2018年07月16日

2018.7.15 心技体 19@なかの芸能小劇場

2018.7.15 心技体 19

演目
林家きよひこ      たらちね
柳家喬太郎       宗漢
入船亭扇辰       団子坂奇談
  (仲 入 り)
林家彦いち       私と僕

毎年、冬に開催されていた会だが、今年はこの暑い
季節に・・会場の工事との関係かな?

きよひこ。彦いち師の二番弟子。高座返しをしてい
る姿は見たが、噺はお初。この春の朝日新聞で紹介
記事を見たが、アマチュア落語家として活動してい
たらしい。
「たらちね」。なるほど、口慣れたしゃべりだ。

喬太郎。「本来はわたしがトリ」とのことだったが、
あとの仕事があるからと、さら口に。
「宗漢」。三度目くらいかな?・・ヘンな噺だけど
可笑しいからいいや・・でも、最前列に10歳のお嬢
ちゃんがいるっていうのに・・・ねぇ。

扇辰「団子坂奇談」。扇辰師匠で聞くのはほぼ1年
ぶりくらい。急な大声は、聞くたびにビクッ!とし
てしまい、なんとも悔しいのだが・・・演者の方が、
それを楽しみにしているようだから、ビクッ!とし
甲斐がある・・としておこう。

彦いち「私と僕」。タイムスリップをテーマにした
SF落語。過去に行って若いころの自分に出会うと
いうのは、この手の作によくあるパターン。

でも、“相手”から、「貴方、僕でしょ?」と見破ら
れるって・・・案外、珍しいんじゃなかろうか?

前半、タイムマシーンのいろいろなパターンが示さ
れた中で、机の引き出しというのがなんだか分から
なかった・・・調べたら、ドラえもんなんですね。
・・・不勉強で、恥じ入るばかり。
posted by JTm at 09:17| 落語 | 更新情報をチェックする