2019年07月17日

2019.7.16 映画「新聞記者」@角川シネマ有楽町

2019.7.16 映画「新聞記者」

監督  藤井直人
原案  望月衣塑子
脚本  詩森ろば・高石明彦・藤井直人
出演  シム・ウンギョン、松坂桃李、本田翼、田中哲司 外

現政権に、真っ向から挑んだと評判の映画・・これは
選挙に行く前に、ぜひ見なければと思った。

誤報報道がもとで自殺した父を持つ女性記者吉岡は、
首相が強く後押しする大学院大学が建設されるとの情
報を得、詳細を調査することに。

一方、外務省から内閣情報調査室に出向中の杉原は、
外務省時代の上司の自殺にショックを受ける・・その
死の真相を探る杉原は、上司がこの大学の一件に関係
していることに気づき・・・

現政権と企業との癒着、大学に名を借りて実は生物化
学兵器の開発につながる機関を創設しようとする動き、
さらに、その政権に反対する者たちを、嘘の情報操作
で圧迫し、果ては自殺に追い込む・・なりふり構わぬ
「正義」。

あまりにも、あまりにも重い内容で、見ていて息苦し
くなり、正直、途中で見るのをやめようと思った。

しかし、ここでやめたら負け!という気持ちもあり、
頑張って最後まで見続けた。

最後、映画は結論を出さない。

結末は、見る者の心の内にある。

「さあ、あなたはどうしますか?」・・その問いかけ
ですべては終わる。

長期安定政権こそが国を守る道という主張がある・・
そのためには、嘘も欺瞞も、でっち上げも、何でも許
される、と。

本当にそうだろうか?
その嘘や欺瞞やでっち上げで守られるのは、「国」な
のだろうか?

国全体を犠牲にして、一部の誰かを守っているのでは
ないのか?

よしんば、それによって守られるのが国であったとし
ても、そんな汚い手段でなければ、守ることが出来な
い「国」に、本当に守る価値はあるのだろうか?

その問いは、あまりに重い。だが・・答はもう決まっ
ている・・そうではないか?

映画の中のひとつひとつの事象が、現実の出来事に、
ピタッとあてはまることもあって、映画化そして公開
には、様々な困難があったと聞く。

政権トップのスキャンダルを追った記者たちの物語と
して、われわれ世代が一番に思い出すのは、アメリカ
大統領ニクソン氏を辞任に追い込んだ、ワシントンポ
スト紙の取材だ。

「大統領の陰謀」として、映画化され、世界的に大ヒッ
トした。

もっとも、この映画は、ニクソン辞任後の制作・公開
だから、最初から「正義」の立場で受け入れられたの
だった。

「新聞記者」は、あくまでフィクションでありながら、
現在の実際の政権に、真っ向からもの申す映画である。

その意味で、「大統領の陰謀」より一段上の映画であ
ると、わたしは思う。

日本の女優陣がしり込みするなかで、敢然と主役に挑
んだシム・ウンギョン氏・・韓国の女優さんで、TV
ドラマでも活躍しているとのことだが、寡聞にして知
らなかった。

吉岡記者は、取り立てて美人というわけでもなく、ファッ
ションもどちらかと言えば野暮ったい。決して華やか
なエリートではない。ツィッターで自分への反響をい
ちいちチェックするなど、人間的な面も垣間見せる。

しかし、真相の追求への意欲は本当にすごい。常にまっ
すぐな視線には、強い意志の力を感じさせる・・

この役を演じることを渋った日本の女優さんが、いっ
たい誰なのか、わたしは知らないが、惜しいことをし
たものである。

杉原役の松坂桃李氏、朝ドラ「梅ちゃん先生」以来、
ちょっととぼけたところのある甘い二枚目という印象
が強かったが、この杉原役で新たな役柄をつかんだよ
うに思う。

上司の重圧や脅しに耐えながら、生まれたばかりの娘
に恥じない生き方を選ぼうとする姿は、感動的だった。

そして、その上司・多田を演じる田中哲司氏。TVの
刑事ものドラマでは、正義感の強い真面目な刑事役で
お馴染みだった。今回の役もまた、「正義」を貫こう
としてはいる。

しかし、その「正義」は、果たして本当の「正義」な
のか・・・すべてを計算しつくして、冷酷な判断を下
し、手段を選ばず目的を果たす姿に、背筋が寒くなっ
た。名演技である。
posted by JTm at 14:10| 映画 | 更新情報をチェックする

2019.7.15 歌舞伎鑑賞教室@国立大劇場

2019.7.15 第96回 歌舞伎鑑賞教室

演目
解説 歌舞伎のみかた
    解説=坂東新悟、中村玉太郎
    <実演>梅王丸=坂東彌紋、松王丸=坂東やゑ六、
    仕丁=中村蝶八郎、坂東八重之、市川瀧翔、尾上貴緑
    浄瑠璃=竹本蔵太夫、三味線=鶴澤寿治郎
    ほかに、鳴物、ツケ担当のみなさん
  (休  憩)
歌舞伎「菅原伝授手習鑑-車引-」一幕
  (竹田出雲・三好松洛・並木千柳=作) 
  吉田社頭車引の場
   <配役>松王丸=尾上松緑、梅王丸=坂東亀蔵、
       桜丸=坂東新悟、杉王丸=尾上左近、
       藤原時平=中村松江   外
   浄瑠璃=竹本蔵太夫、三味線=鶴澤寿治郎
  (休  憩)
舞踊劇「棒しばり」長唄囃子連中
    (岡村柿紅=作)
   <配役>太郎冠者=坂東亀蔵、次郎冠者=尾上松緑、
       曽根松兵衛(主人)=中村松江
   唄=芳村伊四太郎  外
   三味線=柏 要二郎  外
   笛=望月太喜三久、
   小鼓=望月太喜十朗、望月太左次郎、望月太佐久
   大鼓=望月太左一郎、太鼓=望月太左成
   後見=尾上扇緑、尾上松太郎  外
アフタートーク
   坂東新悟、坂東亀蔵、尾上松緑、中村松江

毎年、夏の2か月、国立劇場で行われる歌舞伎鑑賞教室、
以前は確か、「高校生のための」という冠詞がついてい
たのではなかったか。

高校生が減ったのか、見に来る学校が減ったのか、最近
は、社会人や親子のための公演日も設け、対象を広げて
いるようだ。

この日は特に、「~のため」をうたってはいない公演日
だったけれど、祝日なので学生団体はなく、元・生徒の
観客ばかり。公演中に2回あるアフタートークの日にぶ
つかったのは、ほんの偶然。

冒頭の解説は、ここのところすっかり定着の?新悟さん
に、若い玉太郎さんも参加。見に来る高校生と近い年齢
の役者さんを、どんどん起用しようということか。

そして、このあと上演する演目の中から、実演を交えて
解説するというパターンもすっかり定着したようだ。

  2019071514440001.jpg

最初のころの鑑賞教室は、毎度毎度、同じようなことを
同じように解説し、最後に「国立の誇る舞台機構」をフ
ルで動かして見せるというワンパターン。

まあ、生徒さんの方は毎年変わるのだから、それでも良
かったのだろうが、高校生のためという冠を外した以上、
「毎回見に来る」人がいることも想定しなくてはね。

ただ、あの舞台機構を動かすのはもう一度見てみたい気
もするな・・今は多分、より大規模な機構を持つ劇場も
あるのだろうけれど。

「車引」。菅原伝授という長い物語の一場面だが、揃い
の衣装や派手な隈取で、いかにも「ザ・歌舞伎」という
ところだから、見ごたえはあるし、物語の流れが分から
なくても楽しめる・・だから選んだのだろうが。

個人的には、落語「七段目」で、店番をしていた芝居好
きの若旦那が、芝居仲間の引く俥の前に飛び出して、
「車、やらーぬ!!」と、見得をする場面を思い出し、
つい、クスクス笑いたくなってしまうので・・ちょっと
困る場面でもある。

「棒しばり」。狂言の棒しばりを元に、大正時代に歌舞
伎舞踊として脚色したという。初演は、六世尾上菊五郎、
七世坂東三津五郎という、当時、踊りの名手として知ら
れたふたりで、この名手たちの手を縛り、不自由な姿で
踊らせるところが、見せ場だったそうだ。

狂言ではよく見る演目なので、つい、違いが気になるの
だが、一番驚いたのは、主人の大名に名前がついていた
ことだった。狂言では名無しさんです。

そして、最後、酔っぱらった次郎冠者は、こともあろう
に主人を棒で打ったりする・・狂言では、ただ「許させ
られい・・」と、逃げて行くだけなのに。

大正5年といえば、今からもう100年も前のことなんだ
が、中世に成立した狂言に比べると、もう、段違いに近
代的!・・という印象だった。

アフタートークは、棒しばり出演のお三人はそのままの
衣装で、休憩していた?新悟さんは、普通のお着物で。

 2019071517000000.jpg

松緑さんが中心となって、公演裏話や楽屋でのエピソー
ドなどを交えて。途中、押隈プレゼントクイズがあった
り、写真撮影もOKだったり・・・ホント、国立も様変
わりしたなぁ!

なんて感心してしまうわたしは、もはや、「古いファン」
ということなんでしょうねぇ・・・はぁ(溜息)

 2019071517240000.jpg 松緑さんの押隈欲しかった・・・
posted by JTm at 11:31| 芝居 | 更新情報をチェックする