2018年12月22日

2018.12.22 国立能楽堂特別企画公演

2018.12.22 国立能楽堂特別企画公演
     -明治150年記念 苦難を乗り越えた能楽-

演目
狂言「呼声(よびこえ)」(大蔵流)
    シテ(太郎冠者)=山本東次郎、
    アド(主)=山本則孝、(次郎冠者)=山本則俊
  (休   憩)
能「道成寺」(宝生流)
    シテ(前・白拍子、後・蛇体)=宝生和英、
    ワキ(道成寺住僧)=宝生欣哉、
    ワキツレ(従僧)=御厨誠吾、野口琢弘、
    アイ(能力)=山本則重、山本則秀、
    囃子方 笛=一噌隆之、小鼓=観世新九郎、
        大鼓=柿原弘和、太鼓=金春國直、
    後見=朝倉俊樹、當山淳司、
    鐘後見=野口 聡、水上 優、和久荘太郎、
        東川尚志、川瀬隆士、
    狂言鐘後見=山本東次郎、山本則俊、
          山本則孝、若松 隆、
    地謡=佐野弘宜、金井雄資、内藤飛能、
       武田孝史、小倉伸二郎、大友 順

どうしても見たいと思った公演だったが、諸般の事情
でチケットが買えなかった。それが直前にお譲りいた
だけることになり・・もう、今年の運は使い切ったね。

狂言「呼声」。大蔵流茂山千五郎家では何度か見てい
るが、山本東次郎家のはたぶんお初。

主人に無断で仕事をサボって遊びに行った太郎冠者が
帰宅したと聞いて、主人は叱りに行く。しかし、察し
た太郎冠者は居留守を使う。

普段の声ではわかってしまうと、声色を使ったり、俗
曲に乗せて読んでみたりする主人・・・やっているう
ちにすっかり浮かれ・・そして、太郎冠者もまた。

この呼び声の唄のメロディが、どうやら各お家、独自
のものらしい。楽しくなってくるのは一緒だけれど。

能「道成寺」。お目当てはもちろんこちら。歌舞伎舞
踊の道成寺は何度か見ているし、昨秋には黒川能の「鐘
巻」という同内容の曲を見ている。

ただ、この鐘の大きさは、黒川能よりずっと大きいし、
歌舞伎のような大掛かりな舞台機構ではなく、すべて
人力で設置し、上げ下げする・・・これは迫力がある。

そして、舞台にこの鐘を設置するのが、狂言方の役目
というのは、今回、初めて知った。御年81歳の東次郎
先生のご登場に驚く。

道成寺の鐘供養が行われることになったが、この行事
は絶対に女人禁制だという。

しかし、ひとりの白拍子が「ぜひ供養を見せてほしい」
と現れ、その懇願に負けた能力(名使役の下級僧)は、
こっそりと招き入れてしまう。

鐘を前に、舞を舞う白拍子・・能力たちは次第に眠く
なり・・・

いやー、能力ばかりでなく、わたしも眠かったー・・
だってこの舞、ほとんど動きがないんだもの。

ところがこれが突然、風雲急を告げる早いテンポの舞
になり・・・吊り上げてあった大鐘が大音響と共に落
下する。

ここからは、もう、息詰まる展開。慌てた能力たちが
住僧たちに報告し、この寺の鐘にまつわる“秘密”が語
られて、僧たちの必死の祈りが始まるのだ。

そして再び鐘が上がると・・・蛇体となった女が中か
ら登場。

シテの役者さんは、鐘の中でひとり、面や衣装を変え、
蛇体に変ずるのだ。・・中、いったいどうなっている
んだろう??

後半は、もう、眠くなる暇もなく。面白かったー!

すべての能舞台には、屋根裏と笛柱(正面右奥の柱)
に金具が取り付けられている。これは唯一、この道成
寺の上演の時にだけ使用される金具なのだそうだ。

大掛かりで、上演機会の少ない大曲だが、設備がない
から出来ないという言い訳は出来ない・・ということ
だ。「道成寺」が、能にとっていかに大事な曲かを示
している。

そしてもうひとつ。先月、今月と2か月続けて見た
「小鍛冶」のワキは、橘道成。つまり、道成寺の創設
者だと伝えられる人物だ。

なーるほど・・って、思っちゃったり。
posted by JTm at 21:56| | 更新情報をチェックする

2018.12.21 正太郎百貨店 赤坂支店@赤坂会館(その4)

2018.12.21 正太郎百貨店 赤坂支店 
          歳末感謝祭五夜・第五夜

演目
林家きよひこ    狸の札
春風亭正太郎    ふぐ鍋
春風亭一朝     紙屑屋
  (仲 入 り)
一朝&正太郎    (対談)
春風亭正太郎    芝浜
       (三味線:柳沢きょう)

きよひこ「狸の札」。噺を聞くのは3回目で、噺も3
種類。きりっとした口調はなかなか小気味よい。

正太郎「ふぐ鍋」。正太郎さんのこの噺はたぶんお初。
訪ねてくる人物(大橋さんだったかな?)が、見事に
幇間タイプで・・そういう商売なのかな??

会場が満員御礼で熱気ムンムン・・ふぐ鍋食べたいなー
と思わせるには、ちと暑すぎたかも。

一朝「紙屑屋」。居候の若旦那から入る噺はいくつか
あるけれど、一朝師匠の場合はこの噺が一番好き。マ
クラの間、ずっと「紙屑屋、紙屑屋・・」と心で唱え
てしまう。

明るくご陽気に、ひたすら楽しい。聞いていてホント
に嬉しくなるねぇ。

対談。今回は同じ一門の総領の師匠ということで、前
日までよりもアットホームな雰囲気。五代目柳朝師や
八代目正蔵師の話、歌舞伎の下座時代のことなど。

そして、「正太郎をよろしく」と客席に頭を下げてく
ださる・・・頼りになる師匠です。

正太郎「芝浜」。以前は暮れになると「他に噺はない
のか?」と思うくらい聞いた噺だけれど、最近は、遭
遇率が低くなっているように思う。この冬も初遭遇。

前日の「死神」同様、聞いていてぐんぐん引き込まれ
るものを感じた。そして、42両の金のことを「夢だ、
夢だ」と亭主を騙している女房の“演技”に、その心の
中のかっとうが見えて、息が詰まりそうな思いだった
・・ってまぁ、結末を知っているせいもあるけどね。

サゲのひと言は、意外にあっさりとさらっと言った感
じ・・・妙に重苦しくせず、明るくサゲるのは、春風
亭のお家芸、かな?


最後に、恒例?の、ゲストの師匠方の似顔絵。制作は
もちろん、正太郎画伯。
 1218(3).JPG
ごめん、ちょっとピンボケだった・・・
posted by JTm at 08:47| 落語 | 更新情報をチェックする