2019年04月28日

2019.4.27 国立能楽堂企画公演

2019.4.27 国立能楽堂企画公演 -特集・対決-

演目
狂言「惣八(そうはち)」(大蔵流)
  シテ(惣八)=善竹十郎、
  シテ(出家)=山本東次郎、アド(有徳人)=山本則俊
  (休  憩)
能「正尊(しょうぞん)」
  シテ(土佐坊正尊)=宝生和英(シテ方宝生流)、
  ツレ(武蔵坊弁慶)=金剛龍謹(シテ方金剛流)、
  ツレ(源義経)=観世淳夫(シテ方観世流)、
  ツレ(姉和光景)=佐野 登(シテ方宝生流)、
  子方(静御前)=廣田明幸、
  立衆(正尊の郎党)=野月 聡、辰巳大二郎、川瀬隆士、
  立衆(義経の郎党)=豊嶋晃嗣、宇高竜成、宇高徳成、
  アイ(侍女)=山本泰太郎、
  囃子方 笛=杉信太朗、小鼓=森澤勇司、
      大鼓=柿原弘和、太鼓=金春國直
  後見=金剛永謹、東川光夫、水上 優、清水寛二、
  地謡=田崎 甫、大友 順、金森隆晋、武田孝史、
     當山淳司、辰巳満次郎、内藤飛能、小倉伸二郎

“平成最後の”能楽堂企画公演は、異なる家や流派の
競演で、狂言と能。テーマの「対決」は、もちろん、
一義的には曲の内容によるのだろうけれど、この配
役を見ると、「家」「流派」の対決という意味も?

「惣八」。ある有徳人が、出家と料理人を募集・・
そこに応募してきたふたり、実は元・出家の料理人
と、元・料理人の出家。しかも、ふたりとも新米で・・

魚の名も知らぬ料理人と、お経の四角い字が読めな
い出家・・これは役に立ちませぬ。
で、ふたりは一計を案じ・・・?

ふたりが仕事を交換することで、なんだ解決じゃな
い!と、安心するのは現代的感覚。

出家が衣(ころも)姿でナマグサ物を扱い、料理人
がさっきまで魚をいじった手で尊い経巻を持つ・・
なんてことは、信心深い中世の人には許せないこと。

最初から、得意な技で雇われていれば、なんの問題
もなかったのだろうに・・と、思うのだけれど。

普通は、出家と惣八のどちらかをシテ、もう一方を
アドとするようだが、今回は、同じ大蔵流の中では
あるが、善竹家と山本家、両シテの“対決”で。

「正尊」。兄頼朝と不和になった義経に、頼朝から
の刺客として土佐坊正尊が差し向けられる。

前半は、主人を守ろうとする武蔵坊弁慶と正尊との
対決、後半は、義経の居る堀川の館を正尊の一党が
襲い、チャンチャンバラバラの激戦に。

昨年6月に、京都の薪能で見て、面白かった印象が
あり、再度見たいと思った次第。

今回も、前半の起請文をめぐる静かな対決と、後半
の派手な立ち回り、どちらも息詰まる熱戦。

演出は宝生流のものだそうで、正尊は自ら起請文を
読み上げる。そしてシテ方三流の異流共演・競演で。

なんか、国立ならではのプログラムではないか?
posted by JTm at 09:43| | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

2019.4.26 赤坂 小里んを聴く会@赤坂会館

2019.4.26 赤坂 小里んを聴く会

演目
柳家り助       花色木綿
柳家小里ん      湯屋番
  (仲 入 り)
柳家小里ん      付き馬

り助「花色木綿」。終演後の貼り出しは「出来心」
だったが、後半部分だったので。
後から上がった小里ん師によれば、初演とのこと。

そのせいもあるのか、半ば過ぎからどんどん早口
になって、実にブッ飛んだ噺に・・・落ち着け!
落ち着きゃ一人前だ。頑張れ。

小里ん「湯屋番」。若旦那と居候先の亭主との話
から、履物を盗られるサゲまでのフルバージョン。

念願の?番台に座った若旦那が、女湯が空と知っ
て、退屈のあまり?妄想を繰り広げて行く様子を
丁寧に、そして大いに馬鹿らしく描く。

芝居振りは、十七世勘三郎と六世歌右衛門・・ちょ
うどわたしが歌舞伎を見始めたころの役者さんで、
懐かしく嬉しい。

「付き馬」。こちらも調子の良さでは、前の噺の
若旦那に勝るとも劣らない男が主人公だけど、こ
ちらは最初から勘定を踏み倒すつもりだから、若
旦那よりこすっからい感じ。

浅草名所歩きから、早桶屋店先での、トンチンカ
ンな、でもなんとなくかみ合っている会話まで、
大いに楽しい噺。

そして、馬の若い衆が、出来上がった早桶を見上
げる場面、その視線の先に、はっきりと特大のそ
れが見えた!
posted by JTm at 09:21| 落語 | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

2019.4.23 入船亭扇辰独演会@BXホール

2019.4.23 第25回BXホール落語会 入船亭扇辰独演会

演目
入船亭扇ぽう      子ほめ
入船亭扇辰       野ざらし
  (仲 入 り)
入船亭扇辰       匙加減

久しぶりのBXホール。前回は第7回に来ている。そ
れがもう25回。盛況でなにより。

扇ぽう「子ほめ」。先月末の扇辰日和に続き。明るく
元気な、前座噺のお手本(笑)。口跡が良くて聞きとり
やすいのも大きな長所。

扇辰「野ざらし」。マクラに長々と太鼓の話をしてい
たのは、サゲへの伏線だったか。
久々に演ったと言っておられたが、半年前の扇辰日和
できいている・・まさか、それ以来?

八っつぁんのハジケっぷりが、なんともにぎやかで、
もう、笑うっきゃない。こういう噺は、客層によって
はまったくウケなかったりするけれど・・今回はOK。

扇辰「匙加減」。こちらも久々。一昨年秋以来の遭遇。
いつもながら、ひと言しかセリフのないおなみさんに、
きっちり存在感を持たせるのはお見事。

最後に(こちらもひと声だけ)鳴く大家の飼猫が、以
前よりドラ声になったのは、何か意味があるのだろう
か?・・・飼い主が海千山千だから、猫もまたってこ
とかな?
posted by JTm at 07:22| 落語 | 更新情報をチェックする