2019年12月23日

2019.12.22 横浜能楽堂普及公演

2019.12.22 横浜能楽堂普及公演
      眠くならずに楽しめる能の名曲

演目
解説「本当は怖い羽衣」   
                    中村雅之(横浜能楽堂芸術監督)
狂言「業平餅」(和泉流)
 シテ(在原業平)=井上松次郎
 アド(餅屋)=石田幸雄、
 小アド(布衣)=高野和憲、(稚児)=小林立季、
 (侍)=内藤 連、(随身)=飯田 豪、石田淡朗、
 (沓持)=月崎晴夫、(傘持)=佐藤友彦、
 (餅屋の娘)=中村修一
 後見=佐藤 融、深田博治
  (休  憩)
能「羽衣」(宝生流)
 シテ(天人)=和久荘太郎、
 ワキ(漁夫白龍)=工藤和哉
 ワキツレ(漁夫)=則久英志、野口能弘
 囃子方 笛=松田弘之、小鼓=幸 正昭、
     大鼓=佃 良勝、太鼓=小寺佐七
 後見=宝生和英、髙橋憲正
 地謡=辰巳大二郎、辰巳満次郎、内藤飛能、大坪喜美雄、
    東川尚史、武田孝史、澤田宏司、髙橋 亘

能の公演を、国立能楽堂以外で見ることはあまりない。
・・というのは、国立は主催公演だと、字幕があるの
です・・もう、それだけが頼り。

それが、「眠くならずに・・」という惹句に惹かれて
つい、横浜遠征ということに。一応、ざっと予習はし
て行ったんですけれどね・・。

案の定、字幕は無し、詞章のプリントもなし。あー、
謡本、持ってくればよかったと思っても、あとの祭り。

となれば、最初の解説が唯一の頼り。
講師の中村氏には、『眠くならない能の名曲60選』と
いう著作があるそうな。

今回上演の狂言と能は、いずれも“デフォルメ”の曲だ
そう・・「業平餅」は実在の人物・在原業平の、「羽
衣」は各地に伝わる羽衣伝説のデフォルメ。

デフォルメというのは、もともと「変形」とか「誇張」
の意味・・つまり、パロディみたいなものか。

そして、いわゆる羽衣伝説の多くは、天人に衣を返さ
ず、“拉致”して妻や養女にしてしまう形が多く、本当
はとても怖い話である、と。

しかし、能の「羽衣」は、漁師はすぐに衣を返し、天
人はこれに感謝して舞を舞うというストーリーなのだ
そうだ。

ユーモアを交えた分かりやすい解説・・感謝。

「業平餅」。大蔵流では何度か見たが、和泉流ではお
初。業平のお供の数が、少し違うようだ。

あと、「餅」そのものが出てこない。大蔵流では綿か
何かで作った餅が、三宝に載せられていたが、こちら
は、“あるつもり”での演技。

そして、大蔵流にはあった囃子は、こちらは無しだ。

それでも、旅の途中で茶屋に入って餅を所望するが、
お金がなくて・・という展開は同じ。色好みとして有
名な業平が、 「娘を都に・・」と言われて喜び、とん
でもない羽目に陥るという結末も。

なるほど・・デフォルメ、ね。

「羽衣」。浜辺の松に得も言われぬ美しい衣を見つけ
た漁師が、家宝にしようと手に取ると、その衣の持ち
主である天人が現れて、「返してください」。

しばしの交渉の後、天人のあまりの嘆きに同情した漁
師は、天人の舞を見せてくれたら返そうと言う。

でも、その衣がなくては舞えません・・いや、これを
返したら、舞など舞わずに帰ってしまうでしょ?

ここで天人の名セリフ。
「疑いは人間にあり、天に偽りなきものを」

天人には二言はない・・これを聞いた漁師は、疑った
自分を恥じ、衣を返す・・喜んで舞を舞う天人・・

美しい話である。ある意味、あまりにも理想的すぎる
ような。・・けがれなき天上世界を垣間見たような。

やはり、字幕なしでは詞の端々まで聞き取れる・・と
いう訳には行かなかったけれど、詞にとらわれない分、
演者の微妙な動きに目が行って、また別の楽しみ方が
出来たように思う。

解説の先生のご著書を読んで、「眠くならない」演目
を選び、恐れずに国立以外の公演にも行ってみようか
・・・と、思いつつ、雨の中を帰路につく。
posted by JTm at 17:07| | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

2019.12.21 雲助浅草ボロ市&師走四景@浅草見番

2019.12.21 年忘れ雲助浅草ボロ市

演目
柳亭市朗      出来心
古今亭志ん吉    厩火事
五街道雲助     姫かたり
古今亭菊志ん    粗忽の釘
  (仲 入 り)
五街道雲助     初霜
      (三味線:太田その)

市朗「出来心」。前半のまぬけ泥部分。以前の硬い
感じが、柔らかく、芸人さんらしくなった。

志ん吉「厩火事」。夫婦喧嘩の原因が、おかずの好
き嫌いというパターン。ただし、それを朝飯にする
というのではないところが、ちょっと変わっている。

雲助「姫かたり」。2014年以来。ご大家のお姫様
に化けた美人局。合間に入る浅草歳の市風景が、ふっ
と目に浮かぶ。

菊志ん「粗忽の釘」。菊志ん師らしいハッチャケた
噺だったが、雲さまLove💛のお客さんには、イマ
イチ受けなかったみたいで・・。

雲助「初霜」。こちらも2014年以来。その時調べ
たところによると、宇野信夫氏が、先代馬生師の
ために書いた噺とのこと。

ふたりの老植木職人をめぐる人情噺で、笑いはほ
とんどなく、なにやら、ラジオドラマを聞いてい
るような・・それをひとりで演じ分けるところは、
落語なんだけれどね。


2019.12.21 師走四景

演目
入船亭扇ぽう    子ほめ
柳家小はぜ     市助酒
八光亭春輔     笠と赤い風車(+踊り「こうもり」)
  (仲 入 り)
古今亭菊志ん    染色(そめいろ)
柳家小満ん     後家安(「鶴殺疾刃庖刀」より)
           (三味線:太田その)

約一時間のインターバルで、そのまま見番に居続け。
お客さん、かなり減ったかな?

扇ぽう「子ほめ」。聞くたびに、扇遊師そっくりだ
なぁと思ってしまう。今回は語尾がはっきりしない
感じがあって、聞き取りにくく、やや残念。

小はぜ「市助酒」。初めて聞く噺。酒好きの番太郎
が、酒を呑んで夜回りをする・・言ってしまえばそ
れだけの噺。

若手でこういう噺に挑もうとする意欲は買うが・・
長いよ・・30分超は。

余談だが、市助というのは、現・市童さんの前座の
ころの名なので、どうもその顔がちらつくなぁ。

春輔「笠と赤い風車」。赤いふうしゃ?・・ムーラ
ンルージュか?と思ったら、かざぐるま、だった。
平岩弓枝氏が、先代正蔵(彦六)師のために書いた
噺だそうだ。

実母を思うあまり、継母(実の叔母でもある)に反
発する息子・・正直、これがよく分からない。生ま
れてすぐ死んだ実母には、可愛がられた思い出もな
にもないのだろうに、可愛がってくれた継母をなぜ
嫌うのか・・。

ふたりの思いがすれ違い、息子は悪い女に騙されて
しまうのだが、命を落としそうになる寸前に、実母
と継母、ふたりの愛情に救われる・・

最後、からからと回り続ける風車は、ついにこの世
ではかみ合わなかった母と息子の思いの象徴か。

しんみりとした会場に陽気さを取り戻す、愉快な踊
りがオマケ。

菊志ん「染色」。遊びが過ぎて勘当された若旦那が
主人公。若旦那、吉原の花魁を身請けして夫婦になっ
たものの、金の切れ目がなんとやらで、女は別の男
と駆け落ち。

実家に帰ることも出来ずに、若旦那は大川に・・・

若旦那の実家が、何の商売をしているのかが語られ
ず、なんか、腑に落ちない思いで聞いていたら、な
んのことはない、これがオチ・・紺屋の倅。

小満ん「後家安」。圓朝作と伝えられるが、実は、
條野採菊という人の作だそうだ。正式題名は、『鶴
殺疾刃庖丁(つるごろしねたばのほうちょう)』。
(「ねたば」は切れなくなった刃のこと)

古今亭志ん生師が、「後家安とその妹」の題で口演、
また、同じ題名で、今年5月、紀伊國屋ホールで演
劇として上演されたそうだ。

大坂河内の殿様、お国入りして住吉大社に詣でる途
中、風に飛ばされて川に落ちた笠を、舟の女が拾う。

この女、藤江に一目惚れしたお殿様は、これを側室
に・・藤江は自分には素行の悪い兄がいるのでと、
“手切れ金”を要求・・したらしいのだが、ここのと
ころで意識が飛んだ・・すいません。

次に気づいたら、この兄、御家人崩れの小笠原安次
郎(つまりこれが後家安)が、江戸の寄宿先の女房
お亀に迫っていた。

とどのつまり、後家安はこのお亀を強姦。最初は後
家安を憎んだお亀だったが、仇を討って欲しい亭主
が、あまりにも弱腰なので、却って後家安に惹かれ
て行く。

この強姦場面が、今回の噺の山場・・実に陰惨。
圓朝ものには、これでもか!という暴力場面が描か
れることが多いけれど、小満ん師匠の淡々とした語
り口が、怖さをより一層際立たせる。

後家安とお亀が、江戸を出奔、妹の藤江が殿様の側
室になっている上方を目指すところで、今回の口演
はおしまい。

うーん、先が気になる・・でも、あまり聞きたくな
いような・・でも知りたい・・難しいねぇ。
posted by JTm at 11:09| 落語 | 更新情報をチェックする

2019.12.20 国立能楽堂定例公演

2019.12.20 国立能楽堂定例公演 —演出の様々な形

演目
狂言「鐘の音」(和泉流)
 シテ(太郎冠者)=野村万蔵、アド(主)=野村 萬
  (休  憩)
能「橋弁慶-替装束・扇之型」(金剛流)
 シテ(武蔵坊弁慶)=金剛永謹、トモ(弁慶の従者)=宇高竜成、
 子方(牛若丸)=廣田明幸、アイ(早打)=炭 光太郎
 囃子方 笛=松田弘之、小鼓=観世新九郎、大鼓=川村眞之介
 後見=廣田幸稔、豊嶋幸洋
 地謡=遠藤勝實、今井克紀、見越文夫、種田道一、
    坂本立津朗、今井清隆、元吉正巳、金剛龍謹

先月に続き、「鐘の音」と「橋弁慶」をお流儀を変えて。

「鐘の音」。前回の大蔵流との大きな違いは、ひとり、
登場人物が少ないところ。大蔵流では失敗した太郎冠者
のために、主人にとりなしをしてくれる仲裁人があった
が、こちらは太郎冠者の“自助努力”。

そう言えば、確か「舟渡聟」でも、和泉流の方がひとり
少ない演出だった・・なぜなんでしょ。

そして、太郎冠者が鐘を聞いてまわる鎌倉の寺は、寿福
寺、円覚寺、極楽寺、建長寺。微妙に違うのね・・
でも、最後の建長寺の鐘が一番!なのは同じでした。

「橋弁慶」。前回は特殊演出で、牛若が母に諫められる
場面から始まったが、今回は“通常通り”、弁慶と従者の
やりとりから始まる。

夜中に宿願成就のための参詣をしようとする弁慶を、従
者が止める。

「五条橋に、12、3の少年が出て、人を斬る・・危ない
から行ってはいけません」

しかし、腕自慢の弁慶は、敢えて出かけることに・・

ここで弁慶はいったん引っ込み、その間に早打と呼ばれ
るアイが出て、「弁慶が五条橋の人斬りを退治するぞ」
と報じる。早打というのは、急を知らせる使者だそうだ。

ここで牛若が登場、そして弁慶も再登場。
この時、弁慶が装束を替え、面を付けて出るのが、今回
の特殊演出、「替装束」である。

能では、普通、現実の成人男性の役は面を付けないとの
ことだが、ここでは特別に面を用いる・・弁慶の超人的
な力を示しているのか。

女の衣を引き被っている牛若を見て、弁慶は「自分は出
家だから、女にはかかわるまい」と脇を通り過ぎようと
する・・と、その時、牛若が弁慶のなぎなたの柄を蹴っ
飛ばし・・・

なんか、これ、チンピラ同士の喧嘩の発端みたい。
・・「てめぇ、わざと蹴とばしやがったな!」・・

というわけで、あとはチャンチャンバラバラ。
能は、決して、静かなだけの演劇ではないんですねぇ。

もうひとつの特殊演出、「扇之型」は、このチャンバラ
の最中に、牛若が弁慶に扇を投げつけるというもの。

この扇が、勢い余って舞台の下に落ちた・・あら大変、
もう使わないのかな・・大丈夫かな・・と、ちょっとハ
ラハラしたけれど、どうやら扇の出番はそこだけだった
ようで、無事、終演。
posted by JTm at 10:55| | 更新情報をチェックする