2018年06月27日

2018.6.26 昔若手花形落語会@赤坂会館(その2)

2018.6.26 昔若手花形落語会 第二夜

演目
金原亭駒六        元犬
鈴々舎馬桜        紙屑屋
古今亭志ん橋       天災
  (仲 入 り)
五街道雲助        千両みかん
雲助&志ん橋&馬桜   (座談)立川左談次師の思い出
         (三味線:柳沢きょう)

駒六「元犬」。以前に比べ、ぐっと線が太くなっ
た感。馬生師匠そっくり!からも、脱しつつあり。

馬桜。右脚の壊死性筋膜炎で闘病しておられたと
のことで、見台と膝隠しを使っての高座。調べた
ら、なんか、すごく怖ーい病気みたい・・お元気
になられて何よりです。⇒

若旦那が居候先を出て、先方の親方に手紙を渡す
ところで、「どっちにします?湯屋番?紙屑屋?」
・・久しぶりだから、と、「紙屑屋」へ。

噺は結構だったが、見台があると、仕草が難しい
ようだなという印象。上方の演者なら慣れている
のだろうけれど。

志ん橋「天災」。ごくごく真っ当な、それでいて
パワーのある、面白い噺だった。主人公の八五郎
は、ハチャメチャで乱暴者だが、筋の通った感じ
がある・・・矛盾してる?

雲助「千両みかん」。雲助師のこの噺は、昨夏以
来。みかん問屋・千惣の番頭が事情を聞いて、「そ
れなら、このみかんは差し上げましょう」と言う。

人の生命がかかったものを商売にはしない、とい
うことなのか?・・・そして、相手が「どうして
も」と言えば、遠慮なく“正統な”商売に。
・・・浪速商人の心意気、ですかね?

終演後は、やっぱり左談次師の思い出トーク。
同じ立川流の兄弟弟子だった馬桜師の司会で。

芝居の立女形だったそうで・・・そう言えば、か
わら版のクイズに写真があったっけ。

「いい人だけれど酒癖は悪かった」は、全員の一
致した意見だった。
posted by JTm at 10:15| 落語 | 更新情報をチェックする

2018.6.26 鈴本演芸場下席・昼の部

2018.6.26 鈴本演芸場下席・昼の部(主任・三三)

演目
春風亭与いち      道灌
柳家緑太        強情灸
伊藤夢葉        (奇術)
三遊亭歌る多      初天神
柳家さん助       熊の皮
すず風にゃん子、金魚  (漫才)
柳家〆治        そば清
春風亭一之輔      代脈
林家正楽        (紙切り)
     相合傘、将棋指し、龍、サッカーW杯、千手観音
柳亭燕路        鹿政談
  (仲 入 り)
ストレート松浦     (ジャグリング)
柳家はん治       粗忽長屋
春風亭一朝       祇園祭
のだゆき        (音楽パフォーマンス)
柳家三三        茶の湯
       (三味線:りち、その、こと)

与いち。一之輔門下二番弟子。見習いの時に顔は
見ていたが、噺はお初。「道灌」。声が良い。
・・・そして、顔、柳家緑君さんに似てる。

緑太「強情灸」。峯の灸を据えてきた男の自慢話
までは面白く聞いていたが、そのあと落ちた。暑
さとサッカーで寝不足のせい・・ごめん。

歌る多「初天神」。サイレンみたいに泣く坊やが
愉快。おかげで目も覚めたし。ほぼ飴屋のくだり
のみ。

さん助「熊の皮」。甚兵衛さんも、女房も、医者
の先生も・・・みんな、みんな、アヤシ過ぎ!
可笑しいけどね。

〆治「そば清」。清さんがそばを食べるスピード
が最高に速い。赤い草が人間を溶かす草だったと
いう種あかしには触れなかった。あまり落語を聞
きなれない人が多そうな客席、一瞬、ポカーン?

一之輔「代脈」。これ、すごく久しぶりに聞いた。
代脈・銀南のおバカっぷりが、ますますパワーアッ
プしたような。

燕路「鹿政談」。最近、遭遇率高し。公金横領の
罪を盾に、「鹿か、犬か?」と問うお奉行様、迫
力満点。

はん治「粗忽長屋」。隣同士の粗忽者ふたりの暴
走に、弱り果てている“世話人”の困惑顔が、なん
ともリアル。

一朝「祇園祭」。季節的に、「出るかな?」と期
待していたので、思わず、心でガッツポーズ。
やっぱり、祭囃子では一朝師匠の右に出る人なし。

三三。黒紋付で登場して、身分制度の話をし始め
たから、妾馬かな?・・と、それがなぜか相撲の
話になったので、小田原相撲か???

で、結局、「茶の湯」へ。
まさに、「マクラはマーケティングリサーチ」。

三三師の茶の湯は、2015年以来。今回、あれ?
と思ったのは、椋の皮の説明を、実の果肉部分を
干したものと言っていたこと。・・以前は木の皮
と言ってなかったかな?

そして、「飲みようくらいは知っている」と言う
手習いの師匠も、実はご隠居とどっこいどっこい。

逆に、「何も知らない」と言っていたはずの最後
の客が、一番正しい作法でお茶を飲んだのが、ひ
どく可笑しかった。

平日昼間の寄席は、今回もまた大賑わい。仲入り
前まで、演者の替り目ごとに、続々お客さんが増
えて行った。

そして、よく笑う、素敵なお客さんが多かったよ
うです。
posted by JTm at 09:24| 落語 | 更新情報をチェックする