2019年08月19日

2019.8.18 東次郎家伝十二番@横浜能楽堂

2019.8.18 東次郎家伝十二番 第五回

演目
狂言「朝比奈」
  シテ(朝比奈)=山本則秀、
  アド(閻魔王)=山本凛太郎、後見=山本泰太郎
  囃子方 笛=一噌隆之、小鼓=住駒允彦、
      大鼓=亀井洋佑、太鼓=梶谷英樹
  地謡=山本則孝、山本則俊、山本則重
  (休  憩)
狂言「布施無経(ふせないきょう)」
  シテ(住持)=山本東次郎、
  アド(檀家)=山本則俊、後見=山本則孝

「朝比奈」。仏教信仰が盛んになって、人々がみな極楽
に行ってしまう・・地獄は閑古鳥。仕方なく閻魔大王自
ら、六道の辻で、亡者を“勧誘”・・・

落語「お血脈」みたいな話の発端。ところがたまたま出
会った亡者は、なんと無双の豪傑・朝比奈三郎で・・。

閻魔王のリクエスト?に応えて、北条氏との戦いの様子
を仕方話で語るのは、修羅能のパロディだろうか。閻魔
大王も形無しの豪勇無双ぶりを発揮。

閻魔王役の凛太郎さんはまだ20代の若さ・・それゆえか、
朝比奈役・則秀さん、遠慮なく引きずり回していた?

「布施無経」。お馴染みの茂山千五郎家では、漢文式に
「無布施経」と書くが、山本家ではこう書くらしい。

毎月、お経をあげに行く檀家で、いつものお布施を忘れ
ている・・・さて、どうしよう・・と悩む住持。

いろいろ考えては何度も小戻りし、それとなく「ふせ、
ふせ」と、聞かせてはみるのだが・・・。

最後、お檀家がようやく気付いてくれたところで、住持
が実はお布施欲しさで何度も出たり入ったりしていたこ
ともバレてしまう。

ここで、お檀家が、明らかに住持に対して軽蔑を見せた
のが、ちょっと意外だった。

茂山家の演出とは違う・・と感じたからだ。茂山家では、
お檀家は「しょうがないねぇ」と笑って済ます感じだっ
たかと。

武家式楽の伝統を強く受け継ぐ山本家と、お豆腐狂言の
茂山家、同じ大蔵流でも違いは大きい。
posted by JTm at 08:26| 狂言 | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

2019.8.17 納涼茂山狂言祭2019東京公演@国立能楽堂

2019.8.17 納涼茂山狂言祭2019東京公演 第一部・第二部

第一部演目
お話(解説)      茂山千三郎
狂言「蚊相撲」
    大名=茂山千之丞、太郎冠者=茂山千五郎、
    蚊の精=茂山あきら、  後見=井口竜也
狂言「呂蓮(ろれん)」
    出家=茂山宗彦、男=茂山七五三、
    女房=茂山 茂、    後見=丸石やすし
  (休  憩)
狂言「釣針」
    太郎冠者=茂山逸平、主=千三郎、妻=鈴木 実、
    端女=茂、増田浩紀、井口、千之丞、千五郎、後見=丸石
附祝言「猿唄」     丸石やすし

「蚊相撲」。蚊の精が人間に化けて、相撲を取りながら
思いっきり血を吸おうと・・こんな設定、いったい誰が
思いつくのか。

蚊の顔なんて知らないけれど、あの面を見ていると、だ
んだん、これぞ蚊!って思えてくる不思議。

「呂蓮」。旅の出家が、宿の主人に頼まれて、彼を出家
させる。ところが女房が怒り出し・・

「女房も賛成している」とのことだったのに、いざ、女
房が怒り出すと、主人は責任逃れ。旅の出家には、理不
尽な迷惑。

「釣針」。信心の甲斐あって、欲しいものがなんでも釣
れる釣針を手にした男。まずは連れ添う女房を・・そし
てこれに仕える端女を。

橋掛や切戸口から、被衣をかぶって次々に登場する端女
たち・・ずらっと並んだ乙の面が、とっても可愛らしい。

この演目、最初に釣られる“お妻さま”を、子方が演じる
ことか多いように思うが、今回は大人が・・そのせいか、
最後まで被衣を取らなかった。顔、見たかったなー。

第二部演目
お話(解説)      茂山逸平
狂言「神鳴(かみなり)」
    神鳴=茂山千三郎、医者=茂山千之丞、
    地謡=茂山あきら、逸平、増田浩紀、井口竜也
    後見=鈴木 実
狂言「察化(さっか)」
    太郎冠者=茂山 茂、主=丸石やすし
    察化=茂山宗彦、    後見=増田浩紀
  (休  憩)
新作狂言「ふろしき」(帆足正規=作、二世千之丞=演出)
    若い男=茂山千五郎、女=逸平、亭主=あきら、
    近所の男=茂山七五三、 後見=井口、鈴木
  
「神鳴」。空を暴れまわるカミナリが、雲の隙間から転
落。腰を打って動けずにいると、旅の医師が・・。

この医師、腕が悪くて都で商売できず、東へ都落ちの途
中だというが、意外にもカミナリの脈の取り方まで知っ
ているし、鍼でたちどころに治してしまうし・・
実は名医。わたしも世話になりたいくらい。

・・いや、あんなデッカイ鍼はごめんだな、やっぱり。

「察化」。都で名うての“すっぱ”を、こともあろうに主
人の伯父だと思って連れてきてしまう太郎冠者。伯父の
方が甥よりもずっと年若いってなに!?・・と、これが
まずは笑いどころだったり。

後半は、勘違いの太郎冠者の独壇場で、引き回されるすっ
ぱには大迷惑。すっぱ役の宗彦さん、第一部に続いて、
理不尽な災難の役。

「ふろしき」。落語の「風呂敷」を脚色した新作。
・・と言っても、書かれたのは昭和の時代のようだが。

落語の「風呂敷」と違うのは、ことを解決した兄貴分が、
これもまた女房に言い寄るってところ。この女房、そう
とうしたたかな女のようで。

あきら師のぐだぐだの酔いっぷり、その後ろでセリフな
しで見せる千五郎師の戸惑いぶり、そして、なにより、
七五三師が最後に見せるニヤケっぷりが、いずれもお見
事で、楽しいハーモニーを繰り広げた。

毎年、楽しみにしている納涼狂言だが、来年は東京五輪
と日程が被り、混乱が予想されるので、東京公演は無し
だって!・・残念無念。改めて五輪反対!って叫びたい。
posted by JTm at 09:05| 狂言 | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

2019.8.6 柳家小満ん「雪月花 十」@国立演芸場

2019.8.6 葉月の独り看板 柳家小満ん「雪月花 十・最終回」

演目
三遊亭歌つを      新聞記事
柳家小満ん       花見心中
  〃         大仏餅
  (仲 入 り)
柳家小満ん       名月若松城
     (三味線:恩田えり、鳴物:柳家寿伴)

雪月花にちなむ三席を演じる小満ん師匠の会も、いよ
いよ今回が最後。10回のうち、わたしが参加出来たの
は、たぶん6回。

歌つを「新聞記事」。歌奴門下。たぶんお初です。
軽みのある話しぶりは、この噺にはよく合っている。
・・んー・・師匠にはあまり似てないねぇ。

小満ん「花見心中」。初めて聞く噺。調べてみたが、
小満ん師匠以外には、演じる人はないようで。

食い詰めた男が桜の木の上に隠れていると、その下で
心中の相談。振り上げた刀に驚いて、男は木から落下、
心中者の方も驚いて逃げてしまう・・

これがきっかけとなって、双方丸く、上手く収まって
しまう・・という、ちょっとご都合主義?

これが「花」だけど、別に季節は花の時季というわけ
ではなかったような。

続いて「雪」は、「大仏餅」。これもあまり聞く機会
のない噺だが、それでも今までに、さん喬、正雀、馬
石の各師匠で聞いている。

降りしきる雪の中で、けがをした乞食を助けたら、こ
れがかつての知人・・家に上げて、ご馳走して・・
という展開は、今まで聞いたのと同じだったが、最後、
オチが違っていた。

ずっと、前半の展開に比べて、オチがあまりにも馬鹿
馬鹿しいと思っていたので、これは嬉しい改変だった。

仲入り後は、いよいよ大ラスの「月」。
「名月若松城」。2014年に一度、目白の赤鳥庵の会で
聞いている。

その時に調べたところによると、講釈ネタだそうで。
蒲生氏郷と、剛直な家臣との交情を描く物語。

聞いていて、正直、お殿様の身勝手さに呆れちゃった。
あとからは反省したみたいだったけれど。
自分の命を助けた男を、なぜもっと尊重しないのか。

にもかかわらず、主人をたて続けた家臣の方を、より
称えるべきだな・・・。
posted by JTm at 09:55| 落語 | 更新情報をチェックする