2018年11月12日

2018.11.11 左龍・甚語楼二人会@お江戸日本橋亭

2018.11.11 第20回 左龍・甚語楼二人会

演目
左龍&甚語楼      (トーク)
柳亭市若        のめる
柳家甚語楼       粗忽長屋
柳亭左龍        不動坊
  (仲 入 り)
柳亭左龍        浮世床
柳家甚語楼       火事息子

オープニングトークは、松戸の仕事から駆け付けたと
いう甚語楼師は“休憩時間”。左龍師、頑張ってしゃべっ
たけれど、5分でおしまいに。

市若「のめる」。市若さんのこの噺はお初かな。表情
が豊かで、見ていて楽しい。時に大きすぎると感じた
声も、だいぶコントロール出来てきたようで。

甚語楼「粗忽長屋」。これ、めちゃくちゃ面白かった。
たぶん初めてではないと思うが・・えー、前からこん
なだった?って感じ。

真剣に混乱しちゃってる粗忽なふたりが、奇妙にリア
ル。特に長屋に呼びに来られた熊さんが、「あ、熊、
俺だ!」って気づくところ・・その絶妙の間が、わた
しにはツボでした。

左龍の二席。
「不動坊」。初演とのこと。そういえばさん喬師匠の
不動坊って、聞いた記憶がないが演られるのだろうか。

左龍師版は、権太楼師匠に似てるかな。鉄瓶提げて湯
屋に行っちゃうところとか。

ただ、後半、やや間延びしたような感が無きにしも非
ずで、屋根の上でのお馬鹿トリオのドタバタのところ
で、しばし意識喪失してしまったのは残念だった。

「浮世床」。やや端折り気味の“本”から続けて“夢”へ。
半ちゃんの艶っぽい夢の話が佳境に入っても、なお、
読めない本を読み続けている源ちゃんの姿を、一瞬、
描写したのは上手い工夫。

甚語楼「火事息子」。こちらも初演とのこと。そうい
えば権太楼師匠の火事息子って、聞いた記憶がないけ
れど・・・。

今回は、それぞれ、相手の師匠のニンに合った噺をネ
タ下ろし・・という趣向なんだろうか?

そして、甚語楼版は、さん喬師匠に似てたりする・・
バァさんが猫を放り投げちゃうところとか。まあ、他
にも演る人はいるけれどね。

ただ、湿っぽさのない明るい雰囲気は、やはり権太楼
師匠譲りかな。おっ母さんの繰り言も、こっけいさが
先に立つ・・・あふれる愛は、どこかこっけいなもの
なのかもしれない。

トークよりも、それぞれのマクラにオフレコの裏話が
満載されたようで、それも含めて聞きごたえのある良
い会でした。
posted by JTm at 09:47| 落語 | 更新情報をチェックする