2019年05月26日

2019.5.25 東次郎家伝十二番@横浜能楽堂

2019.5.25 東次郎家伝十二番 第二回

演目
狂言「抜殻(ぬけがら)」
  シテ(太郎冠者)=山本則秀、
  アド(主)=山本則重、  後見=山本則俊
  (休  憩)
狂言「花盗人」
  シテ(三位)=山本東次郎、
  アド(何某)=山本泰太郎、
  立衆(花見の客)=山本則孝、山本則重、
      山本凛太郎、寺本雅一、若松 隆
  後見=山本修三郎

「抜殻」。茂山千五郎家の公演では何度か見ている。
物語自体は同じである。

使いを命じられた太郎冠者だが、いつも使いの前に
呑ませてくれる酒を、今日は主人が忘れている・・・

前半は、なんとか酒のことを主人に思い出して貰お
うと、行きつ戻りつする太郎冠者の苦心・・呑んべぇ
のひとりとして共感多し。

後半は、使いの途中で眠り込んでしまった太郎冠者
を、主人が懲らしめる・・こっそりと鬼の面をかぶ
せるのだ。

自分が鬼になってしまったと思い込み、驚き慌てる
太郎冠者。

最後、いっそ死んでしまおうと泉に飛び込もうとす
ると、その勢いで面が外れ・・・
「鬼の面が泉に落ちている」ではなく「鬼の抜殻が・・」
という発想が面白い・・鬼は実在しているのだ。

プログラムに「主人が毎回使いの前に酒を飲ませる
のは、相手が同性の恋人なので恥ずかしいから」と
いう主旨の説明があったが・・へぇー、知らなかった。

狂言「花盗人」。下屋敷の桜が見事に咲いたからと、
客を連れた主人が訪れると、なんと、桜の枝が折ら
れている。

きっとまた来る・・とみんなで待ち構えていると、
そこに現れたのはひとりの出家。

前日、折り取った枝を気に入りの稚児にやったとこ
ろ、今度はもっと大枝を!とねだられてしまい、ま
たまた来てしまったのだ・・

え、これもまた同性の恋人!?・・今回はそういう
テーマなのか?

捕らえられ桜の木の根元に縛られた出家(三位)は、
あれこれと古歌を引いて、花盗人の言訳をする。

それがなかなか面白いと、主人や客たちは喜んで、
ついには共に酒盛りに・・

「花盗人に罪はない」・・なーんて鷹揚に構えてい
ると、最後に一発、強烈なパンチを喰らいます。

狂言らしい皮肉さ。
そう、何を盗もうと、盗人は盗人。悪い事は悪いと
きちんとしなくちゃね。
posted by JTm at 09:02| 狂言 | 更新情報をチェックする