2018年10月12日

2018.10.10 国立劇場十月歌舞伎公演

2018.10.10 国立劇場十月歌舞伎公演

演目
通し狂言「平家女護島(へいけにょごのしま)」三幕四場
              近松門左衛門=作
 序 幕 六波羅清盛館の場
  (休   憩)
 第二幕 鬼界ヶ島の場
  (休   憩)
 第三幕 敷名の浦磯部の場
      同  御座船の場
  (配役)平清盛・俊寛僧都=中村芝翫、
      東屋=片岡孝太郎、有王丸=中村福之助、
      成経=中村松江、海女千鳥=坂東新悟、
      教経・丹左衛門基康=中村橋之助、
      瀬尾太郎兼康=中村亀鶴、
      後白河法皇=中村東蔵   外

第二幕の鬼界ヶ島の場、通称「俊寛」のみが上演され
ることが多いが、昨年2月の文楽に続き、今回は、歌
舞伎での通し公演。

平成7年の再演とのことで、前回は確か、吉右衛門丈
が清盛と俊寛を演じたと記憶している。

平家に対する謀反を企てた罪で、絶海の孤島に流され
た三人・・待ちに待ったご赦免船が到着して、嬉しや、
都へ帰れる・・と浮き立つ気持ちが、一転して・・

というのが、「俊寛」のあらすじだが、今回は、その
俊寛の留守を守る妻・東屋に、清盛が言い寄る前段と、
ご赦免船が、清盛&後白河法皇の乗る御座船に行き合
う後段が付いた。
      
第一幕、東屋と清盛の物語は、文楽では東屋の首を、
教経が清盛に示す、なかなかエグイ場面があったよう
に思うが、さすがに歌舞伎では割愛。人形と違って、
生身の人間だから、さすがに行き過ぎ・・ということ
なのだろう。

第二幕、鬼界ヶ島では、千鳥役の新悟丈と許婚の成経
役の松江丈に、初々しいカップルの風情・・・俊寛が、
千鳥を我が子のように思ってしまう気持ちに同調でき
る感じ。

そして、最後に、自ら望んでとは言え、次第に離れて
行く船を見送る俊寛の絶望感が、ひしひしと伝わって
来る。印象的な幕切れ。

ただやっぱり、ここが印象的であればあるほど、後の
幕は、付けたりだなぁ・・という感慨が無きにしも非
ず。

休憩が25分とやや長めのせいもあってか、ここで帰ろ
うとして職員に押し止められているお客さんもいたく
らい。

でも、第三幕は、千鳥の活躍と、有王丸の大立ち回り
で、きちんと、飽きさせない作りになっている。だか
ら、二幕で帰らないで、ちゃんと最後まで見てね。

清盛と俊寛、二役を務める芝翫丈・・申し訳ないが、
憎々しい清盛の方が、断然、似合い。そう言えば、最
近、TVドラマでも、悪役が多いよなー・・・。

そして、あまりしどころはないものの、後白河法皇役
の東蔵丈が、気品ある法皇様で、舞台を引き締めてい
た感じ。白塗りのためもあってか、御年80歳とは思え
ない若々しさだった。
posted by JTm at 09:06| 芝居 | 更新情報をチェックする