2019年01月20日

2019.1.19 お正月@座・高円寺1

2019.1.19 玉造小劇店配給芝居vol.24 「お正月」

「お正月」 (作・演出=わかぎゑふ)
   出演 桂 憲一、野田晋市、山像かおり、コング桑田、
      美津乃あわ、うえだひろし、茂山宗彦、水町レイコ、
      有馬自由、浅野彰一、是常祐美  外

いつもなら、役名とともに俳優さんの名を書くところ
だが、この芝居に限っては、あまり意味がなさそうな
ので、役名は省略する。

ま、ひとつにはひとり二役がほとんどで長くなりすぎ
るということもあるのだが・・。

ただ、それ以上に、この芝居、主人公は決して人間で
はない・・という気がしたからだ。

主人公は、最初から最後まで舞台となる、ある一軒の
家の座敷であり、明治から平成、100年を超える時の
流れである。

この座敷の、年ごとの正月元日の情景が、早いテンポ
で次々に展開する。

ひとりの男が翌年には結婚して妻とふたりに・・そし
て、次の場面ではすでに3人の娘を持つ・・というよ
うに。

そうして移って行く時代の流れ、背景が、人々の会話
の中で浮かび上がってくる。

最初の場面は明治5年、維新からわずか5年後。やが
て日清戦争、日露戦争を経て、時代は大正へ。

大正デモクラシーの“春”も束の間、関東大震災・・昭
和に入って、日中戦争から太平洋戦争、自由だった人
の心までが、戦時色一色に染まっていく日々。

それが一転、敗戦後のアメリカナイズと、人々の豹変
(職業軍人だった次男坊が、進駐軍出入りのジャズ歌
手のマネージャーになっている)ぶり。

そして、ついに関東大震災に被災しして、安全な大阪
に嫁に来たと言っていた女性が、71年後、阪神淡路の
震災に合い、この家を手放すことに。

これで終わり?と思ったら、最後にもう一場面。

家はどうやら買い手がつかなかったのか、東日本大震
災の翌年、補修されて、岩手・大槌町からの移住者に、
貸し出されることに。

この新しい居住者を迎える、2012年の元日がラスト
シーンだ。

この芝居、前回上演は、15年前とのことなので、この
あとの大団円的場面は、おそらく、今回の補筆だろう。

各世代の「お正月」をつなぐのが、この一家、鈴木家
の、各代のおせち料理、特に、高野豆腐の煮物。これ
が薄味だったり濃い味だったり、甘かったり辛かった
り・・・と、時代によって種々様々ながら・・どれも
みな、決して美味しそうとは言えないシロモノ・・って
のが、なんとも愉快だ。

ケラケラ笑いながら、この家が、我らが日本が経てき
た、長いようで短い、変化が多いようであまり変わら
ない、100年という歳月について、いろいろと考える
ことが多かった。

以下は余談。
元日の話ということで、女優陣はみなさん晴れ着姿。
男優さんはだいたい、黒のスーツだったが、最後の場
面で、日系三世のケントとして登場する、茂山宗彦さ
んだけが、着物を着て登場した。

その姿が、なんとも自然で、どの女優さんのお着物姿
より、決まっていたなぁ・・という印象。さすがは、
狂言師!・・と、もっぴーファンは、大満足。

 IMG_4377.JPG 最後の挨拶。
posted by JTm at 10:22| 芝居 | 更新情報をチェックする