2018年09月09日

2018.9.8 扇辰・喬太郎の会@国立演芸場

2018.9.8 第73回 扇辰・喬太郎の会

他と重なって、2回ほど抜けた。久々の参加。

演目
柳家寿伴       金明竹
入船亭扇辰      田能久
柳家喬太郎      品川心中(上)
  (仲 入 り)
柳家喬太郎      親子酒
入船亭扇辰      江戸の夢(宇野信夫・作)
         (三味線:恩田えり)

寿伴「金明竹」。ちょっと端折りながらも、“骨皮”
からの通しで。後半の言い立て部分がメインになり
がちだが、この前半部分、わたしは好きである。

扇辰「田能久」。いつもよりちょっと急ぎ気味で。
あとの噺に、気が行ってる?

喬太郎「品川心中」。マクラが長くて、なかなか本
篇に入らなかったのは、やっぱり、後半に気が行っ
ている?

喬太郎師のこの噺は、たぶんお初だが、外連味なし
の“まともな”古典で、わたしには嬉しい。

仲入り後の二席が、今回のネタ下ろし。

喬太郎「親子酒」。柳家の代表的とも言える噺で、
え、今まで演ってなかったの?というくらい。

とは言え、さすがに喬太郎師、“お手本通り”には進
まない。冒頭の、親旦那と女房の会話に、かなりい
ろいろ盛り込んで、笑いどころを倍増。

扇辰「江戸の夢」。知らない噺だと思って聞き始め
たが、途中で、あとの展開が読めてしまって・・あ
れ、どこかで聞いたぞ・・と。

ただ、過去の記録には登場せず・・題名を知らずに
聞いていたか、ナマではなく音源で聞いたか・・?

宇野信夫氏が、新作歌舞伎の台本として書き、のち
に自ら落語に改訂した、とのこと。

鞠子宿近くの庄屋の家に、風来坊の藤七が婿入り。
素性は不明ながら、人柄の良さで、庄屋夫婦や村の
者たちの評判も良い。

この婿が、ある時、茶の木を育て始め、江戸見物に
行く庄屋夫婦に、自分の作った茶の葉を託す。
浅草にある大きな葉茶屋に、この「目利き」をして
貰ってくれと。

その願い通り、店を訪れた庄屋夫婦が聞いた話は・・?

もともと舞台のために書かれたというだけあって、
聞きながら、その場面が無理なく目に浮かぶ。じっ
くりと、良質なドラマを楽しませていただきました。
posted by JTm at 11:13| 落語 | 更新情報をチェックする

2018.9.8 柳家権太楼親子会@横浜にぎわい座

2018.9.8 柳家権太楼親子会

演目
柳亭市若      牛ほめ
柳家権太楼     短命
柳貴家雪之介    (大神楽曲芸)
柳家燕弥      岸柳島
  (仲 入 り)
柳家甚語楼     お見立て
柳家権太楼     天狗裁き
       (三味線:千葉しん)

市若「牛ほめ」。いつも、声が大きすぎ!と思うの
だが、この日は、よくコントロールされていたかな。
噺の方は、申し訳ないが途中で眠気に襲われた。
ごめん。

と、すぐに“金毘羅”が鳴り出して・・え、師匠、も
う登場!?

権太楼。マクラ代わり?に、前座の市若さんを呼び
出して、寸評を・・久々、公開稽古。

大きな身体をすぼめるように、畏まって聞く市若さ
ん。声質の良さをほめられ、「今、16分30秒かかっ
た噺を、言葉を省かずに13分で演ってみなさい」と。

そのようにして、いろいろ変化をつけて演ってみる
うちに、自分の“間”が、分かって来るのだそうで。

そうそう、少しテンポアップすると眠くならないか
も・・・って、重ねてごめん。

で、権太楼「短命」。寄席でもよく聞く噺だが、こ
の日はたっぷり目の、本篇25分。八っつぁんのおか
みさんが、なんと元気なことか。ふたりで長生きし
そうな、お似合い夫婦。

雪之介。水戸大神楽の御曹司、この日は「皿づくし」
で。あまり見慣れないせいか、手に汗握っちゃった。

燕弥「岸柳島」。噺の中では、横暴な若侍の容貌は
詳しく語られるのに、相手の老侍の容貌は、それほ
ど詳しく語られない・・それなのに、対峙するふた
りが、ちゃんと見えて来る。不思議。

甚語楼「お見立て」。今年の4月に小さん孫弟子の
会で聞いている。トリだった前回に比べ、この日は
若干、端折って急ぎ気味だったかな?

それでも、花魁とお大尽の間で困惑しながら、意外
に自分を主張している妓牛の喜助が、個性的で、た
まらなく可笑しい。

権太楼「天狗裁き」。ここのところ、“マイブーム”
らしい噺で、何度か続けて聞いている。
例によって、落語協会のお囃子さんが次々に登場。
おはるさん、おそのさん、おしんさん・・そしてえ
りちゃん!

途中で、「そんな、寄席の三味線弾きみたいな・・」
と入れていたのは、にぎわい座では、いささか伝わ
りにくいとの判断だったかな。
posted by JTm at 10:34| 落語 | 更新情報をチェックする