2019年05月23日

2019.5.22 さん喬ひとりきり三夜@日本橋劇場(その2)

2019.5.22 さん喬ひとりきり三夜 第二夜

演目
林家きよひこ      からぬけ
柳家さん喬       牡丹燈籠(上)
  (仲 入 り)
柳家さん喬       牡丹燈籠(下)
          (三味線:柳沢きょう)

前座の上りが鳴って幕が開いたら、高座に釈台が。
前座は講談師?と思ったが・・違った。

きよひこ「からぬけ」。掛け金が10円からいきなり
一万円に跳ね上がるなぞなぞ。与太郎は馬鹿どころ
か知能犯。

さん喬「牡丹燈籠」。マクラなしでいきなり本篇に
入ったので、これは、全篇通しだなと悟る。
釈台はそのためか。台上に覚書きがちらっと見える。

前半は、刀屋店先での発端から、やがてお露の誕生、
お露とお国の確執、お露と新三郎の出会いを語りつ
つ、一方で幸助と飯島平左衛門のかかわりを語る。

互いにかかわりはあるけれど、まったく別ともいえ
る物語を、カットバック方式で交互に展開していく。
長篇ドラマみたいだ。

幽霊になったお露と女中のお米が、新三郎の下僕の
伴蔵にお札をはがさせ、すうっと家に入り込む場面
で、場内の照明を落とし、釈台上にろうそく風の照
明を点けたところで、前半は終了。

後半は、幕が開くと板付きでさん喬師匠が・・噺が
続きであることを形で示す。

栗橋宿から噺は始まり、伴蔵とお国の出会い、やが
ておみね殺しへ。一方で主人・平左衛門の仇を討と
うと、幸助はお国と愛人の源次郎を追う。

伴蔵の召取りに、幸助がかかわるってところは、原
作にあったかな?・・昨夜帰宅してから本を探して
いるが、まだみつからないので未確認。

しかしこのエピソードには、別々に展開していたふ
たつの物語を、すっと無理なく一本にする効果があ
るように思う。

この後は、幸助の実母との再会から仇討の大願成就
・・・物語は一気に大団円へ。

さん喬師匠の牡丹燈籠全篇通しは、2014、2015年
と二度聞いているが、前2回は、口演時間が前半後
半共に1時間をはるかに超え、全部で3時間の口演
だった。

しかし、今回は、前半60分、後半50分ほどで、長さ
としては三分の二以下になった。その分、物語の展開
はスピーディだったけれど、複雑な人間関係の説明が
やや不足かなーという感は否めない。

原作を読んでいて良かった・・と、改めて思った次第。
それにしても、あの本、どこへ行っちゃったかなぁ。
posted by JTm at 07:22| 落語 | 更新情報をチェックする