2019年08月06日

2019.8.5 権太楼ざんまい@日本橋劇場

2019.8.5 権太楼ざんまい

演目
柳亭市坊      子ほめ
柳家さん光     家見舞
柳家権太楼     居残り佐平次
  (仲 入 り)
柳家権太楼     心眼
       (三味線:金山はる)

市坊「子ほめ」。きっちり楷書体の前座噺。ブレの
なさが魅力。いかにも市馬師門下。
開演前の、ソフトな影アナも結構でした。

さん光「家見舞」。さん光さんのこの噺はお初かも。
個人的には面白かったし、ずいぶんと上手くなった
なとも思ったのだが、あとから師匠は、「江戸っ子
がひとりも出てこない家見舞・・」と。キビシイ。

権太楼「居残り佐平次」。2013年以来、久々。
その割に聞きなれた噺という印象なのは、音源で何
度も聞いているからだろうか。

居残って、若い衆が「お勘定を・・」と言い出すた
びに、あれこれ言って煙に巻く、ここがまさに絶品。

ところで、噺の中に出てくるうなぎの「荒井屋」は、
北品川に実在した店。江戸時代から続く老舗だった
が、2002年に閉店したと聞く。

今どうなってる?と調べたら、銅板葺きの看板建築
の外観を活かして、内部を改装、イタリアンの居酒
屋になっているそうだ。その名も「居残り連」。

権太楼「心眼」。2016年に何度か続けて聞いたが、
それ以来。

自分がずっと親代わりに?育てた実の弟に、嫌みを
言われて悔しく思ったのに、立場が変われば自分も
また、あんなに尽くしてくれる女房を疎んじる・・

自分が憎んだ弟と同じ、汚い気持ちが自分の中にも
あると気づいてしまった梅喜・・・最後、おたけの
手を、宝物のように握りしめる姿がなんとも感動的
だった。

次回「権太楼ざんまい」は、10月31日・・それは
いいけれど、木戸銭が3500円⇒3800円に。
うーん、世知辛い世の中じゃのう。
posted by JTm at 09:47| 落語 | 更新情報をチェックする