2019年05月18日

2019.5.17 通ごのみ 扇辰・白酒@日本橋劇場

2019.5.17 通ごのみ 扇辰・白酒

演目
桃月庵ひしもち      道具屋
入船亭扇辰        死ぬなら今
桃月庵白酒        鰻の幇間
  (仲 入 り)
桃月庵白酒        強情灸
入船亭扇辰        お文さま
         (三味線:柳沢きょう)

ひしもち「道具屋」。最後、鉄砲の値を訊くところで
サゲた・・・これ、遊京さんが演っていたのと同じ?
・・誰か、入船亭の師匠から習ったかな?と、勝手な
推測。

扇辰。まずは、あと4日で二ッ目昇進のひしもちさん
を、改めて紹介。次回のこの会は、昇進祝いの会・・
とか。

扇辰「死ぬなら今」。昨秋の扇辰日和で聞いて以来で、
2度目。次に上がった白酒師が言っていた通り、客層
によっては、完全に蹴られそうな噺だね。

でも、このくらい馬鹿馬鹿しいと、もう笑うっきゃな
いんじゃない?

白酒「鰻の幇間」。月曜日の権太楼師匠に次いで今週
2度目。鰻屋の汚さは、権太楼師のさらに上を行く。
窓は開かないし、畳にはじゅうたん代わりの埃、箸置
きは消しゴム?

最後、一八は釣銭を受け取らなかったが、ここはしっ
かり受け取った方がいいんじゃないかな?・・祝儀や
るほどの待遇じゃないし。

白酒「強情灸」。白酒師のこの噺は聞いた記憶がない。
龍玉師のは、数えきれないほど聞いたけれど。

龍玉師同様、雲助師直伝なのは明らか。腕が太い分、
盛り上げたモグサに迫力が・・・あ、すいません。

扇辰「お文さま」。4月の扇辰・喬太郎の会での初演
を聞いている。前回より5分ほど短くなったようで。

こういう、地味ーな、あまり他の人が演らない噺が、
扇辰師匠はことのほかお好きなようで・・・

そして、扇辰師匠のファンは、そういう師匠が大好き
なんだよなー・・・
posted by JTm at 09:47| 落語 | 更新情報をチェックする