2018年07月29日

2018.7.28 柳家三三独演会@赤坂区民センター

2018.7.28 柳家三三独演会

演目
立川志ら門       新聞記事
柳家三三        磯のあわび
  (仲 入 り)
柳家三三        鹿政談
  〃         質屋庫

台風の接近する中、意外にも濡れずに会場へ。
落語聞き決死隊、多数。

志ら門。お初です。名前から志らく門下なのは明らか。
もっとも、かわら版の名鑑には、桂文治門下から移籍
と出ていた。もうすぐ二ッ目昇進とか。

「新聞記事」。時間の関係かもしれないが、「体をか
わす」のタイを思い出す過程、なんか、端折りすぎな
んじゃない?と思ったり。

三三の三席。
「磯のあわび」。一年ぶりくらい。前回は三田落語会
で聞いたのだった。与太郎の表情の変化が、左龍師ば
りの“顔芸”で、可笑しいっちゃない。

だけど、これ、前座の噺と、“付く”んじゃない?

「鹿政談」。前の噺とは正反対、お奉行のキリっと締
まった厳しい表情が、とってもかっこいい。そして、
その表情が、サゲのひと言で、ふっと緩むのがまた結
構・・・惚れ直すね。

「質屋庫」。5月に池袋の会で聞いた。前回は、前段
に藤原時平の説明があったような気がするが・・違う
かな?

最後、化け物に怯える番頭と熊さんのふたりが、酒と
ご馳走を前にして、ブルブル震え、酒をこぼしたり、
刺身を顔に貼り付けたりするのがケッサク。

チケットが取りづらくなって、三三師の噺を聞く機会
が減っているけれど、聞いていて気持ちが良いのは、
やっぱりこの人!と、心から思いつつ、ドシャ降りに
なった雨の中、真っ直ぐ帰宅。
posted by JTm at 09:10| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年07月28日

2018.7.27 赤馬久@赤坂会館

2018.7.27 赤馬久 双蝶々・第二夜

演目
柳亭市松       牛ほめ
金原亭馬久      臆病源兵衛
  〃        双蝶々(二)定吉殺し
  (仲 入 り)
金原亭馬久      双蝶々(三)権九郎殺し
  〃        (踊り「かっぽれ」)
     (三味線:柳沢きょう、鳴物:柳亭市童)

開口一番に上がった前座さん、名前を確認するのを
忘れました、ごめんなさい。分かったら追記します。
(追記:市馬門下の見習い、市松さんとのこと。
ツィッターで呟いたら、馬久さんからお返事いただ
きました。どうもありがとう)

「牛ほめ」。与太郎が、お父っつぁんの“口移し”を
筆記するのではなく、ごにょごにょと口の中で繰り
返す方のかたち。この方が後半に意外性があるかも。
(追記:見習いと聞いてビックリ。上手いんだもの)

馬久。
「臆病源兵衛」。金原亭のお家芸みたいな噺。「こ
の夏、何度も演ります」と言っていたので、最近、
ネタ下ろししたのかな。固さが感じられて、聞く方
が緊張しちゃう・・夏の終わりまでにはものにして。

「双蝶々」。先月の終わりに、第一回目の「長屋」
を演ったそうで、その時は、お客さんが10人だった
とか・・・二回目は倍以上に増えた模様。

今回は、奉公に出された長吉が、表面、そつなく立
ち回りながらも、生れついての悪性は変わらず、つ
いには番頭の権九郎に正体を見破られて、利用され
そうになる。

そして、主家の金に手をつけ、それを見られた小僧
の定吉と、さらには権九郎までも手に掛けて、奥州
へ出奔するまでが、今回の口演。

後半の権九郎殺しは、三味線、ツケが入って、芝居
振りでたっぷりと。正直、所作はまだぎごちないけ
れど、目いっぱいの熱演は好感。

殺しの場の長吉の、あくまで冷めた目が、なんとも
ニヒルで、すごく“現代的”な悪を感じた。こちらは、
(失礼な言い方だが)意外なくらいの収穫だった。

そして「今日はふたりも人が死んだので」と、縁起
直しの「かっぽれ」を。馬生一門らしいなぁ。

大詰「雪の子別れ」は、8月2日開催。もちろん、
行きますよ。
posted by JTm at 09:38| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

2018.7.25 入船亭扇遊・扇好・扇辰 兄弟盃の会@国立演芸場

2018.7.25 入船亭扇遊・扇好・扇辰 兄弟盃の会

演目
入船亭小辰       金明竹
入船亭扇好       不動坊
入船亭扇遊       青菜
  (仲 入 り)
入船亭扇辰       藪入り
     (三味線:恩田えり、前座:柳家寿伴)

ひとり増えて三兄弟の会になった。

そして、開口一番に、小辰「金明竹」。以前はよく
聞いたが、ここのところご無沙汰だった。上方弁の
使いの男が、いかにも上方的“いらち”になっている。

扇好「不動坊」。扇好師匠のこの噺はお初かな?
全体的にさらっとした印象。口演時間も30分くらい
で、すっきりと。でも、物足りなさはない。

扇遊「青菜」。おやおや、本日二度目の。昼の菊志
ん師版と、ほぼ同じ運びだが、印象はかなり違う。
植木屋夫婦が、少し年配?・・ったく、いい年して、
なにやってるんだか。

扇辰。「(前かたの兄弟子ふたり)誰も師匠の噺を
演らない、おまけに小辰連れて、もう呑みに行っ
ちゃった」と、ちと、オカンムリのご様子。

でも、ご自分も扇橋師匠の噺ではない「藪入り」へ。
夏の藪入りで、冷やし汁粉なんてぇのが登場する。
美味しそうだ。

いつもながら、三年ぶりに息子を見て「大きくなっ
た・・」とつぶやくおっ母さんが良い。またまた、
ほろりとさせられちゃった。

終演後、外へ出たら、昨日までと違って、夜風が涼
しい・・このあたり、緑が多いから、いいよね。
posted by JTm at 14:51| 落語 | 更新情報をチェックする