2018年12月12日

2018.12.11 国立劇場十二月歌舞伎公演

2018.12.11 国立劇場十二月歌舞伎公演

演目
通し狂言「増補双級巴ー石川五右衛門ー」
       四幕九場   三世瀬川如皐=作
 発 端     芥川の場
 序 幕     壬生村次左衛門内の場
          浄瑠璃=竹本葵太夫、三味線=鶴澤寿治郎
  (休  憩)
 二幕目 第一場 大手並木松原の場
     第二場 松並木行列の場
 三幕目 第一場 志賀都足利別館奥御殿の場
          浄瑠璃=竹本道太夫、三味線=豊澤勝二郎
     第二場    同   奥庭の場
     第三場 木屋町二階の場
          大薩摩=鳥羽屋里長事 大薩摩文清太夫林雀
          三味線=稀音家新之助
  (休  憩)
 大 詰 第一場 五右衛門隠家の場
          浄瑠璃=竹本樹太夫、竹本葵太夫
          三味線=鶴澤祐二、鶴澤寿治郎
     第二場 藤の森明神捕物の場
          浄瑠璃=竹本樹太夫、三味線=鶴澤祐二
  (配役)石川五右衛門=中村吉右衛門、次左衛門=中村歌六、
      此下藤吉郎久吉=尾上菊之助、足利義輝=中村錦之助、
      傾城芙蓉・五右衛門女房おたき=中村芝雀  外

「増補双級巴(ぞうほふたつどもえ)」は、三世瀬川如皐が、
先行の“五右衛門物”をいくつかつなぎ合わせるようなかたち
で創作した作品だそうで、嘉永4(1851)年、江戸中村座初
演。ただしこの外題が用いられたのは、10年後の再演(文久
元年、江戸守田座)時からとのこと。

この「つなぎ合わせ」の結果、ということなのか、発端から
三幕二場までと、それ以降がまったく別物のような印象。

時代物的雰囲気と、世話物の要素、両方を楽しめる、一粒で
二度美味しい演目と言えるかもしれない。

前段で、五右衛門の生い立ちが明らかになるのには少々びっ
くり。実は西国の大名のご落胤とか、子どものころから手癖
が悪く、奉公先から金を盗んで蓄電したとか・・なんか、先
月の天一坊や、落語「双蝶々」の長吉を思い出す。

父と兄の確執の犠牲になるように命を落とす、妹の小冬が哀
れだ・・演じる中村米吉丈の、なんと可憐なことか。

自らの出自を知った五右衛門は、天下取りを目指す。手はじ
めに天皇家から足利義輝への勅状を奪い、ご勅使に化ける。
その偽勅使の行列が、久吉の一行とすれ違う・・まんまと、
久吉をだまし果せたと、声を出さずに笑う五右衛門・・吉右
衛門丈の“大きさ”を感じる。

このふたりが、義輝の別宅で対決・・と、実はふたりはかつ
てのワル仲間だったことが分かり・・・

でもね、これが実は全部、夢!・・・えー、うっそぉ!

隠れ家の二階で昼寝から目覚めた五右衛門と、下を通りかか
る久吉。この場面は、“五右衛門物”の白眉「金門(楼門)五
三桐」のパロディだ。

豪華な南禅寺山門とは全く異なる、質素なしもたやというそ
の対照が、奇妙に可笑しい。

大詰は、なんと、五右衛門の家庭生活が描かれる。先妻が生
んだ子である五郎市を、五右衛門の後妻、おたきがいじめ抜
く。この場面は、最近よく聞くニュースを思い出し、正直、
見るのが辛い。

しかし、実はおたきには、ある思惑が・・・
だが、その思いが明らかになった時にはもう遅いのだ。

結局、五右衛門はお縄になり、「世に盗人の種はつきまじ」
と辞世を残すことに。

大詰、五郎市を演じる子役が、実に達者で感心する。ダブル
キャストだが、この日の出演は、プログラムの写真から判断
すると、安藤然くん・・かな? よく頑張りました。

よく頑張ったといえば、御年74歳の吉右衛門丈もまた然り。
つづら抜けの宙乗り、そして大詰の立ち回りと、大活躍だ。
・・・お疲れさまでした。

もちろん、裏方さんや、立ち回りのからみの三階さんたちの
力もとっても大きいけれどね。
posted by JTm at 09:46| 芝居 | 更新情報をチェックする