2019年12月18日

2019.12.17 国立劇場十二月歌舞伎公演

2019.12.17 国立劇場十二月歌舞伎公演

演目
「近江源氏先陣館―盛綱陣屋―」(近松半二=作)1幕
  (配役)佐々木盛綱=松本白鸚、母微妙=上村吉弥、
      盛綱妻早瀬=市川高麗蔵、高綱妻篝火=中村魁春、
      和田兵衛=坂東彌十郎、北條時政=坂東楽善、
      高綱倅小四郎=松本幸一郎   外
  (休  憩)
「蝙蝠の安さん」―チャールズ・チャップリン生誕130周年
   チャールズ・チャップリン=原作(映画『街の灯』より)
   木村錦花=脚色    4幕8場
 序 幕   両国大仏興行の場
 二幕目 
  第一場  大川端の場
  第二場  上総屋の奥座敷の場
  第三場  八丁堀の長屋の場
  第四場  奥山の相撲の場
 三幕目   
  第一場  上総屋の奥座敷の場
  第二場  茅場町薬師堂裏の場
 大 詰   浅草奥山の茶店の場
  (配役)蝙蝠の安=松本幸四郎、花売りのお花=坂東新悟、
      上総屋新兵衛=市川猿弥    外

「近江源氏先陣館」。歌舞伎・文楽で「陣屋」と言えば
熊谷か盛綱か・・というところだが、今月は文楽で「熊
谷」を、歌舞伎で「盛綱」を・・という上演。
さて、意識してのことなのかどうか。

敵味方に分かれた、真田信之・信繁(幸村)兄弟をモデ
ルに、時代を鎌倉時代に置き換えて書かれた作。

智将佐々木高綱を、兄盛綱とともに召し抱えたいと思う
北條時政は、高綱の息子、小四郎が捕らえられたのを幸
い、高綱を味方に引き入れようと考える。

しかし、忠義の士、高綱は、とうにこのことを予想、逆
手にとっての策略を・・・

対する兄、盛綱は、弟に子ゆえの不忠をさせたくないと、
人質の小四郎に、切腹をさせようとするのだが・・。

あー・・これもまた、親のために子どもが犠牲になる話
だったなぁ・・なんか、許しがたいよ。

・・とは思いつつ、小四郎役の松本幸一郎くんのかわい
らしさ、その可愛い孫に切腹をさせようとする、祖母微
妙(ミミョウと読む)の苦衷が、心に迫って、ハンカチを握り
しめる・・・ホント、ここのところ、涙もろくなって・・

「蝙蝠の安さん」。蝙蝠安といえば、「与話情浮名横櫛」
(お富与三郎)に登場する小悪党の名前だけれど、ここ
では、ただお名前拝借だけで、特段の関係はない。

チャップリンの映画『街の灯』が原作、というのも驚き
だが、実は映画が日本で公開される3年も前に、映画の
脚本を基に歌舞伎で上演されていた・・というのは、もっ
と驚く。

脚色の木村錦花という方、どこかで聞いた名と思ったが、
先月歌舞伎座で上演の「研辰の討たれ」の作者だった。

物語は『街の灯』と同じで、貧しい盲目の花売り娘と、
もっと貧しい浮浪者同然の男との心の交流。

オープニングの石像開幕を大仏に置き換えたり、掛けボ
クシングを相撲に変えたりと、工夫に富んだ脚色。
チャップリンの帽子そっくりのお釜をかぶって見せたり
するのも面白く、時代も国も違う物語ながら、違和感は
感じない。

自らもチャップリンの大ファンだという幸四郎丈が、あ
のパントマイムの名手の仕草の味わいを、しっかり自分
のものにしていたことに大いに感心した。

そして、「盛綱陣屋」では戦いの様子を知らせる注進役
をコミカルに演じた猿弥丈が、人は好いが酒癖の悪い大
金持ちの上総屋を、これまた愉快に演じた。

近頃、アニメを原作にした新作歌舞伎が大流行だが、個
人的にはあまり関心が持てずにいる。
でも、こうした風潮は、決して今に始まったことではな
くて、昭和の初めにすでにこんな例があったんだ・・と、
目からウロコの落ちた思いではある。面白かった。
posted by JTm at 16:11| 芝居 | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

2019.12.15 すみだ地域学@すみだ生涯学習センター

2019.12.15 すみだ地域学:もっと知ろう地域の歴史・文化

内容
第一部 講座「落語は向島生まれ!?」
     講師:瀧口雅仁(恵泉女子大学講師)
  (休  憩)
第二部 落語「文七元結」 柳家燕弥
    対談  瀧口&燕弥

区の生涯学習センター主催というので、てっきり
タダかと思ったら・・有料でした。しかも、区外
住民は区民の100円増し・・世知辛い時代だねぇ。

もっとも、内容的には十分、受講料に見合うもの
だった・・というより、燕弥師の落語だけで、す
でにお釣りが来ました・・ということは強調して
おきます。

前半の講座は、落語の歴史・・安楽庵策伝、鹿野
武左衛門、烏亭焉馬、三遊亭圓朝、さらに古今亭
志ん生(五代目)まで。

歴史の流れを追いつつ、個々の演者と墨田とのか
かわりを中心に。個人的には、ちょっと墨田を強
調しすぎじゃない?と思わないでもなかったが、
ま、会の趣旨から言って、仕方ないですね。

後半は、燕弥師。墨田と関連のある噺を・・とい
うことで「文七元結」。

これが、実に良かった。
登場人物ひとりひとりが、丁寧に描かれ、噺の中
から飛び出して、自由に動き回っているような印
象・・聞く方が、やや体調不良で、微熱があった
こともあるのかもしれないけれど。

ともかく、最初から最後までハンカチを握りしめ
て聞きました・・。熱があると涙もろくなる?

ところで、墨田に縁のある噺って、「文七」以外
になにかないのかなぁ・・・   
posted by JTm at 09:49| 落語 | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

2019.12.14 東次郎家伝十二番@横浜能楽堂

2019.12.14 東次郎家伝十二番 第九回

演目
狂言「木六駄」
 シテ(太郎冠者)=山本凛太郎、
 アド(主)=山本則秀、アド(茶屋)=山本泰太郎、
 アド(伯父)=山本則俊    後見=山本則重
  (休  憩)
狂言「米市(よねいち)」
 シテ(米市)=山本東次郎、
 アド(有徳人)=山本則孝、
 立衆(通行人)=山本則重、山本凛太郎、
       山本修三郎、寺本雅一、山本則秀
 後見=若松 隆

「木六駄」。山本家の木六駄は、他の家のそれと大きく
異なり、6頭の牛に家の普請に用いる材木を積んで行く
という設定。それも30本という大量の材木・・牛がつぶ
れちゃうんじゃ?と、心配になる。

そして、太郎冠者が休憩する峠の茶屋で、進物の酒に手
を(口を)つけてしまい、茶屋の亭主ともども大騒ぎ・・
挙句に、この30本もの材木を牛ごと茶屋に進呈して酔っ
ぱらって寝ているところへ、実は最前から茶屋の奥で休
んでいた伯父にみつかる・・。

太郎冠者も太郎冠者だが、茶屋の亭主もまた・・奥に客
がいることをすっかり忘れて、牛たちを引いて帰ってし
まうのだから。

シテの凛太郎さんは1993年生というから、26歳。20代
でこの曲を演じるのは、かなり早いのではないか。心な
しか、緊張が見て取れた。

若い太郎冠者を父の泰太郎師、大叔父の則俊師が、茶屋
と伯父役で盛り立てる。一門の絆を感じた。

「米市」。初めて見る演目。
越すに越されぬのは、大井川ばかりでなく、年の瀬とい
う"大河"もまた、貧しいものには越しがたい・・なんか、
落語の演目のような、年越しのお話だ。

貧しい米市は、毎年暮れになると親切な有徳人(お金持
ち)からいただく米で年を越している。

しかし、この暮れは、どうしてかその贈り物が届かない
・・このままでは年が越せぬと、米市は催促に・・。

催促と言っても、当然のこととして要求出来るものでは
ない・・やんわりと、下手に出て・・ま、おねだりです。

なんとか、俵の半分の半分(つまり四分の一)の米と、
女房のための有徳人の妻の古着をいただいて、背負って
帰ることに。

背負った俵の上から女物の着物を掛けたので、まるで女
性を背負っているような・・・

これに目を付けたのが通行人の若者たち。なんとかこの
女性と盃をかわしたいと、米市に強談判。

米市が「真相」を明かさず、米俵を女性と見せたまま、
この若者たちに挑むのは、いったいなぜ?

人の施しを当てにしないと年越しが出来ない貧しい自分
と、いかにも良い生活をしていそうな若者たちを比べ、
威丈高なもの言いをされたことが悔しかったのだろうか。

一度は若者たちを撃退した米市だが、多勢に無勢、最後
は背負っていたのが米俵とバレて、嘲笑われることに。

それでも米市は、しっかりと俵を抱えて歩き出す。
たとえ施しの米だろうと、これで年が越せる・・という
明るい希望が芽生えているかのようだ。
posted by JTm at 08:28| 狂言 | 更新情報をチェックする