2018年10月08日

2018.10.7 雲助浅草ボロ市@浅草見番

2018.10.7 雲助浅草ボロ市

演目
桃月庵ひしもち      寿限無
春風一刀         鈴ヶ森
五街道雲助        目黒の秋刀魚
隅田川馬石        三軒長屋(上)
  (仲 入 り)
五街道雲助        やんま久次
           (三味線:岡田まい)

ひしもち「寿限無」。八っつぁんが、ご隠居の繰り出す
名前に、ちょこちょことツッコミを入れるという、いか
にも白酒門下らしい寿限無。最後に、どうしても孫の名
を覚えられないバァさん(あれ、ジイさんかな?)も登
場して、ひしもちさんらしいとぼけた噺に。

一刀「鈴ヶ森」。前座が大ウケだったので、演り難そう
にしていたが、どうしてどうして、この鈴ヶ森も、かな
りブッ飛んだバージョンで。ネタ元は一之輔師かな?

雲助「目黒の秋刀魚」。いやー、この秋、初サンマです。
例年になく遅い遭遇。

腹を空かせたお殿様、それでも、家来の者の落度となる
のを気遣って、文句も言わずに、空飛ぶトンボを見つめ
ている・・・秋の情景か、目に浮かぶ。・・・一尾めの
サンマ、極上でした。

馬石。前かたの師匠に、「この会は、スケがたっぷり演
る会」と“宣言”されてしまったので、大いに張り切って?
「三軒長屋」へ。

馬石師のこの噺は、なんと、2011年以来。最近は他の
演者でもあまり聞く機会がない。

今回は、冒頭に出てくる鳶頭の女房の、キリッと江戸前
のセリフが冴えていた。鳶頭の家の喧嘩沙汰、奥の道場
での剣術の稽古で、ドッタンバッタン大騒ぎ・・と、そ
の最中で時間切れになってしまったのは、大いに残念。

雲助「やんま久次」。この見番と日本橋劇場の独演会で、
以前に2度、聞いている。2013年以来。

身を持ち崩した旗本の次男坊が、兄の家に金を無心に行
き、居合わせた剣術の師匠にとっつかまって、あわや、
切腹・・・

母の懇願で、命を助けてもらい、改心して真面目になる
・・・はずが・・・?

命乞いをしている段階では、本当に改心したのだろうと
思わせ、最後の最後に、大逆転。・・・これ、演技力が
必要だよね。雲師にかかると、表情まで“本当”になるか
ら、本当にすごい。

前回は、最後、芝居振りから、「大べらぼうめ!」の捨
ゼリフとともに退場だったようだが、今回は、そこまで
の演出はなく、穏当?に。
posted by JTm at 09:42| 落語 | 更新情報をチェックする