2018年12月14日

2018.12.13 国立能楽堂定例公演

2018.12.13 国立能楽堂定例公演 演出の様々な形

演目
狂言「狐塚」(和泉流)
     シテ(太郎冠者)=石田幸雄、
     アド(主)=月崎晴夫、
     小アド(次郎冠者)=野村萬斎
  (休  憩)
能「小鍛冶-白頭」(金剛流)
     シテ(前・老人、後・稲荷明神)=種田道一、
     ワキ(小鍛冶宗近)=村山 弘、
     ワキツレ(橘道成)=小林 努、
     アイ(家人)=中村修一
     囃子方 笛=一噌幸弘、小鼓=鳥山直也、
         大鼓=谷口正壽、太鼓=三島元太郎
     後見=宇高通成、豊嶋幸洋
     地謡=熊谷伸一、豊嶋晃嗣、元吉正巳、金剛龍謹、
        見越文夫、今井清隆、遠藤勝實、今井克紀

先月に続き、流派ごとの演出の違いを見る会に。
とは言え、ひと月たつと、どうも記憶が・・・情けない。

でも、今回は演出の差が大きかったので、初心者でも「は
はぁ・・」と思える場面が多かった。

まずは狂言「狐塚」。大蔵流では、狐塚の田に鳥追いに行
くのが、太郎冠者と次郎冠者のふたり連れだったが、今回
の和泉流では、太郎冠者がひとりで行くことに。

この太郎冠者、狐が人を化かすことを本気で信じている・・
中世の話だから当然と言えば当然なんだが。

というわけで、“陣中見舞い”にやって来た、同僚の次郎冠
者も主人も、ふたりとも狐に違いないと縛り上げ、「皮を
はいでやる!」と・・・怖っ!

太郎冠者が、皮を剥ぐ刃物(でっかい鎌!)を探しに行っ
た隙に、縛られたふたりは互いの縄を解いて逃げ出すのだ
が・・・
見送る太郎冠者、「やっぱり、狐は化かすのが上手い」。

能「小鍛冶」。小書き「白頭」は、前シテが老人(普通は
童子)、後シテも、赤や黒ではなく白の頭・・まさに、年
古りた白狐・・神通力も強そうだ。

物語の運びは、前回の観世流と変わりない。ただ、後シテ
の出は、橋掛の途中で立ち止まって、下界を見下ろすよう
なかたちをしたり、橋掛の手すりに足を掛けたりと、いか
にも天から舞い降りたかのような登場の仕方を見せる。

かなり派手な演出だなぁという印象だった。

前シテの老人が語る、霊力?のある剣のあれこれ、唐土の
話に、日本武尊の草薙の剣の話も、二か月連続で聞いたせ
いか、前回よりよく理解できた感じで・・・

ま、なんとか居眠りせずに最後まで楽しめた・・かな?
posted by JTm at 09:36| | 更新情報をチェックする