2018年07月23日

2018.7月 納涼茂山狂言祭2018東京公演@国立能楽堂

2018.7.21 納涼茂山狂言祭2018東京公演(第一日)

演目
お話(解説)      茂山逸平
狂言「右近左近(おこさこ)」
    右近=茂山 茂、
    女房=茂山千五郎、後見=島田洋海
狂言「千鳥」
    太郎冠者=茂山七五三、主人=丸石やすし、
    酒屋=茂山あきら、後見=増田浩紀
  (休   憩)
狂言「彦市ばなし」(木下順二=作、武智鉄二=演出)
    彦市=逸平、天狗の子=茂山童司、
    殿様=茂山宗彦、後見=千五郎、茂、島田、増田
    笛=栗林祐輔
附祝言「猿唄」     茂山千五郎

「右近左近」。狂言には珍しい、女房の浮気話・・・
なのだそうだ。隣家の左近の牛に畑を荒らされた右近
は、代官に訴えに行くことに。気の弱い右近は、女房
相手に、訴えの予行演習。ところが、女房はなぜか左
近贔屓で・・・。

冒頭の解説の逸平さんは、「女房の浮気が本当として
演じる時と、ただそう臭わせるだけの時と、二通りの
演じ方がある」とのことだったが・・・千五郎師の女
房は、あまりにもオッカナクて、左近さんだって、ち
と尻込みするんじゃない?という感じ。

なので、“浮気”は、女房が勝手に左近に熱を上げてる
だけなんじゃないかなー・・と、思った次第。

「千鳥」。大好きな演目の上、七五三・あきら両師の
顔合わせと言うのも、なんとも嬉しい。

以前のツケも払う当てがないのに、さらにひと樽の酒
を「とってこい」と命じられた太郎冠者・・酒屋の主
人の話好きを良いことに、祭りの様子を面白おかしく
言い立てて、みごと、酒の奪取に成功!

言ってみれば、詐欺の話なんだけど、愛敬たっぷりの
太郎冠者は、どうにも憎めない。騙された酒屋の主人
も、意外に、怒ってはいないみたいで・・愉快。

「彦市ばなし」。熊本の民話をもとに、劇作家の木下
順二が書いた作で、当初は新劇で上演され、のちに、
武智鉄二が狂言として演出した。ただ、セリフは、狂
言の“標準語”には直さず、もとの熊本弁のセリフを、
そのまま使っている。

“うそつき”を自認する彦市、天狗の子を騙して隠れ蓑
を取り上げたが、天狗の親の報復が怖くなり、通りか
かった殿様を利用して、なんとか逃れようと画策・・

この殿様のキャラが良い。一見、お馬鹿っぼいのに、
実はちゃんと、真理を見抜いてる?という感じを漂わ
せ、愛敬たっぷりで憎めない。・・こういうの、宗彦
さん、はまり役!

最後、彦市と天狗の子の“水中対決”は、いかにも狂言
らしい、“つもり”の演出。これを陸から眺めている、
殿様のおおどかさが、これまた楽しかった。


2018.7.22 納涼茂山狂言祭2018東京公演(第二日)

演目
お話(解説)      茂山あきら
狂言「末広かり(すえひろがり)」
    果報者=茂山千作、太郎冠者=茂山 茂、
    すっぱ=丸石やすし、後見=増田浩紀
復曲狂言「独り松茸」(台本制作=茂山千之丞)
    男=茂山あきら
  (休   憩)
狂言「狸腹鼓(たぬきのはらつづみ)」
    尼=茂山千五郎、
    喜惣太=茂山童司、後見=丸石、茂
    囃子方 笛=松田弘之、小鼓=田邊恭資、
        大鼓=大倉慶乃助、太鼓=林雄一郎
附祝言「猿唄」     茂山 茂

二日目はあきら師の解説から。冷房の普及していない
時代には、狂言師は夏はお休みで、装束や面の虫干し
などしていた・・というお話(ボヤキ?)も。

「末広かり」。主催の会社は、今年、創立30周年だそ
うで、それを(こっそりと)言祝ぐ演目とか。

扇子と傘を取り違えるという内容は、教科書などでも
有名。リクエストの理由にも「教科書にあったあの演
目を見てみたい」というのが多いそうな。

太郎冠者を騙す“すっぱ”が、おまけとして、「主人の
機嫌が悪い時にご機嫌を直すための囃子もの」を教え
てくれる・・・なんと、ご念の入ったことか。

そして、まんまとそれに乗せられて、浮かれてしまう
果報者・・太郎冠者の囃子に合わせて、ビクッ、ビクッ
と、身体が動き始めるのが、なんとも楽しい。

「独り松茸」。和泉流にはあるひとり狂言を、大蔵流
でも・・と考えた千之丞(もうすぐ先代になる)師が、
今は途絶えてしまった大蔵流別派の台本をもとに、復
曲した。

男が山に松茸狩りに行く・・山道を登り、蛇に怯え、
あちこち松茸を探し回った後、見事な松茸を見つけて、
それを肴に一杯・・という物語を、たったひとりで、
しかも、舞台装置や小道具もないままに演じる・・・。

それなのに、見ている方には、その山道や大きな松茸
が、ちゃんと見えて来る・・・落語とおんなじ。

「狸腹鼓」。あの、井伊直弼が台本を作り、井伊家お
抱えだった茂山千五郎に演じさせたという、千五郎家
にのみ伝わる演目。

畑を荒らす狸を射る喜惣太のもとに、尼の伯母が現れ、
殺生の愚を説く。・・実はこの伯母、若い眷属を救お
うとする古狸が化けたもので・・・

狐と猟師の対決を描く「釣狐」と、よく似た物語では
あるが、後半、正体を見破った喜惣太が、「腹鼓を聞
かせてくれれば許す」と言うのが、なんかとってもほ
んわかした雰囲気。

狐vs.猟師の、鋭い緊迫感とはまったく違う、民話的な
感じ・・落語でも、狸は道化役だよなーとふと思った。

喜惣太役の童司さん、年末に三世千之丞を襲名する。
前日の「彦市~」の天狗の子の可愛らしさ、この日の
喜惣太の凛々しさと、毛色の違う二役を見事に演じて、
襲名への“決意”を感じさせた。
12月、楽しみにしてます。
posted by JTm at 10:08| 狂言 | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

2018.7.21 左龍・甚語楼二人会@お江戸日本橋亭

2018.7.21 第19回 左龍・甚語楼二人会

演目
左龍&甚語楼      (トーク)
柳亭市坊        一目上り
柳亭左龍        祇園祭
柳家甚語楼       鰻の幇間
  (仲 入 り)
柳家甚語楼       夢の酒
柳亭左龍        団子坂奇談

第11回以来だから、かなりご無沙汰してしまった。

オープニングトークは、例のごとくオフレコ話が多
かったけれど、甚語楼師匠の「都内の寄席はすべて、
歩いて行ける」には、ちとビックリ。にぎわい座へ
は、横浜から歩いてどうぞ。

市坊「一目上り」。「化け物ありますか?」「うち
の婆さんかい?」の入る、市馬門下独特?の。市童
さんが前座のころよく演っていたっけ。

市坊さん、カッキリ楷書体。如何にも市馬師匠のお
弟子さんだなぁ!

左龍「祇園祭」。先日の三三師との会で聞いたばか
りだが、短い間に、確実に進化。山鉾巡行の山車が、
掛け声ばかりでまるで進まない・・という描写が、
なんとも愉快。“顔芸”にもゆとり。

甚語楼の二席。
「鰻の幇間」。2012年に聞いたようだが、それ以来。
さすがに前のことは覚えていない。

一八が、羊羹2本持って、“穴釣り”に出るところから。
ここだけで、もう、権太楼師匠のとは違う・・と分か
る。もちろん、ヨシオちゃんも出てこない。

浴衣がけの“お旦那”が、さりげなく一八の下駄に目を
止めるのが、サゲの伏線みたいで愉快だ。

「夢の酒」。こちらは昨年5月以来。登場人物が(夢
の女を含め)みんな、美男でも美女でもなくて、ごく
ざっかけない感じなのは前回と一緒だが、よく聞くと、
言葉の使い方などは、扇遊師や扇辰師とよく似ている。

・・・同じ言葉、なのに印象がこれだけ違う・・これ
だから、落語聞きはやめられない。

左龍「団子坂奇談」。なんか、どんどん演り手が増え
てるね、この噺。左龍師版は、昨年の三三師との会以
来。前回は、短めバージョンだったが、今回はフルで。

言葉づかいはほぼ、扇辰師匠と同じ。ただ、なんと言
うか・・・演者自身が、今ひとつ、楽しんでない感じ
なんだよなー・・。って、勝手な言い草ですいません。

でも、あの「ギャー!」も、ビクッ!としなかったし
なぁ・・・なんとなく物足りなさが残っちゃう。
次回に期待。
posted by JTm at 08:40| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

2018.7.17 鈴本演芸場中席・夜の部

2018.7.17 鈴本演芸場中席・夜の部(主任・馬石)

演目
金原亭乃ゝ香      元犬
林家たこ平       動物園
アサダ二世       (奇術)
橘家文蔵        手紙無筆
林家ぼたん       辰巳の辻占
青空一風、千風     (漫才)
三遊亭歌之介      笑いが一番
柳亭燕路        笠碁
  (仲 入 り)
林家あずみ       (三味線漫談)
柳家小ゑん       吉田課長
鏡味仙三郎社中     (太神楽曲芸)
隅田川馬石       火焔太鼓
        (三味線:こう、きょう、しん)

乃ゝ香。ようやく髪が気にならなくなって、見る者
としてはホッとする。ご本人はどうだか知らないが。
「元犬」。野良犬というより小型の愛玩犬だね。可
愛いけど。

たこ平。この秋、真打昇進して「たこ蔵」となる由。
「動物園」。昇進前の大躍進?・・正直、意外なく
らい面白かった。

文蔵。仲入り前の出番だが、この日は早上がり。
「手紙無筆」。文蔵師のこの噺、久々。以前はまた
か、と言うくらい聞いたけれど。兄貴分とのやりと
りの「間」が、なんとも絶妙で、やはり、第一人者
だなぁと思う。

ぼたん「辰巳の辻占」。したたかなお玉が、いかに
も“場末の女”っぽい雰囲気。ただ、「娑婆で会った
きり」のサゲは、ちょっと伝わりにくかったかな?

歌之介。こちらは来春に、圓歌を襲名するという。
「笑いが一番」。題名は、小ゑん師がツィッターに
公開していたネタ帳の写真から。いつもの漫談。

燕路「笠碁」。燕路師匠のこの噺はお初。時間の関
係もあるだろうが、あまり入れ事のない、すっきり
した噺で、大師匠・五代目小さん師を、きちんと受
け継いでいるという印象。

最後、おじいちゃんふたりが、嬉しそうに碁を打ち
始めるところ、思わず、ホロリ。

あずみ。梅は咲いたか、銀のピラピラ簪、なすかぼ。
おしゃべりも歌も、とっても上手くなったなぁ。

小ゑん「吉田課長」。二度目かな。カツラ着用は今
や当たり前の時代だが、なぜ、金髪?

馬石「火焔太鼓」。ここのところ、滑稽噺のハッチャ
ケぶりが大いに目立つ馬石師・・・この噺も例外で
なく大いに笑わせていただいた。

甚兵衛さんが、「どうだ!」とばかり、太鼓を披露
するところ(女房に見せるところも、お屋敷で見せ
るところも)で、思いっきり、芝居がかって見えを
切るのが、もう、ケッサク。

やはり代バネだった13日の入りが、やけに寂しかっ
たそうで、小ゑん師かツィッターで告知してくれた
とか。

はい、わたしもそれ見て来たんですと言ってあげた
かった。連休明け、猛暑に加えての代バネだから、
キビシイのは確かだが、それでもだんだんにお客さ
んが増えた様子・・・告知の甲斐がありましたね。
posted by JTm at 09:12| 落語 | 更新情報をチェックする