2019年01月26日

2019.1.25 隅田川馬石の会@日本橋社会教育会館

2019.1.25 第1回 ひぐらし寄席 隅田川馬石の会

演目
柳亭市坊       一目上り
隅田川馬石      たらちね
  〃        初天神
  (仲 入 り)
隅田川馬石      鰍沢

かつて日暮里サニーホールで開催されていたひぐらし寄席
が、5年ぶりに復活。場所が人形町に移ったから、この名
前にはそぐわない・・と思わないでもないが。

市坊「一目上り」。復活第一回ということで、おめでたく。
ネタ選び、GOODです。
噺の内容もさることながら、市坊さんの声や語り口って、
なんか、三三師にも似ているような・・長篇人情噺なんか、
演らせてみたい。

馬石の三席。
「たらちね」。あまり聞く機会がない・・もしかしたらお
初か? 八五郎が新妻のごたいそうな言葉を、「よく考えれ
ばわかる」と言いながら、トンチンカンな解釈をし、挙句
に「明日のことに・・」と、先送りしちゃうのが、奇妙に
可笑しい。

「初天神」。まさに、この日のための噺。1月25日、初天
神です。

冒頭で息子の金坊が、「お父っつぁんと行くのなんか嫌だ」
と言い放ったのにはびっくり。父親も連れて行きたくなく
て、母親だけが、一緒に行かせたがっている。

息子が「お父っつぁんは店の出てない、人のいないとこば
かり歩くから嫌だ」と言うのに、母親は「今日はきっと何
か買ってくれるよ、ね、お前さん」と。

父と子は、飴屋、団子屋を巡り、凧屋へ。子どものねだり
方が意外にソフトで、父は意外に甘いなぁ・・って感じ。

凧あげになってからは、もう、お父っつぁんの独壇場。
他の子どもと凧合戦して、勝って喜ぶ・・子どもと同じ。
サゲの金坊の嘆きに、思わず同調した。

「鰍沢」。前半のにぎやかな二席から一転して、ひとつも
笑いのない噺へ。

しんしんと降る雪の中、粗末な小屋のなかで繰り広げられ
る情景に、それが一転、後半は雪中の追跡劇から、最後は、
いつも通りツケの入る芝居振りへ。

聞きごたえ満点で、大満足。

ひぐらし寄席、第2回は、4月21日(日)19:00~
posted by JTm at 10:06| 落語 | 更新情報をチェックする