
に引き出されるまでの、畳みかけるような語り口が、
緊張を盛り上げて、オチの意外性を引き立てる。

定席は久しぶり・・今月は行ってなかった。
でも、楽しいよ、やっぱり。好きです、寄席。
posted by JTm at 10:27| 落語 | 更新情報をチェックする