2019年01月15日

2019.1.13 新春天空狂言@大槻能楽堂

2019.1.13 新春天空狂言 
    -三世茂山千之丞襲名記念公演- 第一部・第二部

第一部演目
「三番三(さんばそう)」
    三番三=茂山千之丞
    千歳=茂山あきら
    囃子方 笛=竹市 学、
        小鼓=大倉源次郎、上田敦史、清水和音
        大鼓=亀井広忠
    後見=丸石やすし
  (休   憩)
新春スペシャルトーク  大倉源次郎
            亀井広忠
            茂山千三郎
狂言「二人大名」
    大名甲=茂山宗彦、大名乙=茂山 茂、
    道通り人=茂山七五三、 後見=増田浩紀
狂言「仁王」
    博奕打=千三郎、その仲間=あきら、
    近所の者=島田洋海、井口竜也、鈴木 実、宗彦、茂
    足の悪い男=丸石、  後見=千之丞、増田
附祝言「猿唄」    茂山千之丞、増田浩紀

第二部演目
新春トーク      茂山あきら
狂言「福の神」
    福の神=茂山千作、
    参詣人=茂山千三郎、茂山宗彦、
    地謡=茂山 茂、島田洋海、増田浩紀、山下守之
    後見=井口竜也
狂言「鎌腹(かまばら)」
    太郎=茂山千之丞、女房=あきら、
    仲裁人=丸石やすし、  後見=鈴木 実
  (休   憩)
狂言「木六駄(きろくだ)」
    太郎冠者=茂山七五三、主人=茂、
    茶屋=茂山千五郎、伯父=千三郎、 後見=島田
附祝言「猿唄」    島田洋海

例年より遅めの開催となった天空狂言・・移動の運賃が
安くて済むから、個人的には大歓迎・・なんですが。

天空に、千之丞の三番三が帰って来た!

2000年の正月にスタートしたこの天空狂言は、先代千之
丞師の「三番三」で始まった。それから毎年、同師のこの
演目で開幕していたのだったが、2010年、同師が亡くな
られて、直後の2011年は、現・千作(当時千五郎)師が
代演、翌年から数年は孫の童司さんが演じた。

わたしは、この、先代の最後の天空を拝見している。貴重
な経験ではあるけれど、たった1回しか見られなかった・・
と思えば、返す返すも口惜しい・・もっと早くに、狂言と
出合っていれば・・。

そして、昨年末、三世千之丞の誕生。となれば、当然、今
年の天空のスタートは、新・千之丞による「三番三」。

期待が大きいのは、当然のことながらわたしだけではなく、
ほぼ、満席の大盛況。

客席の期待を一身に背負っての三番三は、若々しく清新な
中に、「襲名」という大きな節目を経て、また一段、高い
ところに達したな・・という充実を感じさせた。

新年の幕開けにふさわしい清々しさが、会場にあふれる。

お馴染みの新春トークは、ゲストを交えてのスペシャル版。
大倉源次郎師は、1957年生、能楽囃子方大蔵流小鼓の宗家。
亀井広忠師は、1974年生、能楽囃子方葛野流大鼓方家元。

お話は、先代千之丞師の思い出や、翁・三番三上演の裏?
話を中心に。翁の前は、精進潔斎して朝には水垢離をとっ
て臨む・・とか。

「二人大名」。どんな初心者が見ても、絶対に笑える、テッ
パン的演目だと思うのだが、意外に遭遇率は高くなく、茂
山家の公演では2010年の春以来。

連れだって都へ上る大名(といってもちょっとした地方豪
族程度)ふたり、従者がいないのを嘆き、たまたま通りか
かった者に、まんまと太刀を持たせるが・・・

決して刃物を安易に他人に渡してはいけない・・というこ
とを、狂言の登場人物は、なぜか学ばない。後半、脅され
た大名ふたりが、ニワトリや犬の真似をさせられたり、俗
謡に合わせて起上り小法師を演じさせられたり。

「仁王」。こちらは上演頻度がかなり高い。仁王尊が降臨
したと偽って、供物を騙し盗ろうとするふたりの博奕打・・
集まった“信者”たちが、セコイ?供物で身勝手な願いを祈
るのが、なんとも可笑しい。

この信者役の立衆は、プログラムには3人しか書かれてい
なかったけれど、前の演目で大名を演じた宗彦・茂の両名
が急遽加わる・・・今年もまた、ファンサービスに熱心な
茂山家、です。

1時間ほどのインターバルで、第二部へ。

二部のトークは、新・千之丞のパパ、あきら師。先代の息
子にして、当代の父、という立場。裏話として、「楽屋で
はまだだれも、千之丞とは呼ばない」と。

当代千五郎師襲名の時も、同じような状況だったそうで、
「いずれ慣れるでしょう」・・だそうです。

「福の神」。これも新年にふさわしい、祝祭に満ちた演目。
当代千作師も、先代に続き、直面(ひためん=素顔)で福
の神を演じることにしたようで。

「鎌腹」。こちらは一転して、わわしい女房に攻め立てら
れて、自殺を試みる・・という、正月らしからぬ演目。
先代千之丞師がお好きだった演目らしい。

あきら師の太郎は何度も見ている(当たり役です)が、今
回は女房に回って、新千之丞を立てる。祖父、父と伝わる、
まさに“家の芸”ということで。

「木六駄」。難曲と言われる割には、意外によく見る演目。
七五三師の太郎冠者は、2017年春以来。

難曲という所以は、何もない空間に、12頭の牛を追って山
道を行く様子を見せなくてはならないから。七五三師の太
郎冠者は、個々の牛たちに十分に目を配り、一頭一頭を、
とても可愛がっているなー・・という感じが、よく伝わっ
てくる。

名演である。

以下余談。
第一部の「仁王」で、急遽、立衆に加わった宗彦さんと茂
さんの“お供物”が、第二部の演目の衣装だったことが判明。
宗彦さんのは、「木六駄」で太郎冠者が着ける蓑。茂さん
のは、「鎌腹」の女房が締める帯・・でした。
posted by JTm at 18:33| 狂言 | 更新情報をチェックする