2018年11月26日

2018.11.25 正蔵 正蔵を語る@国立演芸場

2018.11.25 正蔵 正蔵を語る 10

演目
金原亭駒六      手紙無筆
林家たま平      高砂や
翁家勝丸       (太神楽曲芸)
林家正蔵       一眼国
柳家権太楼      猫の災難
  (仲 入 り)
林家正楽       (紙切り)
      相合傘、紅葉狩りを切る正楽師匠、
      貴景勝、正蔵師匠、酉の市
林家正蔵       小間物屋政談
          (三味線:松尾あさ)

もう10回目だというこの会だが、初めての参加。
会場に入ったら、緞帳なしで、高座の両脇には、ろう
そくが・・よく見たら、ろうそく型の照明器具だった
けれど。

それでも、開演前に前座がちゃんと灯しに現れて、な
かなか雰囲気は盛り上がる。

駒六「手紙無筆」。わずか8分だったのでサゲまでは
到達しなかったが、無筆のマクラをいくつか演って、
本篇に入り、短い時間できっちりまとめた。
今や、前座のトップ。春には二ッ目?

たま平「高砂や」。申し訳ないが、昨秋の二ッ目昇進
以後、お初の遭遇。

よく馬風師匠が「(父の)正蔵に似てない」と言って
いるけれど、なんだ、よく見るとそっくりじゃん・・
と思いつつ。もっともホントに似てなかったら、冗談
にならないよね。

たま平さんのこの噺は初めてだが、よく通るいい声で、
底抜けに明るい八五郎・・ニンに合っている。

正蔵「一眼国」。前半の導入部にいろいろなインチキ
見世物を並べるのではなく、子どものころ実際に見た
見世物の話を持ってきたのは珍しい。

・・お姉さんをダシにするのは今ひとついただけない
けれど。

ゲスト・権太楼「猫の災難」。なんか、体調があまり
良くなさそうな?・・声がややかすれ気味で、いつも
のパワーにも欠ける感じ。

それでも、噺はきちんと。・・ま、当然ですが。

正楽。貴景勝のリクエストに、優勝して賜杯を受ける
場面を切った・・・見事、予言的中!

正蔵「小間物屋政談」。三三師が「万両婿」の題で演っ
ているので、噺の内容はおなじみ。

とんだ勘違い、人違いをされた小間物屋が、大岡様の
名裁きで、思いがけない幸運を得る。折しも“裏”の大
劇場でも、大岡様は活躍中だ。

あまり演者のいない噺なので、会場のお客も初めて聞
く人が多かったかな?・・次はどうなるの?という期
待が、客席全体から感じられた。

講談から入った三三師の噺には、これと言ったオチが
無かったと記憶しているが、こちらは落語らしいオチ
が。・・最初に、“背負い小間物”を丁寧に説明したわ
けが、最後で分かった次第。
posted by JTm at 10:24| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

2018.11.24 入船亭小辰の会@芝浦港南区民センター

2018.11.24 第六回 入船亭小辰の会

演目
入船亭小辰       夢の酒
  〃         鰍沢
  (仲 入 り)
入船亭小辰       替り目

毎年恒例、小辰さんの誕生日落語会、今年はピタリ、
誕生日当日の開催となった。

ところが、ご本人は、“前夜祭”が盛り上がったらしく
て、いささかお疲れ気味?

たっぷりの、“今年の反省”とともに、三席・・最後は
ちょっと急ぎ足だったけれど。

「夢の酒」。意外だったのは、扇辰師匠に習ったので
はない、ということ。「師匠に習ってないのに、演る
と、似てると言われる」そうで。

確かに似てる・・でも似てない。わたしの推測では、
これは扇遊師匠ではないかいな?(未確認)
まあ、ルーツは一緒だから、似てても不思議はないの
です。

今回、「淡島様の歌の上の句」が、ちゃんと読まれた
のが珍しかったような気が・・。

「鰍沢」。これはもう、扇辰師匠の十八番。小辰さん
のももう何回も聞いたけれど。

雪中逃亡の緊迫感が、大いに高まったのは、ひとつに
は、会場の温度がちょっと・・だったから?
なーんてね。

「替り目」。前半に縦横にしゃべりすぎて、終演予定
時刻が迫る中・・・酔っ払いが帰宅したところから、
“元帳”までで14分。

エッセンスだけって感じだけれど、ちゃんと面白い。
寄席の短い出番にはいいサイズだけれど、やはり、二ッ
目さんの浅い出番では難しいかな。

最後の噺で、無性におでんが食べたくなったけれど、
打ち上げ&誕生パーティは、イタリアンでした!

小辰さん、来年は年男だそうで、ますますの躍進を期
待。干支のイノシシにちなんで、猪突猛進、ブレずにね。
posted by JTm at 11:01| 落語 | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

2018.11.23 花形演芸会@国立演芸場

2018.11.23 第474回 花形演芸会

演目
柳亭市坊       たらちね
柳家やなぎ      牛ほめ
玉川太福       (浪曲)石松三十石船
  曲師:玉川みね子    (『清水次郎長伝』より)
神田山緑       (講談)人情匙加減
桂 佐ん吉      星野屋
  (仲 入 り)
柳亭左龍       壺算
コンパス       (民謡音曲漫才)
三遊亭萬橘      火事息子
         (三味線:恩田えり)

市坊「たらちね」。語り口が市馬師匠によく似ている。
お弟子だから当然だけれど。

やなぎ「牛ほめ」。牛は黒牛じゃなくてホルスタイン。
生まれ育った環境を、これだけ噺に活かせるなんて、
幸せな噺家さん。(注:やなぎさんのご実家は酪農家)

太福「石松三十石船」。江戸っ子だってねぇ、寿司喰
いねェ・・という、あまりにも有名すぎるくだりだけ
れど、ちゃんと聞いたのは初めて。声量に圧倒される。

山緑「人情匙加減」。琴調先生、そして扇辰師匠の落
語でもおなじみの。おなじみすぎて、途中で沈没。ど
うもすいません。

佐ん吉「星野屋」。今回のチケットは、この一席のた
めに買った。夏に小佐田定雄氏の脚本で歌舞伎の舞台
に掛けられた、上方版のこの噺を聞きたかったのだ。

結論。小佐田氏の脚色が、落語に忠実であることを確
認しました。

ゲスト・左龍「壺算」。奇をてらったり、ブッ飛んだ
りしたことのない、ごく真っ当な噺だったが、これが
とっても面白かった。“先輩”の貫禄を十分に見せつけ
た感じ。

コンパス。お初。三味線を持った西本さんと、歌担当
の中島さん。ともに1981年生まれとか。
手拍子や掛声で、客席を巻き込む。明るくにぎやかな
高座で楽しかった。

萬橘「火事息子」。本当にこの冬は火事息子の当たり
年になりそうだ。

六代目圓生師の型を(三遊亭らしく)継承しているが、
さだ吉と長松という、ふたりの小僧が活躍して、湿っ
ぽくなりがちな後半をにぎやかにする。・・マクラで
子どもたちに落語を教えた体験を話していたわけが、
最後になってわかったよ。
posted by JTm at 11:30| 落語 | 更新情報をチェックする