2018年12月10日

2018.12.9 小ゑん落語ハンダ付け@お江戸日本橋亭

2018.12.9 第12回 小ゑん落語ハンダ付け

演目
扇遊&小ゑん       (オープニングトーク)
三遊亭あおもり      不精床
柳家小ゑん        吉田課長
入船亭扇遊        寝床
  (仲 入 り)
入船亭扇遊        厩火事
柳家小ゑん        チャルメラの恋

同じ年齢、入門の年こそ違うが、同じ柳家で、同じ時期
に前座修業をし、真打昇進も同時・・というふたりの顔
合わせだから、トークが長くなるのは当然。

なんと30分超!・・それでも、前座時代のしくじり話は
もっと聞きたいと思うくらいに面白かった。

あおもり「不精床」。あおもりさんのこの噺はお初。
二ッ目昇進に向けて、着々と・・って感じです。

小ゑん「吉田課長」。新作台本募集のかなり以前の入賞
作だそうだ。寄席で一度聞いている。
金髪のカツラの長い前髪を、ふわっとかき上げる仕草が
繰り返されるのが、なんとも可笑しい。

扇遊「寝床」。ネタ出しの一席。
もう、おなじみの噺で、安心して聞いていられる面白さ。
すねた旦那が、番頭のヨイショ!で、だんだん頬を緩め
ていく・・・その微妙な表情の変化が、イッピンです。

二席目は「厩火事」。こちらもテッパンの噺で、当然の
ことながら余裕のしゃべり。遊び人のぐうたら亭主が、
扇遊師匠だと不思議に憎めないんだよね。

小ゑん「チャルメラの恋」。こちらもネタ出し。聞くの
は初めてだった。

元ヤクザで、今は屋台のラーメン屋を営む男に、思いが
けないクリスマス・プレゼント。

サンタクロース?が、ラーメン屋に現れて、主人公を博
打に誘うあたりで、なんとなくオチの想像がついたけれ
ど、クリスマスらしい、ハートウォーミングな物語では
ある。

屋台のそばで天体観測をしている天文少年は、小ゑん師
匠の少年時代の投影かな?
posted by JTm at 09:38| 落語 | 更新情報をチェックする