2018年06月05日

2018.6.4 柳家三三独演会@横浜にぎわい座

2018.6.4 柳家三三独演会 横浜三三づくし

演目
柳家三三      短命
  〃       安兵衛道場破り
  (仲 入 り)
柳家三三      不動坊
      (三味線:長澤あや)

時間が早かったので横浜から歩いて桜木町。
ちょうどにぎわい座の裏手にかかるところで、な
にやら見覚えのある後姿が・・三三師の楽屋入り
にバッタリ・・でした。

三三の三席。
「短命」。なんか久々・・って、このところ三三
師の会にはあまり行けてないので、何を聞いても
久々、ではあるわけで。

短命の“謎”が解けた時の八っつぁんの嬉しそうな
顔・・だけど、あまりイヤらしさがないのが良い。
さらっとさわやかな色気。

「安兵衛道場破り」。こちらは今年の1月に続き。
三三師の講談好きはつとに有名で、琴柳先生にお
稽古して貰っているとのこと・・なので、講釈ネ
タの噺は、上手くて当然?

無一文なのに威張ってるという人物は、落語によ
く登場するけれど、その文無し客に、ここまで肩
入れする宿の親父は珍しい。この親父のキャラが
楽しいんだよね。

「不動坊」。今回のネタ出し。前回は、2016年に
同じにぎわい座の会で聞いている。⇒

その時、屋根の上の4人のやりとりに、かなり新
規の工夫を入れていたようだが(すいません、よ
く覚えてない)、今回は、そこはごくオーソドッ
クスな感じに戻した(らしい)。

可笑しかったのは、「お滝さんは三年前からアッ
シのカミさんなんです!」という吉っつぁんを、
「静かに狂う」と評した大家の言葉。秀逸。

一席目のマクラで、かつてシイタケが嫌いだった
という話。給食の献立表をチェックしたとか、給
食室から一番遠い教室にいても「においで分かっ
た」とか・・・

同じようにシイタケが嫌いだったわたしにも、大
いに思い当たるふしありで、とっても共感しまし
た。ただ、わたし、今でもあまり好きじゃないな、
シイタケ。食べないわけじゃないけれど、三三師
のとは違って、「今は大好き」とは言えませぬ。
posted by JTm at 09:20| 落語 | 更新情報をチェックする