2018年12月18日

2018.12.17 正太郎百貨店 赤坂支店@赤坂会館(その1)

2018.12.17 正太郎百貨店 赤坂支店 
          歳末感謝祭五夜・第一夜

演目
金原亭駒六     鮑熨斗
春風亭正太郎    うどん屋
瀧川鯉昇      武助馬
  (仲 入 り)
鯉昇&正太郎    (対談)
春風亭正太郎    愛宕山
       (三味線:柳沢きょう)

駒六「鮑熨斗」。あまりにも考えなしの甚兵衛さん
・・・だけど、これじゃ、怒れない。大家さん、1
円、やってください。

正太郎「うどん屋」。演者の年齢から言って仕方な
いけれど、やはり、酔っ払いが若すぎる・・もう少
し年上の、好々爺という雰囲気が欲しいなぁ。

そうでないと、酔っ払いに感情移入が出来なくて、
嫌なヤツって気持ちが先に立ってしまう・・ま、も
ちろん、わたしの個人的感想ですが。

鯉昇「武助馬」。長いマクラがあっちへ行ったり、
こっちへ行ったり。役者になりたかった話や、鹿芝
居の話で、本篇に入り・・ようやく納得。

小屋掛け芝居のドタバタ・・これが、ホントに目の
前で繰り広げられる感じ。ゆるーい話し方なのに、
不思議な臨場感。

対談。鯉昇師の最初の師匠、八代目小柳枝について
の話を中心に。ものすごーい貧乏暮らしだけれど、
そのころは、日本全体が貧しかった、とりわけ噺家
は・・・と。

その意味では、「格差」は今ほどではなかった?

正太郎「愛宕山」。初日のネタ出し。身体をいっぱ
いに使っての大熱演で・・5日間、大丈夫?と心配
になるくらい。

正太郎さんのこの噺は、2016年以来だが、確実に
グレードアップしている感じ。そして、今回は、鯉
昇師との対談が、大いに役立って・・タンポポ、満
開です。
posted by JTm at 10:10| 落語 | 更新情報をチェックする

2018.12.17 巣鴨の小辰@スタジオフォー

2018.12.17 巣鴨の小辰 25

演目
入船亭小辰      野ざらし
  〃        明烏
      (仲入り休憩で途中退席)

夜の会の前に、どうしても片付けなくてはならな
い用事があり、仲入り休憩時に失礼した。小辰さ
ん、ごめん。(あと1席は「鰍沢」だったとのこと。)

でも、今回聞けた2席は、久しぶりの噺だったの
で、十分、満足。

「野ざらし」。昨夏以来だから1年半ぶり。前座
のころから演っている噺だけれど、聞くたびにバー
ジョンアップしている感じ。歌もよくなったし。

「明烏」。こちらは今年の1月以来。純情な若旦
那が、素直なのに強情という、なかなか矛盾に満
ちた性格だが、それなりに納得出来てしまう。

ただひとつ気になったこと。
「注ぐ」は、「そそぐ」より「つぐ」って読んだ
ほうがいいんじゃないかな、この場合。

・・もちろん、間違いではないんだろうけれど、
“もの”が徳利の酒だからねぇ。
posted by JTm at 09:27| 落語 | 更新情報をチェックする