2019年07月08日

2019.7.7 大蔵流五家狂言会@国立能楽堂

2019.7.7 第五回 大蔵流五家狂言会

演目
狂言「業平餅」
  在原業平=善竹大二郎、従侍=大藏教義、
  稚児=大藏ゆき、白丁=茂山千之丞、大藏基誠、
  白丁・傘持=善竹隆平、茶屋=茂山逸平、
  茶屋の娘=善竹忠亮、  後見=善竹隆司
  囃子方 笛=杉 信太朗、小鼓=田邊恭資、大鼓=亀井広忠
狂言「止動方角(しどうほうがく)」
  主人=善竹富太郎、太郎冠者=茂山千五郎、
  伯父=山本則孝、馬=茂山 茂、 後見=島田洋海
  (休  憩)
狂言「唐相撲」
  帝王=大藏彌太郎、日本人=山本泰太郎、
  通辞=茂山忠三郎、
  唐子=大藏章照、大藏康誠、大藏ゆき、大藏さき、茂山良倫、
  唐人=茂山千五郎、山本則孝、善竹隆司、茂山宗彦、茂山 茂、
    善竹隆平、大藏基誠、茂山逸平、善竹富太郎、善竹忠亮、
    大藏教義、善竹大二郎、茂山千之丞、山本凛太郎、
    石倉昭二、上田圭輔、江口史明、小川一幸、小梶直人、
    片桐伸直、川野誠一、肥沼潤一、鈴木 実、髙木謙成、
    寺本雅一、冨田昌美、中村隆志、野島伸仁、肘岡拓朗、
    宮田蒼一、宮本 昇、吉田信海
  囃子方 笛=杉 信太朗、小鼓=田邊恭資、
      大鼓=亀井広忠、太鼓=大川典良
  後見=山口耕道、島田洋海、井口直也、山本善之

東京と関西で交互に開催のこの会、今回は第五回記念?
に、大曲「唐相撲」・・国立能楽堂、満席です。

「業平餅」。玉津島に向かう在原業平の一行が、途中の
茶屋で休憩・・ところが、代金が払えない。代わりに歌
を詠もうと言う業平に、茶屋の亭主はプンプン。

しかし、代わりに「うちの娘を京都に連れて行って行儀
作法を仕込んでください」という話になり、業平はよう
やく餅にありつく・・食べっぷり、お見事!

もとより色好みの業平は、これ幸いという気だったのだ
けれど・・さて、この娘は?

他の白丁(召使い)がさっさと引っ込んだあとも、橋掛
で居眠りをしていた傘持が、最後に大活躍の逆転も愉快。

「止動方角」。人使いの荒い主人の命で、伯父のもとに
沢山の借り物に行った太郎冠者。上手く借りられて喜ん
で帰るが、主人は「帰りが遅い!」と。

この馬には、ちょっと癖があって、後方で咳をすると暴
れる・・伯父からそれを聞いていた太郎冠者は、一矢報
いようと・・・

横暴でわがままな主人だが、馬から落ちて呆然とする姿
は、ちょっと可愛らしい。そんなに悪い人でもないのか
も・・と、太郎冠者も思っているみたい。

ここまでの二曲、セクハラとパワハラが主題・・でした。

「唐相撲」。全部で40人近い(囃子方を入れればそれ以
上)人が、舞台から橋掛にかけて勢揃い・・そして、日
本人と通辞役のふたり以外は、なにやら怪しげな言葉を
話すという・・タモリさんを思い出す。

多くの出演者を必要とするので、上演機会はあまり多く
ない。10年ほど前に、国立能楽堂の記念公演で見たくら
いだろうか。その時は、今回の通辞役、茂山忠三郎師の
お父上、先代忠三郎師が帝王役だった。

唐の皇帝に仕えていた日本人相撲取りが、故郷忘じ難く
帰国を願い出る。すると皇帝は、名残にもう一度相撲を
見せて欲しいと言い、帝室の使用人たちを次々に召し出
して・・・

この相撲の取り組みがすごい。そしてめちゃくちゃ楽し
い・・見ている方ばかりじゃなく、演ってる皆さんも大
いに楽しそう・・

だけど、一夜明けたらあざだらけ、なんてことになって
いませんように。

狂言師さんたちの身体能力の高さに、大いに感動。
posted by JTm at 11:27| 狂言 | 更新情報をチェックする