2019年05月12日

2019.5.12 狂言季期@セルリアン能楽堂

2019.5.12 狂言季期(きょうげんきご)

演目
狂言「昆布売」
  大名=茂山宗彦、
  昆布売=茂山 茂、   後見=鈴木 実
狂言「居杭(いぐい)」
  居杭=茂山慶和、何某=島田洋海、
  陰陽師=茂山七五三、  後見=鈴木
  (休  憩)
狂言「狸腹鼓(たぬきのはらつづみ)」
  伯母実ハ狸=茂山逸平、
  喜惣汰=茂山千五郎   後見=七五三、宗彦
  囃子方 笛=竹市 学、小鼓=大倉源次郎、
      大鼓=亀井広忠、太鼓=前川光範
附祝言「猿唄」   茂山七五三、茂山宗彦

今まで3回、京都で開催されていたこの会・・その
時だって見に行ったのだから、東京開催となれば、
当然・・ましてや、「狸」の披きだし。

まずは、軽め?の2曲。

「昆布売」。都へ向かう道で出会い、同行すること
になった大名と昆布売。実は大名には秘かな思惑が
・・この昆布売を従者変わりにしようというのだ。

でもね・・見知らぬ相手に、刀を預けてしまうのが、
どんなに危険なことか。

たちまち立場は逆転し、大名は昆布を売らされる破
目に・・ところがこれがだんだん楽しくなって・・・

関西弁で「いちびる」っていうのかな?そんな役が、
宗彦さんは素敵にハマってる。

「居杭」。今回の公演の主役、逸平さんの長男、
慶和(よしかず)君と、お祖父ちゃんの七五三師に
島田さんが加わって。

居杭という少年には可愛がってくれる知人・何某が
いるが、会うたびに頭を小突かれるのが不満。清水
様にお願いすると、頭巾をひとつ、授けてくれた。

これが実は、かぶると姿が消える頭巾。嬉しがった
居杭は、何某や陰陽師を、とことん揶揄ってしまう・・・

実は見えているのに、見えていないことにして、物
語は展開。これ、まさに「“つもり”の演劇」の極致。

そして、「狸腹鼓」。披きというのは、重要な演目
を初めて演じることを言う。茂山家の場合、対象と
なる演目は、「那須語」「釣狐」「花子」「狸腹鼓」
等々。

この曲のことは、以前にも何度か書いている。「釣
狐」とよく似た展開で、眷属を射殺された狸が、猟
師・喜惣太の伯母の尼に化けて、彼を諫める。

この伯母が甥に語る詞が、かなり難しくて、今まで
さっぱり分からなかったのだが、今回、え?と思う
ところが。

それは「雪山童子」という単語。これは、釈迦の前
世譚、いわゆるジャータカと呼ばれる説話のひとつ。

ただ、最後に登場したのは帝釈天ではなく、毘盧遮
那仏だったようだが。

これ、つい最近、仏教美術の講座のテキストに出て
きたのです。

こういうの・・・なんだか嬉しい。

あの、尼の詞、もう少し調べてみようっと。
posted by JTm at 22:00| 狂言 | 更新情報をチェックする