2018年06月13日

2018.6.12 五街道雲助一門会@横浜にぎわい座

2018.6.12 五街道雲助一門会

演目
桃月庵ひしもち      出来心
五街道雲助        お菊の皿
桃月庵白酒        鰻の幇間
  (仲 入 り)
蜃気楼龍玉        駒長
隅田川馬石        井戸の茶碗
          (三味線:千葉しん)

毎度、出番順でもめるにぎわい座の一門会、今回
は、ご案内に登場した布目氏まで、「わたしも順
番は分かりません。ただ雲助師匠はニコニコして
おられました」・・なーんて言うから、ますます
盛り上がっちゃうねぇ。

ひしもち「出来心」。新米泥棒の気弱そうな雰囲
気が、すごくよく出ているんだが・・・地?

ひしもちさんがしゃべり終わって、聞こえてきた
出囃子は「箱根八里」。客席は、ここで笑った人
と、めくりがめくられて初めて笑った人、ふたつ
に分かれた。・・・後者の方が多かったかな。

雲助。「うちの弟子は腕っこき(だから誰にトリ
を任せても安心)」「『師匠はもう古稀ですから、
遅くなってなにかあったら大変』と言ってくれる」
・・とのことで、一番に上がる。

「お菊の皿」。お菊さんを見に行く連中の、表情
の変化がめちゃくちゃ愉快。楚々としたお菊さん
も、演技がクサくなったお菊さんも、とっても可
愛い・・・「明日、休むんだよ!」が嬉しそうだ。

白酒「鰻の幇間」。夏らしい噺が続く。
一八が藤村の羊羹を持って“穴釣り”に出向く先が、
本所の若林さんと稲葉さん。雲助師とさん喬師の
本名だけど、さて、横浜でどこまで通じたか?

鰻屋の汚さが、尋常じゃなくて、窓は描いてある
(「だくだく」か?)し、漬物はザアサイだし、
酒はエチルだし・・・こんな店のウナギ?を、三
人前も土産にするなんて、一八ならずとも「尊敬
する」ねぇ・・。

龍玉「駒長」。以前からよく掛けているけれど、
久しぶりに聞く。

以前に比べると、暴力亭主に愛想を尽かしながら
も別れるに別れられずにいる女房・・というふた
りの関係性が、噺の冒頭からはっきり見えて来る。

上方者の丈八は、決していい男ではなく、お駒へ
の気持ちも、あくまで秘めた想い・・それが、思
いがけなくお駒の“告白”を聞いて、有頂天に。

その嬉しそうな様子を見たお駒が、“本気になる”
・・・そうか、そうだったのかと、ナットク。

馬石。楽屋入りが最後だったからトリと言われて、
「浅草の出番があって・・昨日、師匠にちゃんと
断ったのに・・」とひとしきりの愚痴。

でも、噺は「ちゃんと演ります」。

「井戸の茶碗」。この噺もまた、リメイクのあと
がはっきりと。

くず屋の清兵衛さんは、以前から千代田朴斎のと
ころに出入りしているし、100文で買った仏像を
600文で売って大もうけ(しかも朴斎と折半には
しない)。
細川邸の侍は、高木左太夫と、名前が変わってた。

物語の運びも、明らかに笑いの量が増えて、人情
噺ではなく、完全に滑稽噺のノリに。

馬石師匠、トリ、お見事!
posted by JTm at 10:09| 落語 | 更新情報をチェックする

2018.6.12 午後のこみち@スタジオ・フォー

2018.6.12 第1回 午後のこみち

演目
柳亭こみち     蛇含草
  〃       看板の一
  〃       (今月の唄)
  (仲 入 り)
柳亭こみち     唐茄子屋政談

行こうかどうしようか迷っていたが、早めの昼食
を食べつつ、やっぱり行く!と決意。

「保育園のある時間帯に、一席でも多く」と企画
した勉強会だそうで、客席はお馴染みの顔ばかり。
・・多くは“毎日が日曜”の方たち(笑)。ま、自分
ももちろん、なんだけど。

「蛇含草」。こみち師のこの噺はお初。・・だと
いうのに、餅の曲喰いが始まつたあたりで落ちた。
・・昼に一杯やっちゃったかならぁ・・ごめん。

「看板の一」。先週金曜日に続き。・・だったの
で、引き続き意識朦朧・・いったい、何しに来て
るんだ!?

仲入り前に唄。チラシにはネタ出しならぬ唄出し
されていたけれど、いろいろある?(かもしれな
い)ので、題名は書きません。悪しからず。
・・・でもおかげで、完全覚醒。

「唐茄子屋政談」。サゲまで通し。これもお初だ
と思う。

身投げを助けた伯父さんの家で、伯父さんばかり
でなく伯母さんも活躍するのは、いかにもこみち
師らしい。

唐茄子を売ってくれる男の気風の良さ、貧乏長屋
の元侍女房の楚々とした風情など、いい感じ。
気持ちよく聞ける一席だった。
posted by JTm at 09:23| 落語 | 更新情報をチェックする