2018年09月17日

2018.9.15 特別企画公演 天の岩戸開きの芸能@国立文楽劇場

2018.9.15 特別企画公演 天の岩戸開きの芸能・第一部

演目
新作落語「天の岩戸」(小佐田定雄=作)
    桂 九雀
京舞「倭文(やまとぶみ)」
    踊り=井上八千代
    地方=小ます、だん佑、小桃、ます穂
    囃子方 笛=斗美千代、小鼓=まめ鶴、
       大鼓=小萬、太鼓=里美
  (休   憩)
銀鏡神楽(しろみかぐら)
  「伊勢神楽」
  「手力男命(たぢからおのみこと)」
  「戸破明神(とがくしみょうじん)」 
    銀鏡神楽保存会(宮崎県西都市)
  (休   憩)
半能「絵馬」(観世流)
   シテ(天照大神)=大槻文藏、ツレ(天鈿女命)=武富康之、
   ツレ(手力雄命)=大槻裕一、ワキ(勅使)=福王茂十郎、
   ワキツレ(従者)=福王和幸、是川正彦
   囃子方 笛=竹市 学、小鼓=成田達志、
       大鼓=山本哲也、太鼓=中田弘美
   後見=赤松禎友、上野雄三
   地謡=寺澤拓海、寺澤幸祐、上野雄介、齊藤信隆、
      上野朝彦、上野朝義、齊藤信輔、山本博通

日本神話の天照大神の物語、天の岩戸。古くから様々な
芸能に取り入れられてきたそれを、“集大成”する公演。

落語「天の岩戸」。この伝説は古典落語にもあるそうだ
が(知らなかった!)、 今回は敢えて新作落語で・・
というのは、要するに物語を知らない人のために、簡単
に紹介しようという試みだったようだ。

吞んで帰って、女房に締め出された男に、物識りの甚兵
衛さんが“講釈”。ついでに、今回上演される演目の解説
も兼ねていたらしいが・・うー・・・早起きが祟って
(朝6:26東京発の新幹線に乗った)、あえなく沈没。

京舞「倭文」。まったく縁なき衆生だが、京舞というの
は、上方舞のうち京都で発達した二流派を指すそうだ。
井上流はそのひとつで、現家元、五世井上八千代師は、
人間国宝。

「倭文」とは、日本書紀のことだそうで、そのうちから、
天の岩戸の物語を舞踊にした、おめでたい演目。毎年、
年の初めに、京都・祇園で演じられるとのこと。

三番叟の鈴の段に用いられる鈴を持っての舞など、古く
から伝わる様々な芸能を取り入れているようだ。
なお、地方を務めるのは、祇園の芸妓さんたちだそうだ。

銀鏡神楽。神話の里・宮崎の米良地方に伝わる神楽で、
毎年、12月12~16日に演じられるそうだ。全部で33番
あるうちから、今回は天の岩戸伝説に密接な三番を。
(なお、この日の第二部には銀鏡神楽のみが上演されたが、未見)

神楽を拝見する機会は、今までにも何度かあったが、お
そらく、どこの神楽にも、この物語はあるに違いない。

ちょっと面白かったのは、舞台下手に畳んで立てられた
屏風を、岩戸に見立てているというところ。天照大神が
登場すると、この屏風が開かれて、中の絵が見える・・
天鈿女が楽し気に舞い、多くの神々がこれを嬉しそうに
見ている絵が描かれていた。

半能「絵馬」。半能というのは、前シテの部分を省略し
て、後半の後シテの場面だけを演じたから・・らしい。

前半では、題名になっている絵馬に関するエピソードが
出てくるらしいが、今回はその部分は省略なので、絵馬
という題とのつながりが分かりにくい。

天照大神が、手力雄と天鈿女を従えて登場し、天の岩戸
隠れを再現して見せる・・

これ、あくまで再現ってところが面白い。昔、こんなこ
とがあったんだよー・・と、神様たちも懐かしがってい
るんだね。

もう少し、きちんと予習して行けば、もっと楽しめたか
もしれない。少々、浅はかだったと反省しつつ、終演。 

posted by JTm at 14:53| 雑記 | 更新情報をチェックする

2018.9.14 赤坂 小里んを聴く会@赤坂会館

2018.9.14 赤坂 小里んを聴く会

演目
柳家り助        たらちね
柳家小里ん       天災
  (仲 入 り)
柳家小里ん       山崎屋

少人数で、お座敷で、小里ん師匠という、贅沢な会。
もう少し入っても・・と思う反面、このくらいが丁度
いい・・という思いも多々。

り助。海舟師の弟子で、小里ん師の孫弟子である。お
顔は何度か拝見しているが、噺を聞くのはお初。
緊張しているのか、顔が怖いよ・・。

「たらちね」。いやー、ブッ飛びましたね。こんなた
らちね、聞いたことない。なにせ、出てくる女性が、
みんなバァさんだ・・二十歳の新妻は、どこ行った!?
(後から上がった小里ん師匠によれば、この日がネタ下ろし
だったとのこと。)

客席爆笑でちょっと安心したのか、ようやく表情が緩
む・・あら、笑うと意外に可愛い。もっと、にこやか
にね。

小里んの二席。
「天災」。小里ん師のこの噺は昨夏以来。八五郎のハ
チャメチャが強調されがちな噺だが、小里ん師版は、
むしろ、紅羅坊奈丸の泰然自若さが印象に残る。

まさに「気に入らぬ風もあろうに柳かな」、そのもの。

「山崎屋」。こちらはたぶん、お初。冒頭に色々と仕
込みがあって大変だが、その部分を丁寧に演っていた。

本篇は、若旦那がネチネチと、番頭を“強請る”場面か
らだが、どうやら店の金を誤魔化して若い女を囲って
いるらしい番頭が、不思議と、お人好しっぽい。

他の方だと、こいつ、今に店を乗っ取るゾ・・という
感じがすることもあるんだけどね。

そして、美しいお嫁さんに見せる、大旦那の(って、
つまり小里ん師匠の、ですが)とろけるような笑顔・・・
まさに絶品です。

次回、11月2日(金)開催とのこと。
posted by JTm at 09:01| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

2018.9.12 三春会@日本橋社会教育会館

2018.9.12 第一回 三春会

演目
春風亭一猿        松竹梅
春風亭三朝        猿後家
春風亭柳朝        唖の釣り
  (仲 入 り)
春風亭一之輔       化物使い
春風亭一朝        紺屋高尾
          (三味線:金山はる)

高座返しのきいちさんを含め、出てくる噺家さんは
全員か「春」、そしてお囃子もはる師匠だから・・
三どころか七春会。

一猿「松竹梅」。二度目かな?・・そそっかしい梅
さんが、自分の名前を言うべきところで「長者に~」
と言ってしまうのは、あまり聞かないような。

三朝「猿後家」。あまり好きな噺じゃないのだが、
三朝師のちょっと高めの声質には、よく似合う噺か
もしれない。後家さんが後家さんっぽい。

柳朝「唖の釣り」。これもまた、あまり好きな噺で
はなく、続いてしまってちと残念。
この噺の与太郎は、本当に馬鹿なのか、実は利口で
馬鹿のふりをしているのか・・・何度聞いてもよく
分からない。

ところで、最近、鯉は外来魚ということになってい
るらしいが、いつ頃、日本に来たのかな?

一之輔「化物使い」。ご隠居が、次々あらわれる化
物たちに拳を振り上げるところを見ると、文蔵師の
型かな?

ただ、その正体が仔狸ってのは、珍しいように思う。
大体、この家に古くから住む大狸・・ってするよう
だから。そして、この仔狸くん、可愛い・・。

一朝「紺屋高尾」。先月のお江戸日本橋亭の会に続
き。あとから知ったが、あの時が、真打昇進のお披
露目以来の口演だったとか。

そう言えば、先日の亀蔵丈とのトークで、「若いこ
ろに覚えた噺は、ずっと演ってなくても、ちょっと
稽古するとちゃんと思い出す」と。

前回は、ちょっと口ごもる場面も無きにしも非ずだっ
たけれど、今回はそんなこともなく。

こんなに明るい紺屋高尾、他に演る人いなさそうだ
し、ぜひ、続けて演って欲しいもの。

さて、この三春会(みはるかい、と読むらしい)、
続けての開催は、あるのかないのか・・あるといい
なという期待をこめて、敢えて「第一回」と記して
おきます。
posted by JTm at 16:35| 落語 | 更新情報をチェックする