2019年01月23日

2019.1.22 三K辰文舎 落語&ライブ@文京シビックホール 小ホール

2019.1.22 第16回 三K辰文舎 落語&ライブ

前回来たのが、2017年末の第14回なので、1回抜けた。
そうか、去年は1回しかやらなかったのね。

演目
柳家小せん       蝦蟇の油
入船亭扇辰       権兵衛狸
橘家文蔵        天災
  (仲 入 り)
三K辰文舎       (ライブ)6曲∔アンコール3曲

いつも通り、ほどほどの入りま客席を、三師匠がこもご
もに揶揄しつつ。

小せん「蝦蟇の油」。見世物小屋のあれこれを導入に。
一眼国かな?と思ったら、蝦蟇の油だった。
酔っぱらった蝦蟇の油売りが、刀を振り回すので、危な
くってしょうがない・・・

扇辰「権兵衛狸」。狐と違って?狸は人を騙そうとする
のでなはく、ただ揶揄って遊びたいだけなんだね・・と
思えてくるこの噺。権兵衛さんもそれを知っているから、
狸汁には出来ない。

文蔵「天災」。久々に聞いたなぁ。主人公の八五郎は相
も変わらず乱暴者で、入口の引き戸はぶん投げて開ける。
紅屋の隠居が、八五郎の持って来た手紙を読む場面、先
生のリアクションが大傑作。

さて、お楽しみ(出演者の)の後半。今回は全9曲で、
ちょっと少なめだったかな。音楽には縁のないわたしは、
知っている曲が2曲しかなかった。
・・決して、世代が違うというわけではないのですが。

曲名
「春爛漫」(小せん)
  作詞・作曲・唄 さだまさし 2004
「事件」(文蔵)
  作詞 安井かずみ、作曲・唄 井上陽水 1979
「I LOVE YOU」(扇辰)
  作詞・作曲 財津和夫、唄 チューリップ 1987
「風にならないか」(小せん)
  作詞・作曲・唄 中島みゆき 1994
「タクシーと指輪とレストラン」(文蔵)
  作詞 安井かずみ、作曲・唄 加藤和彦 1983
「ひこうき雲」(扇辰)
  作詞・作曲・唄 荒井由実 1973
*****************************************
<アンコール>
「しあわせの一番星」(扇辰)
  作詞 安井かずみ、作曲 筒美京平、唄 浅田美代子 1974
  (TVドラマ『寺内寛太郎一家』挿入歌)
「いい日旅立ち」(小せん)
  作詞・作曲 谷村新司、唄 山口百恵 1978
「他に何が」(文蔵)
  作詞 森山達也、作曲・唄 THE MODS 1995

次回開催が告知される。7月29日(月)。
扇辰「月曜日なら、理容組合にビラ撒いたら、大挙して
  来てくれるんじゃない?」
小せん「『権兵衛狸』、とっとけばよかったですね」
扇辰「そうか・・しまったな。でもいいや、『浮世床』
  覚えるから」

師匠、「不精床」は止めましょうね。
posted by JTm at 08:41| 落語 | 更新情報をチェックする